仕事の失敗を隠すとどうなる?ミスが多いのは病気?励ます言葉は?

スポンサーリンク

会社に所属して仕事をしていると、大きな失敗をしてしまうこともあるでしょう。そんな時に、焦って隠そうとする人も多いでしょう。ですが、失敗を隠して、自分で解決させようとすると、さらに悪化することが多いものです。

隠し通せるものではないので、失敗に気づいたら、すぐに隠さず上司に報告するのが一番というのは、常識ですよね?ですが、分かっていてもできない時、もしくは失敗をしてしまって落ち込んでいる時はどうすればいいんでしょう?

仕事で失敗をした!隠したい・・・隠すとどうなる?隠したくなる心理とは?

仕事で失敗をすることは誰にだってあることです。大きなものから小さなものまでさまざまでしょうが、失敗した時にどうするか迷って隠してしまう人は多いんじゃないでしょうか?

自分でうまく隠せると思えば、小さなことであれば隠してしまいがちです。細かい数字が間違っていたり、書類に誤字脱字がある場合など、後から気づくことも多いですね。でも、自分で気づいた時に、すぐに上司や先輩に報告して謝れる人は少ないでしょう。なぜなのでしょうか?

もちろん、失敗を怒られるのが嫌だからというのが、念頭に来るでしょう。ですが、それだけじゃなく、失敗によって自分の評価が下がるのが怖いということもあるでしょう。特に、普段、そつなくこなしている人であれば今まで築き上げた信用がなくなるのが怖くなるものです。上司や同僚だけでなく、客がいる場合は客からの信用も失うことがあるかもしれません。

失敗を隠すという行為は、損をできるだけ回避したいと思う「損失回避バイアス」という心理と、現状を変えたくないという「現状維持バイアス」という心理が働くために、引き起こされるものです。

失敗を隠したことで、後に発覚した際には取引先や部署全体もしくは会社全体を巻き込む大ニュースになってしまうこともあります。会社には必ず、お客がいます。なので、社内だけで済まないことがほとんどです。失敗を隠すと、後に第三者からの指摘で発覚した際に、会社全体がお客からの信用を失う羽目になります

【会社の仕事でミスをした時の対処法】開き直って全力で謝れ!

【会社の仕事でミスをした時の対処法】開き直って全力で謝れ!

仕事で失敗をした場合にすぐ謝ること!失敗時の対処法とは?

仕事で失敗した際には、気づいたらすぐに上司に報告して、指示を仰ぐのが大事です。隠そうとすると、後で大ごとになることもありますし、一つのミスを隠したことで、新たにまた隠ぺいをしなくてはならなくなるかもしれません。負の連鎖に陥ってしまう前に、リカバリーができる早い段階での報告が重要なのです。

失敗は誰にでもあります。なので、報告した際には周りに怒られることもあるでしょうが、それはあくまで失敗に対してであり、あなた自身を否定することではありません

なので、失敗に気づいたら、すぐに上司のデスクに行って、「すみません、○○してしまいました」ときちんと言葉を濁さずに報告しましょう。上司がすぐに驚いて、細かく尋ねてくるでしょう。そうなった時に、きちんと細部までどうなってしまったのか、報告できるように自分の失敗の現状を把握しておきましょう

失敗には焦ってしまいがちですが、冷静に対処することも大切です。仕事は一人でやるものではありません。チーム一丸となっておこなうことなので、チームメイトも現状がどういった状態なのか把握できる環境が大切です。

仕事でやってしまった最大の失敗 元マクドナルド日本一店長

仕事でやってしまった最大の失敗 元マクドナルド日本一店長

仕事のミスが多いのは病気??最近ミスが続いて失敗ばかり・・・

仕事でミスが多いと感じた際に、考えられる病気があります。

注意欠如・多動性障害(ADHD)

ミスはミスでも、同じミスの繰り返しや物忘れが多い締め切りが守れない場合は、大人の発達障害である注意欠如・多動性障害(ADHD)である可能性があります。日本には、300万人いるといわれており、自閉症よりもメジャーな病気と言えます。

大人になってから顕著に目立つ問題が、注意・集中力の障害です。複数の行動に注意を払ったり、注意を持続させたり、注意を切り替えたりすることが苦手であり、集中力も散漫になります。そのため、片付けが苦手、約束が守れない、置忘れが多い、スケジュール管理が苦手、段取りが下手、仕事が遅い、などの傾向がある場合は疑ってよいでしょう。

ADHDは、現在はかなり浸透している病名なので、疑う場合はADHD専門外来などを訪れるとよいでしょう。職場のプレッシャーやストレスで、症状が目立つようになるケースが多く、自覚して来院する人が増えています。

大人の発達障害、「ミスが多い」「もの忘れが多い」人はADHDかも?
「同じミスを繰り返す」「締め切りが守れない」「もの忘れが多い」――。会社で上司に指摘されて悩んでいる人はもしかすると注意欠如・多動性障害(ADHD)が原因かもしれない。大人の発達障害としてASDと並び問題となるADHDについて、昭和大学附属烏山病院でADHD専門外来を担当する岩波明先生に解説してもらった。

うつ病

ADHDだけでなく、うつ病になっている場合も、仕事でのパフォーマンスが落ちて、ケアレスミスが発生しやすくなります。

うつ病の場合は、以前はやる気があったものや関心を抱いていたものに急に興味がなくなった場合は、疑ってもよいでしょう。気分の落ち込みが激しいですが、自分で気づける人は少ないので、周りがおかしいと指摘した場合に、疑うのが良いでしょう。

【漫画】ADHDになるとどんな生活になるのか?【マンガ動画】

【漫画】ADHDになるとどんな生活になるのか?【マンガ動画】

仕事で失敗・ミスをした自分を励ます言葉!

・人間は神ではない。誤りをするところに人間味がある。(山本五十六)

・私は失敗をしない若い人っていうのは、あまり信用しない。何もしてないことを証明するようなものじゃないか。(全日空空輸会長・大橋洋治)

・失敗とは転ぶことではなく、そのまま起き上がらないことなのです。(女優メアリー・ピックフォード)

・わたしは、決して失望などしない。なぜなら、どんな失敗も、新たな一歩となるからだ。(発明家・エジソン)

・苦しい時には、自分よりもっと不幸な男がいたことを考える。(ゴーギャン)

・逆境に勝る教育なし。(イギリスの政治家・小説家ディズレーリ)

・どん底の生活に入っても、自分の目的を持っていれば、必ず立ち上がれるものだ。(伊藤ハム創業者・伊藤伝三)

・苦難は避けられないとあきらめて、なぐさめにこの言葉を唱えましょう。「これもそのうち過ぎゆくさ」(アン・ランダーズ)

仕事で失敗した・・・と落ち込むアナタに効く名言

仕事で失敗した・・・と落ち込むアナタに効く名言

【最後に/まとめ】

1 失敗を隠したくなる心理
2 失敗時の対処法
3 ミスが多いのは病気
4 自分を励ます言葉

日ごろから風通しが良く、支え合って働いているような職場であれば、失敗した際も報告しやすい環境となるでしょう。そういった環境作りは上司の仕事であり、とても大切なことですね。

会社では、チームで仕事をします。一人で仕事をするわけではないので、失敗をしてしまっても、すぐに報告することで、チームでフォローして対処していくものなので、失敗した際は、落ち込んだリ、失敗を隠そうとする前に、冷静に現状を把握して上司に報告し、指示を仰ぐようにしましょう。

コメント