七五三に義両親を呼ばない・呼びたくない!お祝いだけ貰うには?

スポンサーリンク

こどもの成長を祝う七五三、しっかり計画を立てて七五三の日を迎えたいと思うのは親としても当然で、楽しみにしている方も多いですよね。

一方、七五三ともなれば両親や義両親を呼んで盛大に行うものという認識もあり、七五三に義両親を呼びたくない呼ばないでいい方法はないかと考えてしまうこともあります。

とはいえ子どもにとって大切な日であることは変わりなく、おじいちゃんおばあちゃんからのお祝いがない……なんてことにもしたくないという気持ちもあるんですよね。

ここではこのように七五三の日に義両親を呼ばないで済む方法、呼びたくない場合はどうすればよいかということについてまとめています。

呼ばないのにお祝いをもらうのはと思いつつお祝いはやっぱり子どもにとってもらって嬉しいもの、七五三に義両親を呼ぶかどうか、お祝いはどうしようと迷っている方はぜひご確認ください!

【七五三に義両親を呼ばない・呼びたくない!】

「七五三は三世代で行うもの」
「親族が集まるのが当たり前」

このように七五三には両親や義両親を呼ぶのが当然と思っている方も多いですが、実はこの常識、決して日本全国のものではなく、その地域だけや親族の常識である場合も多いです。

日本全国の常識としては特に「三世代で行うもの」という常識や決まりはなく、七五三だからといって絶対に義両親を呼ばなければならないなんてルールはありません

また人間なので付き合いはどうしても好き嫌い・得意苦手が発生してしまうもの、義両親がどうしても苦手で呼びたくない、呼ばないでいたいという考え方も仕方がないんです。

とはいえ何故常識になっているかという部分にも繋がりますが、義両親を呼ぶ場合のメリットも多くあるので、メリット・デメリットについても把握しておきましょう。

◎メリット
盛大に子どもをお祝いできる
両親・義両親の交流の場になる
お祝いを貰える
◎デメリット
日程調整が大変
両親・義両親と不仲な場合は辛い
お祝いが貰えない可能性も
お礼の手間がかかる

大まかなメリット・デメリットとしてはこのようなものがあり、特に義両親……姑さんとどうも仲良くなれない、口出しされるのが嫌などで「義両親は呼びたくない」というパターンが多いです。

呼ぶと七五三の場所から当日のスケジュールまで管理される、自分の子どもの七五三なのに自分達の意思がおざなりにされるなどだと、確かに呼びたくなくなりますよね。

また両親と義両親があまり仲良くない、どうも空気が悪いという場合、どちらも呼んでしまうとせっかくのお祝いの場がぎこちない雰囲気で終わってしまう危険もあります。

こうなるといっそ呼ばないほうが子どもにとっても自分達にとっても楽しい七五三になるのは目に見えているので、呼びたくない理由は様々なものの、呼びたくない心理は仕方がないんです。

【七五三に義両親を呼ばない・呼びたくないことを夫へどう伝える?】

七五三に義両親を呼ばない・呼びたくないと思ってはいても、もちろんそのためには相手に伝えること、事前に夫と相談することも大切です。

最優先として夫と七五三について相談する必要があり、日頃から話し合っていて義両親が苦手なことも夫が知っている場合はともかく、そうでない場合はここでトラブルになることもありえます

「自分の親を呼ばないなんてありえない」など夫が反対することももちろんあるので、その場合は先程のデメリットを振り返り、呼ばないほうが良いことをしっかり伝えていくしかありません。

また重要なこととしてこれだけは避けたほうが良いですが、「義両親は呼ばないけれど自分の両親は呼びたい」というのは不可能です。

これはどうやっても角が立つ、あとで知られた場合確実に不愉快だと思われる行動なので、夫に相談する際も「どちらも呼ばない」という方向で話を進めましょう。

「黙っていたら分からない」なんて考えていると子どもの口からバレてしまうことも多く、片方の親だけを呼んで七五三をすることだけは絶対に避けておいたほうが良いです。

「そもそもどうやって話を切り出せば良いか分からない」という方もいらっしゃるかもしれませんが、こればかりはしっかり伝えていかないと夫と相談をすることも出来ません。

もうすぐ七五三だけど、どちらの親も呼ばずに七五三をしたい」と明確に相談の目的を告げたほうが夫にとっても内容が分かりやすく、きちんと相談していけるのでおすすめですよ。

【義両親を呼ばない場合、どのように連絡をする?】

夫と相談した結果義両親を七五三に呼ばないことにしたとしても、年齢として必ず理解される行事なので何も言わずに七五三を終わらせてしまってはいけません。

「七五三は呼ばない」というのはどうしても言い出しにくくできれば夫から伝えて貰えれば一番で、お互いスケジュールの調整がしやすいよう、予定が決まり次第出来るだけ早めに伝えましょう

連絡方法は電話で問題ありませんが、しょっちゅう顔を合わせる、家が近いなどの場合は直接出向いて伝えると「申し訳ない」という気持ちも伝わりやすくなります。

義両親にどのように切り出すかについてはお互いの話しやすさなどでも変わると思いますが、難しい場合は以下の例文を参考にしてみましょう。

◎例

「娘の七五三ですが、夫(私)の仕事のスケジュールがなかなか決まらず突然行くことになるかもしれないので、都合のつく日に自分達だけで済ませようと思います。」

もちろん「義両親が嫌いだから呼びません」など言ってはただ喧嘩腰になっているだけなので、スケジュールや仕事など、上手に言い訳を取り入れて断っていきましょう

確実に義両親が来れない日が分かっている場合はその日しか神社の予約が取れなかったなど言ってしまうのも一つの方法ですが、逆に「予定をキャンセルした」と言われる場合もあります。

こうなると義両親は絶対に避けられない、ましてや抜けられないと聞いていたレベルの予定をキャンセルしたとなってしまうので、この方法はあまりおすすめできません。

【七五三に義両親を呼ばないけど、お祝いだけ貰うのは図々しい?】

七五三に呼ばないことも納得してもらったけれど、呼ばないのならお祝いも貰わないほうがいいのかなと考えてしまうかもしれません。

残念ながらさすがに当然のこととして、「七五三は来ないでください、でも娘へのお祝いはください」など言い、お祝いだけを貰うなんて方法は取れません

しかし例えば七五三は家族だけでお祝いすると断ったあとに「気持ちだけでも」とお祝いを頂いた場合それを断る理由はありません

そもそもお祝いをあげるのは義両親にとって孫のためであり、その気持ちを否定することはできないですよね。

もちろんお祝いをもらったらお礼を言う子どもの晴れ姿の写真を写真立てやアルバムなどに入れて義両親へ贈るなど、感謝の気持ちやお礼も伝えていきましょう!

【七五三に義両親を呼ばないけど今後の付き合い方は?】

先程は「お祝いをもらったらお礼に写真を」と言いましたが、たとえお祝いがなくとも今後とも絶対に付き合いが避けられない義両親、今後の付き合いを考えしこりをのこさないようにしましょう。

そのためにはお祝いがなくとも写真を贈り七五三に呼ばなかった、家族だけで済ませてしまったことへのお詫びの一言があると良いですね。

自分は苦手でも子どもにとっては大好きなおじいちゃんおばあちゃん、義両親にとっても同様で、七五三は一緒にお祝いしたかったという気持ちまで否定してはいけません。

仕事などのスケジュール調整や家族だけでお祝いがしたかったという理由で七五三に呼ばなかった場合、基本的にあまり揉めることはありません。

やっぱり行きたかった」など繰り返されて嫌になることはあるかもしれませんが、これも先程お話した通り、可愛い孫の姿を見たかったという気持ちからなので流せるようにしておきたいですね。

呼ばないことでトラブルになるのはやっぱり片方の親だけを呼んだ、バレる嘘をついていたなどが多くなるので、そもそもトラブルの元となる行動を絶対起こさないようにしましょう

バレて揉めてしまった場合はどうしようもなく、家族だけでやりたかったという理由と共に謝罪するしかなく、そもそも理由を作らないほうが良いですね。

【まとめ】

七五三の日に義両親を呼ばない、呼びたくない場合の相談や対処方法、お祝いだけを貰うのはありかなどまとめ!

1:七五三は三世代・親族集まって行うものというのは地域の常識であり一般的にはルールとして決められていない、メリット・デメリットを考慮して決めよう
2:義両親を呼びたくない場合は夫との相談が不可欠、下手にごまかすよりも何故呼びたくないかをきちんと話し、その上で対策を相談しよう
3:義両親に七五三に呼ばないことを告げる場合は夫からがスムーズ、伝える場合は出来るだけ早く、自分達だけで行きたいことをきちんと告げること
4:「七五三に呼ばないけどお祝いは下さい」はさすがにNG、しかし「行けなくてもいいから」とお祝いをいただいた場合は素直に受け取り、お礼を考えよう
5:義両親とは今後も長く付き合っていく関係、七五三に呼ばなかった場合も今後のスムーズな付き合いを考え、写真などを贈ろう

七五三にトラブルを呼び込みたくない、義両親・両親は呼ばず自分達だけでお祝いしたいなどの気持ちはあって当然で、我慢して義両親を呼んでも結局お互いが不愉快になる場合もあります。

しかし義両親にとっても可愛い孫の七五三で楽しみにしている場合も多く、断る場合は丁寧に断り、七五三の写真を贈るなど今後のお付き合いに影響がでないように考えていきましょう!

【こちらも読まれています】

義実家への帰省は憂鬱?ストレスなく帰省するための方法とは?
結婚すると旦那さんの実家へ帰省するようになりますよね。ただ、ママは気をつかう必要があったり、緊張して全然休めなかったと嘆くことが意外と多いのです。義実家はお義母さん、お義父さんの生活リズムがあったり、家事をするにも勝手が違ったりと普段とは異なるストレスが多く潜んでいます。ストレスなく義実家への帰省を実現させるために気をつけるべきポイントをご紹介します。

コメント