世田谷公園のプールはオムツが取れてから!!遊びのおすすめ紹介!

スポンサーリンク

子供もだいぶ歩けるようになってきて、どこか連れていってあげたいなと思います。ただ、遊園地や動物園みたいな大きなお出かけイベントとまではしたくはありません。

子供をあそばせるのはいつも近くの公園なので、たまにはいつもいかない広い公園だったり、見慣れた遊具ばかりある公園ではなくそこにしかない物が見れたり、体験できたりすると、ちょっとだけお出かけの1日で子供だけではなく親も楽しめます。

世田谷公園は夏はプールがオープンしていて、本物のSLが見れて、ミニSLにも乗れます。交通広場のミニカートに乗れば、乗り物がすきなお子様は大満足です。プールもミニSLの料金もとても安いです!! 世田谷公園へおでかけしてみませんか。

世田谷公園とは

世田谷公園は広い敷地の中に噴水広場、スポーツ施設、プレーパーク、蒸気機関車、ミニSL、交通広場などがあり、夏は屋外プールも楽しめる公園です。

ミニSLに乗ることもできますし、交通広場ではミニカートに乗ることができ、交通ルールが学べます。展示されている蒸気機関車は迫力満点です。

所在地:世田谷区池尻1丁目5番27号
アクセス:世田谷線、田園都市線三軒茶屋駅徒歩18分
田園都市線池尻大橋駅徒歩18分
東急バス自衛隊中央病院入口(渋谷駅~三宿病院(循環)・野沢龍雲寺(循環)・多摩川駅・東京医療センター)下車すぐ
駐車場もあり、30分100円で停めることができますが、広い駐車場ではないので、電車で行くことをオススメします。
駅から歩けますが少し距離があるので、渋谷駅からバスを使うと便利です。

夏はプールで涼んでSLとミニカートを堪能して電車とバスで乗り物三昧の日はどうでしょう。

プールはオムツが取れてから

世田谷公園では夏に屋外プールがオープンします。水深1.2メートルの大プールと、水深0.3メートル、0.5メートルの小プールがあり、2時間単位の総入れ替え制になっています

料金
高校生以上 390円
小・中学生、65歳以上、障害のある方 100円
幼児、障害のある小・中学生 無料
幼児の付き添い者 50円
障害のある方の介護者 無料
料金もとてもお得です。

世田谷公園のプールは、オムツが取れていない赤ちゃん、幼児の入場はできません。水遊び用オムツの使用も禁止されているので注意しましょう。

利用時間は2時間ごとの総入れ替えとなっているので、無駄な時間を減らしてより長い時間プールで楽しむ為に効率よく動きましょう。

人気の時間帯は行列ができているのでチケットを先に買っておくことが大事です。また、入場開始時間前から並び始めるので、早めに来て並んでおく方がよいです。入場開始と同時にみんなロッカーへ向かうので、あらかじめ水着に着替えておくと、スムーズにプールに入れます。

水着に着替えるのが面倒で、あらかじめ水着を着て家を出たのはよかったものの、替えの下着を持っていくのを忘れて、帰るときとても困ったことを思い出します。替えの下着を忘れないように注意しましょう。

ミニSLに乗ろう

世田谷公園ではミニSLの「ちびくろ号」が大人気です。自然の中をSLに乗って、トンネルや踏切を進み、子供だけではなくおとなもたのしむことができます。

運行日
水曜日・土曜日・日曜日・祝日、学校休業日、10月1日(都民の日)
休業日
運行日以外の日、雨天日、年末年始(12月29日~1月3日)
運行時間
約10~15分間隔で運行しています。
正午から午後1時は運休
3月から11月 10時から16時まで
12月から2月 10時から15時まで
料金
小学生未満無料(安全の為、保護者も乗車)
小学生50円
中学生以上100円

土、日、祝日、特にプールがオープンされている休日は混みやすく、行列ができていることもあります。チケットを早めに購入して、10時、13時の少し前に並ぶとスムーズです。

交通広場でミニカートに乗ってSLを見よう

世田谷公園の中に交通広場があります。交通広場は交通ルールや道路標識をたのしみながら覚えることができる施設になっていて、小学生3年生以下の子は無料でミニカートに乗ることができます。本物の展示機関車もあり迫力ある機関車と写真も撮れます。

利用時間
4月から10月 9時から17時
11月から3月  9時から16時30分

幼児用ミニカートのコースは、足でこぐミニカートに乗ることができます。横断歩道や信号機も設置されていて、交通ルールをたのしみながら学ぶことができます。安全に体験ができて、しかも楽しみながら勉強できる場所はとても貴重です。

交通広場には本物のSL「D51」があります。大きくてとても迫力があります。乗り物好きな方やお子様は大興奮かもしれませんね!!

子供が電車でぐずったり騒いだりした時の対処法

子供と一緒に電車やバスで移動をしたいけど、車内でぐずったり騒いだりしてしまうとと思うと気が引けてしまいます。まわりの目も気になるし、ものすごく疲れます。

子供が車内でぐずってしまった時の対処法をご紹介します。

叱るのではなく理由を説明する

静かにしなさい!とか、シーッっと強い口調で言ってしまいがちですが、その瞬間はおとなしなりますが、時間がたつとまた騒ぎ出してしまいます。

びっくりしてしまう人がいるよ。眠い人がいると眠れないでしょ。など、何で騒いではいけないのかを理解させてあげましょう。

おもちゃ・絵本を持っていく

おもちゃや絵本に集中してくれるとありがたいです。音の出るおもちゃは迷惑になるので避けましょう。

絵本にシールを貼っていくシールブックもあり、子供はシールが好きなので、集中して楽しめます。絵本は、感情豊かになり、言葉や知識の勉強にもなるのでオススメです。

おやつをあげる

お腹がすいてぐずってしまうこともあります。散らかりにくく、食べやすいおやつや、飴などをあげましょう。

一度車内から出る

一度降りてしまったら時間もかかるし面倒だしと思うかもしれませんが、思い切って一度外に出て気分転換をするのも大事で効果的です。

まとめ

1. 世田谷公園はプールも楽しめてミニSLにも乗れる世田谷区にある公園
2. 世田谷公園のプールはオムツが取れてから!!水遊び用オムツも禁止
3. ミニSLが大人気でおとなも一緒に乗ることができてたのしめます
4. 交通広場はミニカートに乗って交通ルールを学べます。本物のSLもあります
5. 電車で子供がぐずったり騒いだりした時の対処法を紹介

世田谷公園は都内にある公園で、ショッピングやランチなど、久しぶりの都会で寄り道も楽しめます。

お子様も一緒だと大変ですが、たまには電車に乗ったり、都会の賑やかさを思い出したりするのもよいです。公園内では自然もありリフレッシュできますよ。

今年の夏は世田谷公園で思い出いっぱい作りましょう!!

コメント