世田谷ボロ市2019おすすめは?代官餅をスムーズに買うには?

スポンサーリンク


世田谷ボロ市 (トリップアドバイザー提供)

最近はメルカリなどの台頭でハンドメイド品が人気です。

お昼の情報番組「ヒル○ンデス」などでも特集していたり、コーナーになっているのを見かけます。

洋服のリメイクや素材に着物の端切れが欲しいという方も多いのではないでしょうか?

そこでオススメなのが、世田谷ボロ市です。

700店も露天があるので、日用品から玩具、植木などもあります。

実際どのようなイベントなのか、どのような商品が買えるのか、駐車場の有無についてもまとめ、2019年のボロ市について紹介していきたいと思います。

世田谷ボロ市2019おすすめは?


世田谷ボロ市 (トリップアドバイザー提供)

世田谷ボロ市

世田谷ボロ市

会場へのアクセスは何が便利?

地図

アクセスに関しては「上町駅」もしくは「世田谷駅」を降りると、すぐに「世田谷ボロ市」が開催されています。

そのため基本的には電車などの交通機関を使う方が良いでしょう。

周辺に駐車場はあるの?

「世田谷ボロ市」開催の当日は、周辺一帯が交通規制となります。

そのため今回は交通規制を受けない範囲にある駐車場をピックアップしました。

タイムズ世田谷第4

住  所:東京都世田谷区世田谷2-14

収容台数:6台

駐車場代:

10分/100円(全日8:00~22:00)

60分/100円(全日22:00~8:00)

 

ユアーズ・パーキング世田谷第2駐車場

住  所:東京都世田谷区世田谷1-20-2

収容台数:4台

駐車場代:

30分/200円(全日8:00~20:00)

60分/100円(全日20:00~8:00)

 

タイムズ 世田谷4丁目

住  所:東京都世田谷区世田谷4丁目14

収容台数:5台

駐車場代:

00:00-00:00 30分 200円

08:00-18:00 最大料金1500円

18:00-08:00 最大料金500円

 

周囲の駐車場は数台しか停めることが出来ないので、当日停めるのはかなり厳しいと思います。

遠方からお越しの際は予め駐車場のあるホテルをとることをオススメします。

どうしても車がいいという方は都内の大きな駐車場に一旦停めてから電車移動というパターンが一番スムーズだと思います。

 

あらかじめ駐車場の情報を調べていっても、いざ向かうと目当ての駐車場が満車である可能性も考えられます…。

そこで駐車場予約サービス「akippa」というサービスがおすすめです!

論より証拠、akippaについてはこちらの動画が一番わかりやすいので一度ご覧ください↓↓

私も利用をよくするakippaは、前もって駐車場を予約する事が出来るので駐車場渋滞や駐車場待ちから開放されて、時間を有効活用できますよ!事前に駐車場も確保して、思いきりお出かけを楽しみましょう!

【akippa】はこちらからサクッと予約が可能です↓↓

世田谷ボロ市とはどんなイベント?


世田谷ボロ市 (トリップアドバイザー提供)

毎年1月15と16、12月15と16日の計4日に渡り開催される「世田谷ボロ市」

お店が約700店も出店し、開催日には多くの人が訪れる、伝統のイベントです。

骨董品や雑貨、食品など様々な商品が並び、1日楽しめるイベントとなっています。

今回はどのような商品が買えるのか紹介していきます。

スケジュールは?

毎年1月15日・16日と12月15日・16日の計4日間、開催されます。

2019年末の開催日は12月15日(日曜)と12月16日(月曜)になります。

2020年始めの開催日は1月15日(火曜)と1月16日(水曜)です。

時間

9:00~20:00

20時まで開催されているので、1日中見てまわれますね。

イベント歴史は?

ボロ市の始まりは、遠く安土桃山時代まで遡り、440年以上の歴史がある伝統行事です。

東京都の無形民俗文化財にも指定されています。

当時関東地方を支配していた小田原城主の北条氏政は、天正6年(1578年)世田谷新宿に楽市を開きました。

楽市と言うのは市場税を一切免除して自由な行商販売を認めるというもので、毎月一の日と六の日に6回開いていたので、六斎市(ろくさいいち)ともいいました。

その後、北条氏は豊臣秀吉に滅ぼされ、徳川家康が江戸に幕府を開き、世田谷城が廃止されると、世田谷新宿が城下町としての存在意義を失い急速に衰えていきました。

六斎市は自然消滅して姿を変え、何時のころからか年に1回、年の暮れに開かれる歳の市になっていきました。

明治の世になって新暦が使われてから正月15日にも開かれ、やがて12月15日・16日の両日、正月にも15日・16日の両日開かれるようになり現在に至ってます。

開催場所は?

世田谷1丁目の通称「ボロ市通り」とその近辺

所 在 地 :東京世田谷区世田谷1-15~27

最寄り駅:東急世田谷線世田谷駅、または上町駅

最寄IC:首都高速3号渋谷線『池尻IC』 下車後、世田谷方面へ約10分

例年の来場人数は?

公式ホームページに「1日およそ20万人」とありましたので、合計80万人も訪れるビッグイベントですね。

地元の人にとってのイベントの意義は?

中には、30年以上出店を続けているお店が80〜90店もあります。

出店者さんは全国から集まります。

今年の出店者さんは、遠いところでは北は青森、南は鹿児島から来ています。

遥か遠方からも訪れ出店するボロ市。

その魅力とは、何なのでしょうか?

出店者さんからすると、ボロ市に店を出すということは誇りであり、同時に、他のお店やお客さんと毎年再会できる場所でもあります。

そして、お客さんからすると、ボロ市にくれば買える。

という期待があるのだと思います。

 

世田谷ボロ市といえば代官餅!スムーズに買うには?


世田谷ボロ市 (トリップアドバイザー提供)

「代官餅(だいかんもち)」は世田谷ボロ市の名物として親しまれています。

その場で蒸してついたお餅にあんこ、きなこ、からみ(おろし)をまぶした3種類を販売。

ボロ市の日にしか販売されない「代官餅」を求めて、毎回買い求める人の長い列ができます。

※代官餅のからみとは、大根おろしにネギや海苔が混ぜてあるものです。

値段は1パック700円。

以前は600円だったようですが、段々と値上がりしています。

それでも、毎年売り切れるのは人気の証拠ですね。

この代官餅をゲットするには平均30~40分ほど並ぶ必要があります。

混雑時には2時間近く待たないと買えないようです。

ディズニーランドのアトラクション並ですね。

夕方には売り切れてしまうこともあるので、代官餅を食べてみたいという人は午前中から並ぶのがオススメです。

寒い時期ですので、防寒対策はしっかりして並びましょう。

代官餅が販売されている場所は「世田谷信用金庫 本店」の前に設置されているテントになります。

気になる味ですが、

  • 「あんこ」はお餅に対して多すぎるくらいあんこが敷き詰められており、甘党にはもってこいですね。
  • 「からみ」は大根おろしを絡めたお餅なのですが、大根だけでなく、刻んだネギや鰹節と醤油で味付けしてあり、辛すぎる酸味がなく、美味しく頂けます。

 

実際に食べてみて味を確かめてみて下さい。

「代官餅」という名前の由来についてですが、古い歴史のあるボロ市なので、お代官様が食べていたのが由来なのかな?と思いましたが、そうではなく、世田谷ボロ市が開催される中心にある代官屋敷がこの名前の由来となっています。1975年にこの代官餅がボロ市に登場したそうです。

世田谷ボロ市2019みどころ3選 その1:露天でのお宝探し

みどころといえばやはり露天でしょう!

お目当ての商品を探すもよし、掘り出し物を見つけに行くもよし!

戦前の教科書なんて、無意味に欲しくなっちゃいますね。

世田谷ボロ市2019みどころ3選 その2:代官屋敷

都内でこんな茅葺き屋根が見られるのは珍しいですよね。

また、5年に1度の代官行列が開催されます。

世田谷のボロ市『代官行列』

世田谷のボロ市『代官行列』

前回は2017年だったので、次回は2022年の予定です。

世田谷ボロ市2019みどころ3選 その3: 美味しい屋台

世田谷ボロ市では代官餅が有名ですが、他にも美味しい屋台が並びます。

こんな屋台がある!

ボロ市饅頭

シャーピン

小麦粉を水に溶いたような生地を野球ボール大に丸め、その中に具を入れて焼きます。

焼くときは潰して、おやきのような形にします。

見た目は巨大おやき、味は餃子に塩をつけて食べるような感じです。

手際の良い屋台は作るのを見ているだけでも楽しくなります。

沖縄ソーキそば

東京にいながら全国の名物が食べられます。

寒い日に暖かいソーキそばは格別ですね。

食べ歩きをしながらボロ市を見れば、楽しみも倍増ですね。

ボロ市の後に行きたい!世田谷の散策スポットは?

キャロットタワー

三軒茶屋の駅前にそびえ立つ「ニンジン色」のタワーは、商業施設、公共施設、オフィスフロアなどで構成される複合ビル。

地上124m、最上階の26階は、無料で開放された展望フロアになっており、東京の夜景を一望することができます。

絶好の夜景スポットとしてカップルにも人気です。

長谷川町子美術館

漫画『サザエさん』の作者、長谷川町子の美術館

収蔵コレクション展は、姉の毬子と一緒に蒐集した美術品をテーマに沿って展示されています。

その種類は、日本画・洋画・ガラス・陶芸・彫塑などの多岐に渡り、町子コーナーでは、『サザエさん』をはじめ、『いじわるばあさん』、『エプロンおばさん』などの原画や、町子の水彩や陶芸作品などが展示されています。

また、毎年夏に開催される「アニメサザエさん展」では、『サザエさん』の原画とアニメの世界が繰り広げられます。

磯野家の家のミニチュア、原画やアニメ映像など、ここでしか見ることのできない多くの展示品を観ることができる。

ボロ市で懐かしいものを見たら、サザエさんの世界が身近に感じるかもしれませんね。

台湾肉まん 鹿港

台湾中部の観光地『鹿港』(ルーガン)に、『振味珍』(ゼンウェイゼン)という名前の肉包(ローパオ・肉まん)のお店があります。

『振味珍』は、「鹿港を訪れた人は必ず立ち寄る」といわれるほどの超人気店なのですが、その味は門外不出のため、海外出店はまず認められないそうです。

門外不出の『振味珍』の味が楽しめるのは、東急世田谷線上町駅から歩いて2分のところにある『鹿港』というお店です。

そう、先ほど紹介した観光地の名前が由来となっているのです。

『振味珍』の味に感動した店主が、何度も『振味珍』に通うことで修業の許しをもらい、修業の末ついには日本での出店が許されたそうです。

看板メニューの肉まんは1個:160円です。

まとめ


世田谷ボロ市 (トリップアドバイザー提供)

これまでの情報をまとめます。

 

  • 世田谷ボロ市の際は交通規制もあるので、公共交通を利用するのがオススメ。
  • 1日20万人が訪れるビッグイベント。
  • ボロ市には700の露天が並び、日用品や玩具、植木鉢など色々な物が買える。
  • 名物の代官餅を食べたい人は並ぶ覚悟を持って早めに行くべし。
  • 他にもボロ市饅頭などのお店がある。
  • 残念ながら今年は代官行列はない。

700店もあれば、お目当ても品も必ず見つかるでしょう。

ボロ市を散策して予期せぬお宝を見つけるもよし、食べ歩きをするもよし。

防寒対策だけはしっかりして、世田谷にお出かけしましょう。

記事をまとめていると、代官餅が食べたくなってきました。

最後まで読んで頂いた方におまけ情報です。

コメント