PR

千躰荒神祭2019!お祭り読み方や概要や混雑度は?みどころ3選!初心者向けガイド!

祭壇

千躰荒神祭についてご存知ですか?

まず読み方からして難しいですよね。

また、いつやるのかなど、いろいろと気になることがあると思います。

ここでは、2019年の千躰荒神祭の概要は、日程はもちろん、その読み方やお祭りの歴史、また荒神さまについてや品川海雲寺について、アクセスについてご紹介していきます。

千躰荒神祭のみどころ3選!護摩焚き、釜おこし、平蔵地蔵についてもご紹介します。

ぜひここで疑問を解決していってください。

千躰荒神祭2019!お祭りの読み方や概要や混雑度は?

小さい燈篭

まず、千躰荒神祭というのはどういったお祭りなのかご説明します。

千躰荒神祭の読み方は、「せんたいこうじんたいさい」となります。

難しいですね。

千躰荒神祭は江戸時代後期に始まった祭礼で、祭礼期間中、参拝者は自宅の木箱(御宮または御厨子と呼ばれる)入りの荒神像を携えて海雲寺を訪れます。

そして境内で新しい祈祷札を求めたあと、荒神堂で古い祈祷札を納め、本殿の前立本尊を拝し、御宮と新しい祈祷札を護摩壇の護摩火にかぜして清めて、帰宅するのが流れです。

昔は御宮を風呂敷に包んで首にかけて参拝し、帰る際にも御宮を地面に置かず、寄り道せず、立ち止まらず、後ろを振り返らず、知人と行き逢っても口をきかずに帰宅するものとされていました。

毎年3月27、28日と11月27、28日に、日程固定で行われます。

時間は午前7時より午後5時

荒神堂の中で一日中護摩が炊かれ、家内安全、火災消除を祈願する護摩供養が行われ、各お札が授与されます。

この日は、境内から青物横丁駅まで、露店が軒を連ね大勢の参拝者で賑わいます。

露店の列などで、人が連なり、立ち止まるのが難しいほどの人が訪れます。

露店では、お釜の形をした「釜おこし」が名物です。

これは、「釜をおこす」(身上を起こす)からきています。

荒神さまとはどんな神様?品川海雲寺とはどんなお寺?

門

では、お祭りで登場する荒神さまはどんな神様なのでしょうか?

荒神さまは、千体荒神王(せんたいこうじんのう)といいます。

荒神堂に祀られている千躰荒神は、江戸時代よりかまどの神様、台所の守護神として多くの人々から信仰されています。

荒神さまは、台所で一番大切な火と水をお守り下さる神様です。

そのため、古くから台所に荒神さまをお祀りする習わしがあり、台所に荒神さまをお祀りすれば、一切の災難を除き衣食住に不自由しないとされています

海雲寺の千体荒神様は、もともとは、佐賀藩鍋島家の下屋敷にお祀りされていたそうです。

寛政14年(1637)に起きた島原の乱に出陣した佐賀藩主鍋島勝茂の五男直澄が、天草の荒神宮に戦勝祈願したところ、無事、乱が鎮定されました。

そのため、鍋島家ではこの荒神様を高輪二本榎木の下屋敷に遷座し、篤くお祀りしていました。

その後、明和7年(1770)に海雲寺の境内に移されたのが始まりと伝えています。

海雲寺へのアクセス

電車

  • 京急「青物横丁駅」から徒歩2分
  • 東京臨海高速鉄道りんかい線「品川シーサイド駅」から徒歩10分

バス

  • 京浜急行・都営地下鉄各電車バス「青物横丁」りんかい線・「品川シーサイド」下車

 

また、大祭当日は境内に駐車できません。

近隣の駐車施設をご利用下さいとのことです。

詳しくは公式ホームページをご覧ください。

 

千躰荒神祭2019のみどころ3選! その1:護摩焚き

護摩

大祭の両日には、朝早くから堂宇(お堂の事)が開かれ、護摩焚きが夕方まで営まれます。

各家庭の台所に祀っているお宮を護摩の火で清めてもらい、家内安全、火災消除の護符と荒神松を求めて帰ります。

上記でお話した、お祭りの肝とも呼べるものなので、訪れた際はぜひ行ってみて下さい。

ただ、かなりの人で混雑しますので、朝早く行くのがおすすめです。

下記に護摩焚きなどをご紹介している動画を貼っておきます。

千躰荒神祭・海雲寺・青物横丁

千躰荒神祭2019のみどころ3選! その2:釜おこし

屋台

境内や門前の旧東海道には、お釜の形をした名物「釜おこし」や、荒神松、くず餅の他、普通の縁日では見られない物を売る露店が軒を並べて賑わいます。

また、境内から参道にかけても「荒神松」「荒神箒」をはじめ通常の縁日には見られない台所用品、竹細工或いは古着や和服小物を売る露店が軒を並べ、最寄駅・青物横丁まで大勢の人の流れで、大変混雑します。

ただ、こちらの露店は朝早くはやっていないため、混雑を覚悟で訪れてみて下さい。

千躰荒神祭2019のみどころ3選! その3:平蔵地蔵

地蔵

平蔵地蔵とは、千躰荒神堂に祀られているお地蔵様です。

江戸末期、鈴ヶ森刑場の番人をしながら交代で町に出て施しを受けて暮らしていた三人連れの乞食がいました。

その一人平蔵は、ある日、大金が入った財布を拾って届け、お礼のお金も、当たり前のことをしただけと受け取りませんでした。

しかし、仲間たちは金を山分けにすれば三人とも乞食をやめて暮らせたのにと腹を立てて、正直者の平蔵を自分たちの小屋から追い出し凍死させてしまいました。

この顛末を聞いた財布の落とし主の武士は、大変悲しみ、平蔵地蔵を建てました。

そんな悲しい経緯のある平蔵地蔵ですが、損得勘定を捨て、欲望から脱した姿は人々の心に響き、参拝する人が後を絶たなかったそうです。

ぜひ訪れた、平蔵のような心持を手に入れたいですね。

まとめ

神社の屋根

ここまで、千躰荒神祭についてご紹介してきましたが、どうだったでしょうか。

以下に簡単にまとめます。

 

  • 千躰荒神祭は毎年3月27.28日と11月27.28日に、日程固定で行われる
  • 荒神さまと、品川海雲寺の歴史と、アクセスについて
  • 千躰荒神祭みどころ、その1:護摩焚き
  • 千躰荒神祭みどころ、その2:釜おこし
  • 千躰荒神祭みどころ、その3:平蔵地蔵

毎年日程固定で開催される千躰荒神祭

平日だと、露店を楽しむのは難しいかもしれませんが、護摩滝や平蔵地蔵は朝早くからみることができます。

アクセスも駅から近く、とてもいいので、通勤、通学前に行ってみるというのも、日常の良い刺激となって楽しいと思います。

もちろん、しっかりとお参りできる方は護摩焚きやお札など色々とお参りし、ご利益を得てきて下さい。

タイトルとURLをコピーしました