ヒマな専業主婦なんだから働けと言われたら?子なしの罪悪感との向き合い方

 

落ち込む主婦

老若男女問わず働くことが当たり前なんて言われる世の中、専業主婦の方が仕事をしていないことへの罪悪感を持ってしまう傾向が強くなっています。

特に「ヒマな専業主婦なんだから働け」「子なしなんだから働け」など外部から言われてしまうと、どうしても罪悪感を持ってしまうんですね。

そこで今回は「ヒマな専業主婦なんだから働け」「子なしなのに何で働かないの?」などと言われた際にどうすればよいのか、どう罪悪感と向き合えば良いのかを紹介していきます。

そもそも専業主婦は悪なのかという部分から罪悪感を持たなくて済む理由、またどのようにすれば罪悪感を解消できるかのヒントになるので、ぜひご確認ください!

ヒマな専業主婦なんだから働けと言われたら?

狐のケンカ

専業主婦が罪悪感を感じてしまう理由のひとつとして、夫から

「ヒマな専業主婦なんだから働け」
「誰のおかげで食えてると思ってるんだ」

など言われてしまうことがあります。

また義理の母から「子なしなんだから働け」など同じ妻の立場からも言われてしまうことが多く、こうなると働いていないことへの罪悪感を持ってしまうんですね。

最初に言ってしまうと「働いてないくせに」などの夫のセリフや義理の母からの「働け」は明らかにモラハラであり、まともに受け取る必要はありません。

言い返す、聞き流して気にしないようにするなど対策はありますが、どの方法が良いかはそれぞれの性格によるのできちんと考えてみましょう。

参考としてこのようなモラハラ発言をされた場合の言い返し方は、多くの場合「じゃあ私が外で働くから家事を同レベルでやってください」などの系列が多いです。

義理の母から言われた場合は

「私達夫婦が納得して今の形で家庭をしっかり築いているので口を出さないでください」

など、しっかり対応してしまいましょう。

働いていない、専業主婦はヒマという思い込みからの言葉にそもそも乗る必要はなく、特に個人個人の事情があり専業主婦を続けている場合は外部からの口出しに応じる必要はありません。

どうせ毎日暇なんだろ?と言う夫が知らない家事の時給

お金

「専業主婦=毎日サボっている」なんてことはもちろんない、日々の家事は立派な仕事でヒマと決めつけられる理由はないですが、これをお金に換算するといくらになるのかも見てみましょう。

例えば専業主婦が家事や家族のケアにかける時間を7時間として、一般的な時給で換算すると毎月の給料は27万ほどになります。

専業主婦の仕事がまったく出来ず家事代行に7時間お願いすると毎月57万ほどかかる計算になり、無償であるからといって専業主婦の価値が低いということは絶対にないんです。

家庭での家事時間は人それぞれ、また「専業主婦は仕事ではないから時給換算はおかしい」などの意見もありますが、実際に同じ内容を外注するとこれだけのお金が必要です。

夫が同レベルの家事を仕事をこなしながら一人で出来るわけもなくどうしても外食なども増えるのは当然で、これだけのフォローが出来ていると自信を持ちましょう。

とはいえ、子なしの場合は買い物時に罪悪感がある

洋品店

専業主婦でもっとも罪悪感を感じてしまう部分とも言えるパターンとして買い物、特に自分の衣服や靴、化粧品などを購入するときがあります。

これはなぜかと言うと、前提として「収入がない」「夫の収入を自分のために使っている」という思考があり、その思考が罪悪感を持つきっかけになっているんですね。

子どもがいる場合は同じ買い物でも「子どもと一緒に出かけるため」「幼稚園の送迎でおかしな格好をしないため」など思えますが、子なしの場合はそれもありません。

しかし今までお話してきたとおり専業主婦も家庭の中の立派な役割のひとつであり、決めた範囲内や無駄遣いをしていない買い物にまで罪悪感を持ってしまう必要はありません。

どうしても罪悪感を感じてしまう場合は事前に夫に相談し、毎月○○円までと決めてその範囲で考えるというのもひとつの方法です。

とはいえ生活に関わる衣服や化粧品ではない、例えば趣味の買い物の場合はさらに罪悪感も高まってしまう可能性も大きいので、日頃から残った使って良いお金は貯めておきましょう。

趣味に関わるお金などは気軽に出せるようパートやアルバイトをはじめるのもおすすめで、扶養枠内でも家計のサポートになりますよ!

しかし専業主婦が知らない夫のストレスもある

走るサラリーマン

夫婦の関係は対等であるため一方的に自分の気持ちだけを主張するのも間違いで、専業主婦が知らない夫のストレスもぜひ確認しておきましょう。

夫は

  • 仕事
  • 対人関係
  • 生活を支えるプレッシャー

などからストレスを溜めることが多く、また多くの場合男性は女性とストレスの発散方法も違うため、それを知らないと専業主婦として家庭を支える役目をこなせなくなる場合があります。

女性はコミュニケーション、例えば愚痴を聞いてもらいストレスを発散することが多いですが、男性の場合は飲酒やゲームにのめり込むなど一人でのストレス発散が多いことをまず理解しましょう。

これをどうしても理解出来ない、妻は一日溜め込んだストレスを話すことで発散したく夫は一人でストレスを発散したい気持ちがぶつかってしまうことも多いです。

その場合もお互いのストレス発散方法が違うことを理解し、妻は友人など話せる相手を探す、夫の一人の時間を確保するなど考え、家庭が夫にとって安らげる場所にしておきたいですね。

また専業主婦の夫の場合はもちろん自分の収入だけで生活を支えていくことになるので、例えば仕事でよほどストレスを溜め込んだとしても耐えるしかありません。

自分が倒れたら家族を支えられなくなるというプレッシャーは相当なもので、そんなプレッシャーやストレスを抱えて仕事をしてくれている夫への感謝は絶対に忘れないようにしましょう。

罪悪感があるならパートやアルバイトにでてみよう

スタッフ募集

夫婦の立場は対等と言われてもやっぱり罪悪感は消えない、でも今から仕事をするのは難しそう……

そうお考えの場合、まずはパートやアルバイトをしてみるのはいかがでしょうか。

主婦のためのパートやアルバイト情報が見つかる、ライフスタイルに合わせた仕事が見つかる主婦向けのサイト「しゅふJOB」があり、ぜひこちらへの登録をおすすめします。

 

 

しゅふJOBでは扶養枠内やブランクOKな求人情報が多くあり、全国各地の情報が掲載されているためどこに住んでいても気軽に求人情報を探せます。

職種についても

  • 一般事務
  • データ入力
  • 営業
  • キッチン
  • 家事代行

など一般的な求人サイトと変わらない多くの職種が紹介されていて、働きたいと考えた主婦の強い味方が「しゅふJOB」なんですね。

しゅふJOBは主婦がパートやアルバイトを探したいという専用サイトなので求人も扶養枠内やブランクOKのものが多く、一般的な求人サイトで探すより自分に合った求人を見つけやすいです。

家事や育児の合間にできる求人も多く、一般的な求人サイトで探すよりスムーズに仕事を見つけられる、採用お祝い金つきの求人があるなどメリットも多く、ぜひおすすめします。

しゅふJOBの登録はいたって簡単で、

  • メールアドレス
  • パスワード設定
  • お住まいの都道府県
  • ご希望勤務地や駅

これらを入力するだけで無料登録出来ます。

またさらに希望職種や給与、雇用条件などを追加登録することも可能で、しっかり自分にあった求人を探せるのでぜひおすすめします。

簡単にすぐ登録できる、自分の条件に合った主婦向けの求人を見つけやすいとメリットが大きいしゅふJOB、これから仕事をしてみようとお考えの専業主婦の方はぜひご登録ください!

まとめ

「ヒマな専業主婦なんだから働け」「子なしなんだから働け」など夫や義理の母から言われた場合の罪悪感の向き合い方、対処の仕方などまとめ!

 

1:「ヒマな専業主婦なんだから働け」など夫からモラハラ発言があった場合罪悪感を持ってしまいがちなものの、夫婦の立場は対等であることを理解し落ち込む必要はない

2:専業主婦の仕事を仮に家事代行に頼むと必要予算は月57万、主婦がやっている仕事を時給換算すると毎月27万ほどの価値があり、決して楽な仕事ではない

3:専業主婦が罪悪感を感じてしまう多くのひとつに「買い物」があり、特に自分のための買い物、趣味のための買い物は罪悪感を感じてしまうため対処法を知っておこう

4:夫は生活を支えるために仕事のストレスにも耐える毎日であり家庭は安らげる場所であってほしいもの、夫のストレスやプレッシャーも知りフォロー出来るようにしていこう

5:どうしても働いていないことへの罪悪感が消えない場合はパートやアルバイトをしてみるのもおすすめ、「しゅふJOB」というサイトでは主婦向けの求人を探しやすい!

 

専業主婦で収入がない、子なし専業主婦は肩身が狭いなどの理由から罪悪感を持ってしまう方は多いですが、家庭を支える役目をこなしているからこそ、夫や家族は生活を維持できています。

【こちらも読まれています】

ワーママで疲れた!仕事を辞めたいと感じる時5選!それでも辞められない事情は?
共働きの世帯が増え、主婦に仕事に子育てにと毎日奮闘してるワーママ。なかなか自分の時間も取れずストレスや疲れがたまり...どんどん笑顔が消えていく。仕事も家庭もうまく回らない。でもそう簡単に仕事を辞めることが出来ない事情を抱えているワーママも多いと思います。

コメント