接客声かけフレーズ例!食品をおすすめする場合の言葉とタイミング!

沢山のお仕事がある中、接客業に就いている方は多くいます。お客様が、目の前や近くを通過する際に、どのように気を引いたらいいのか?どうスムーズに話しかける事ができるのか?

今だと、このコロナ過で、どれくらいの距離感で接していけばお客様の不快にならないのか?

何事も経験と言う方もいますが、実際よくわからなく、悩んでいる方は多いと思います。

そこで!

お客様が多く利用している、食料品コーナーの接客対応について、調べていきたいと思います!

接客業における声掛けの大事さ

まず、お客様に気づいてもらえる為には、声掛けをしなければなりません。声掛けは、お客様から情報を引き出すための大事な事の一つなので、

無言で立っているだけでは、せっかく購入してもらいたい商品があっても、うまくアプローチすらできませんし、購入してもらう事へも繋がりません。

声掛けをして、お客様からの情報を引き出したり、商品に関心を持ってもらう事からが、販売への大事なスタートになります。

どんな接客業でも、声掛けを最初に教えてもらうので、苦手な方も笑顔で是非気負いせず積極的に取り入れてください。

食品をおすすめする場合の声掛け例5つ!

声掛けをするといっても、どう言葉を使えばいいのか、難しいと思う方もいるはずです。

ファーストアプローチにお勧めなのは、

  • いらっしゃいませ
  • こんにちは
  • こちらの商品、いかがですか?
  • 新商品になります
  • 再入荷いたしました

取り扱う商品によって、言葉は変わりますが、その都度言いやすい言葉で話しかけるのがお勧めです。

「笑顔」で聞き取りやすいフレーズを使って声掛けをするのが大事です。

試食をおすすめする場合の声掛け例5つ!

今はコロナ過で少ないかもしれませんが、もし試食があるならば、声掛けもしやすいですよね。

お客様に味をわかってもらえるので、購入してもらいやすくなりますよ。

  • よければお味見していってください
  • お試しください
  • 一口いかがですか?
  • 今試食をしているので、どうぞ食べてってください
  • とっても美味しいですよ

試食を調理しながら行っていれば、美味しいにおいで、お客様が来てくれるので、「笑顔」で食べてみて欲しい話しかけをするのをお勧めします。

声掛けがスムーズに行えるようになるには?

声掛けのフレーズはわかったけど、タイミングとか・・・どう知らない人に話しかければいいのか・・・声掛けしていきたいのにわからない、という方もいます。

誰彼構わず、話しかけたり、突然大きな声で話しかけるのは、お客様に不快感を与えてしますので、お勧めしません。

まず、どんな方に声をかけていけばいいのかを知っていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました