PR

関ボロ市2019と本立寺の関係は?みどころ3選や駐車場・アクセス情報!

12月といえば、クリスマスですよね。

2019年のクリスマスはどう過ごそうかソワソワしているカップルは多いのではないでしょうか?

どこもかしこもイルミネーションだらけ。

ぼっちには厳しい季節です。

そんな君にクリスマスを忘れる下町のイベントを紹介します。

その名も「関のボロ市」

毎年本立寺で開催されるイベントです。

クリスマスはキリスト教のお祝いです。

キリスト教ではない我らは日本らしいイベントにでかけましょう!

何か掘り出し物が見つかるかもしれません。

袖振り合うも他生の縁。

もしかして、このイベントに参加するという共通項から、何かが生まれるかも!?

関のボロ市2019とはどんなイベント?

 開催場所は?主催は?例年の来場人数は?

関のボロ市 本立寺お会式 2017 武蔵関の街を練り歩く 纏と太鼓

イベントの概要・歴史は?

関のボロ市は江戸時代中期から約270年続いている歴史あるイベントで、平成元年には練馬区指定無形民俗文化財にも指定されました。

江戸時代中期にはの本立寺周辺が農業地帯だったため農機具など生活必需品が売られていました。

その後、近隣の農民に古着や草履の緒を作るためのボロキレを売っていたことからこの名前がついたと言われています。

明治時代から昭和時代にはボロ市で相撲の興行や芝居小屋、オートバイの曲芸などのイベントも開かれていました。

その後、様々な飲食店の露店が出るなど、バラエティに富んだ市に変わっていきました。

地元の人にとってのイベントの意義は?

生活用品やお正月の準備に必要な品を扱うこともあったので「暮の市」とも呼ばれ、現在でも練馬の冬の風物詩として親しまれています。

お祭りでよく見られる屋台グルメのほか、骨董品や仏具・衣料品などおよそ300軒が出店するので歩いているだけでも楽しむことができます。

メインストリートは飲食店や子供向けの的屋さんが立ち並んでいますが、裏道に入ると関のボロ市の由来でもある衣料品や端切れ布などを販売しています。

また大道芸人によるパフォーマンスや地元の新鮮野菜も販売されていて、下町のお祭りの雰囲気を楽しむことができますよ。

スケジュール、日程は?

関のボロ市は12月9日と10日に開催されます。

  • 9日は、10時~22時
  • 10日は、10時~21時頃

まで営業され、9日の19時~21時には、「練供養」と言われる「万灯行列」が行われます。

開催場所は?

会場:武蔵関駅北口、本立寺境内

 

アクセス

電車

西武新宿線 武蔵関駅北口下車徒歩3分

交通規制

武蔵関駅北口と周辺で、9日と10日の両日とも、9時~22時まで

駐車場

NPC24H 石神井台第4パーキング

 

住  所:東京都練馬区石神井台7-27

台  数:7台

営業時間:24時間

通常料金:

  • 30分/200円 全日夜間 300円(18時~8時)

最大料金:

  • 24時間毎 1000円

タイムズ 関町北4丁目

 

住  所:東京都練馬区関町北4-16

台  数:6台

営業時間:24時間入出庫可

料  金:

  • 全日 駐車後24時間 最大料金700円
  • 08:00-22:00 40分 200円
  • 22:00-08:00 60分 100円

ユアー・パーキング 関町北第1

 

住  所:東京都練馬区関町北4丁目11

台  数:8台

料  金:

  • 08時〜21時 30分/200円
  • 21時〜08時 60分/100円

最大料金:

  • 昼間最大(08時〜21時の間)1,200円
  • 夜間最大(21時〜08時の間)500円

 

例年の来場人数は?

冬の練馬の恒例行事として、約8万人の人が訪れます。

関のボロ市と本立寺との関係は?

関のボロ市は、本立寺の門前で日蓮の命日に営まれる「お会式」の行事に合わせて開催されたことが起源となっています。

本立寺はどんなお寺?

本立寺は日誉によって開かれました。

日誉は慶安2年(1649年)に没しているので、その頃までには創建されたとされています。

開基は井口忠兵衛という人物で、当地の名主を勤めていた人物と言われています。

本尊の祖師像は「旭日蓮大菩薩」として地域の人に厚く信仰されてきました。

戦後になり、寺院の建築物が一新され、現在の本堂は、1968年、山門は1982年のもの。1997年には客殿などが、2000年には鐘楼などが新たに竣工されました。

引用:Wikipedia「本立寺(練馬区)」

関のボロ市といえば万灯行列!

関のボロ市 本立寺 お会式 2017 本堂前の演技と参拝 纏と太鼓

武蔵関駅南口から本立寺までの約1キロの道のりを19:00~21:00の2時間程度かけて練り歩きます。

華やかなマトイを先頭にして紙製の八重桜の花飾りを付けた万灯と、太鼓を叩きながら「南無妙法蓮華経」の題目を唱える人々が本立寺に向かいます。

関のボロ市2019みどころ3選 その1:着物の露店

https://twitter.com/toko1922/status/939792177097465856?s=20

ボロ市の由来となる衣類。

着物は高価ですが、ボロ市では安く買えるので、リメイク品やハンドメイドに使えますね。

関のボロ市2019みどころ3選 その2:屋台の食べ歩き

以前はボロ市の由来となる骨董品や衣類の露店が多くありましたが、今では食べ物の露店も多く、お祭りのようです。

食べ歩きしながら掘り出しものがないか探してみましょう。

関のボロ市2019みどころ3選 その3:本立寺

関のボロ市が開催されることで有名ですが、元々はこの寺院があるからここで市が始まったきっかけのお寺です。

是非お寺も見学してみましょう。

年末にはだれでも除夜の鐘をたたくことができます。

23時半ごろから徐々に並び始め、0時半までに並べばたたくことができます。

当日は甘酒のサービスがあります。

お守りや破魔矢とかの販売はしていません。

ボロ市の後に行きたい!練馬の散策スポットは?

東伏見稲荷神社

京都の伏見稲荷神社のご分祀。

西武新宿線の東伏見駅から徒歩7.8分のところにあります。

五穀豊穣、出世開運、商売繁昌のご利益があります。

とんかつ 味よし

昔のながらの揚げ物定食屋さんです。

とてもボリュームがあるので少食の人はご飯を少なめで頼むとよさそうです。

まとめ

ポイントをまとめます。

  • 都内のぼっちは12月に「関のボロ市」に出かけてみよう。
  • 「関のボロ市」とは12月9日、10日に開催されるイベントで練馬区指定無形民俗文化財にも指定されている。
  • 骨董品や衣類品はもちろん、今では食べ物の露店も多く、お祭りの雰囲気が味わえる。
  • 交通規制もあるため、公共交通で出かけよう。
  • 12月9日19:00頃から行われる「万灯行列」を是非見てみよう。
  • 掘り出し物、何かのご縁があるかもしれない。

練馬区と聞くと、「大根」「田舎」というイメージが都民にはあるようです。

 

「住んでいなければ、 “とくに用はない区” 。それが『練馬区』だ。」

確かにそうなんです。

「23番目にできた区。いわば東京のラスト・エンペラー。」

 

こう聞くととても魅力的ですね。

地元の方にとっては馴染み深いイベントですし、8万人も訪れるビッグイベントですが、「ボロ市」は最近の若者には馴染みのないイベントかもしれません。

クリスマスの雰囲気を忘れたい方は是非足を運んでみて下さい。

もちろんイルミネーションに飽きたカップル・熟年夫婦も参加可能ですよ。

タイトルとURLをコピーしました