学校を休む仮病以外の理由7選!なんとなくサボりたい時だってあるよね!

教室

学校を休むのって、いけない事だと思ったり、いざ休むとなるととても勇気のいることですよね。

出来れば穏便に休みたい。

親とかに干渉されたくない。

そう思うかもしれません。

でも、まったく干渉されないのは無理だと諦めましょう。

どうせ、怒られるし、注意されるし、干渉されます。

ただ、結果が見えているからと言ってやらない理由にはなりません。

何かしらの気持ちの動きがあり、学校を休みたいと思ったとします。

それは、ずるいことでもいけない事でも悪いことでもありません。

自然な反応だと思います。

ここでは、学校を休むことはいけない事なんじゃないか、休みたいけどどうも勇気が持てない、そうして足踏みしている方に、本当に自分の心が願った行動がとれるようにそっと背中を押したいと思っています。

また、学校が休める具体的な方法を7つのアイディアを載せたので、よかったら試してみて下さい。

学校を休む時の仮病以外に使う理由7選! その1:宣言する

天使の絵

「学校に、行きたくない。明日から行かない。」

このように宣言します。

親に伝えるのは出来れば、当日の朝ではなく、学校に行きたくないと思った時が言い時です。

また、先生に直接

「学校をしばらく休みたいと思っています。今日帰ったら親にも伝えます。」

と、話しておくといいでしょう。

当然、あなたを気にして心の内を探ってこようとするでしょう。

もし、行きたくない理由が話せるのなら、話しましょう。

話せないのなら、

「今はまだ、自分でも整理できていないので話せません。」
「今は伝えたいとは思いません。」

などと、強い意志を見せましょう。

本人が心の底から決めた事は、人は案外その人の心に立ち入れないものです。

ただし、腹の底から休むことを決めていなく、心が揺らいでいるときは人は心の隙に入り込んできます。

親や先生はそのスペシャリストだと理解し、まずは折れない自分の意思を築きましょう。

よかったら、こちらの動画も見てみて下さい。

 

学校・会社を休みたい人にこそ見てほしいんだ。【会社辞めたい】【学校行きたくない】【不登校】

学校・会社を休みたい人にこそ見てほしいんだ。【会社辞めたい】【学校行きたくない】【不登校】

学校を休む時の仮病以外に使う理由7選! その2:沈黙を貫く

沈黙

そもそも、学校を休みたいと思ったのなら、安易に事を済ませようとしてはいけません。

なにがなんでも、自分は休む、テコでも動かないという鋼の意思を持ちましょう。

はじめだけ、親に伝えます。

「明日(今日)、学校休むから。」

その後は、沈黙です。

ただし、あなたに学校を休みたい事情があるように、大人にも事情があります。

沈黙は、話し合いや和解といったものも拒否するので、後々の関係が悪い方に行く可能性があります。

そのため、

「話せると思ったら話すから。今は休ませてほしい。」

こういったワンクッションははさんでおくとベストです。

そこまでの強い意志があるなら、よっぽどの事情があるのだろうと、あなたの気持ちを汲んでくれるかもしれません。

実際に、ただ休みたいと思っただけで、周りが思うような“よっぽどの理由”というものは無くても大丈夫です。

理由を伝えるときは、

「ただ、休みたかったんだ。」

と、素直に伝えましょう。

学校を休む時の仮病以外に使う理由7選! その3:家出をする

キャリーケース

置き手紙で、

「しばらく留守にします。」

とテーブルの上において、2~3日過ごせるよう身支度を整えて外出しましょう。

親はしばらく悩んだ後に、警察に連絡すると思います。

親や先生や友人、近所の人、そして警察があなたを捜索するでしょう。

ですが、ほぼ確実に学校を休むことが出来ます。

あなたが発見された後、これだけ人を騒がせて!と怒られるでしょうが、もし怒られても何があろうと学校を休む方を優先するなら休める確率の高い方法です。

学校を休む時の仮病以外に使う理由7選! その4:有名なお寺の住職に会いに行く

お寺

「突然の訪問で、失礼します。どうしても学校を休みたい気持ちが強くて、こちらに来てしまいました。」

など、訪問の理由を簡潔に言い、丁寧に挨拶しましょう。

1日体験で修行させてもらえたら、ラッキーです。

予想を超えるあなたの行動に、先生や親からの反感は買いづらいでしょう。

学校以外の世界を知ることも出来、いい気分転換にもなると思います。

学校を休む時の仮病以外に使う理由7選! その5:親の職場に行く

サラリーマン

もしあなたが親の職場を知っていて、そこに行けるのなら、朝学校に行くふりをして家を出てから、親の職場に行ってみましょう。

「ここに勤めている〇〇〇〇(フルネーム)の息子の〇〇〇〇(フルネーム)です。
急な訪問で申し訳ありません。
もしわかるようなら、〇〇〇〇(親の名前)の休憩時間を教えてください。」

ここでも、出来るだけ丁寧なあいさつを心がけましょう。

もちろん、敬語を使います。

親はあなたの姿を見て、突然の訪問に驚きと同時に理由を聞かれると思います。

「学校を休んできた。父さんに会いたくなって、来てみた。」

などと、忙しいかもしれないので、率直に言いましょう。

「忙しい所ごめん。顔を見に来ただけだから、ありがとう。」

といって、すぐに去りましょう。

もしかしたら引き止められるかもしれません。

笑われるか怒られるか、相手の反応はわかりませんが、もしかしたらランチをおごってくれるかもしれませんよ。

学校を休む時の仮病以外に使う理由7選! その6:祖父母の家に行く

祖父と子供

もし、祖父母の家が行けそうな距離なら、行ってみましょう。

老人ホームにいる場合は、そこに行ってもいいです。

「学校に行きたくなくて、でも家にもいられないから来ちゃった。」

といえば、もしかしたら家に上げてくれるかもしれません。

親よりは祖父母の方が温厚に接してくれる場合が多いです。

1日~2日くらいなら、学校を休ませてくれるかもしれません。

学校を休む時の仮病以外に使う理由7選! その7:家に帰ってくる

ドアをたたく人

一度は家を出ます。

そして、学校へは行かずに家に戻って来ましょう。

家に親がいたら、

「学校に行きたくない。」

と告げます。

なんやかんや言われるかもしれませんが、今から行っても遅刻だし…と思い、1日くらいなら大目に見てもらえるかもしれません。

家で過ごしたい人は、いったん家を出てから戻ってくるという方法をとってみて下さい。

サボるのはほどほどに。サボりぐせのデメリットは?

the next step

サボるって、勇気がいりますね。

でも、学校に通うというシステムの中に生きている事に私自身は疑問を感じます。

そのシステムが、何世代も続いていて、当たり前の風習になっているから、法律で決まっているから、だからそのシステム通りの行動をする。

やっぱり、違和感を感じます。

本来、生きることになんの制約も制限もいらないはずです。

でも、社会というシステムは組み立てられたシナリオ通りに進むことを善しとし、そこからはみ出た者は悪者扱いです。

学校という枠やシステムに、はまらない個性の持ち主も中にはいると思います。

また、いつもそのシステム通りに進めるわけではありません。

今回、学校に行きたくないと思ったように、そのシステムを拒否したくなる時だってあります。

ただ、そのシステムから外れた行動を取るには、覚悟と勇気がいります。

私は、誰かが決めたシステム通りに動くよりも、自分の感覚に従って生きた方が、その人は幸せをつかめると思っています。

何も、大きな代償を払う必要はありません。

ただ、ちょっとそのシステムから外れたいなと思ったのなら、その気持ちを大切にしてほしいと思います。

学校を休みたいと思ったのなら、チャンスです。

一度、自分が今生きているシステムの枠から外れた行動を取ってみましょう。

リスクはつきものですが、自分が許容できる範囲のリスクなら少し覚悟を決めて行動してみて下さい。

きっと、その行動の先には今まで見ることが無かった世界が広がると思います。

ただし、何度も言いますがリスクはつきものです。

今私達が生きている社会のシステムの中で生きるのなら、システム通りに生きていた方が大きな失敗はあまりないでしょう。

学校には行き、勉強したことを覚え、テストでいい点を取り、能力に見合った学校に行き、その学校が薦める職場に永久就職する。

世間体から見て、何の不足もない生き方です。

もし、それに外れて学校をサボってばかりいると、よほど強いメンタルがある人でない限り、世間の目、常識、親、そういったものの重圧に負けると思います。

サボり続けるという事は、そのシステムの中で生きる限り、大きなリスクを負う事にもなり得ます。

それでも、そのシステムから少しでも外れたいと思ったのなら、どうせ親からは怒られるんです。

今までの自分では見ることのなかった景色を見てみましょう。

そのための行動のヒントが、上記した7つです。

よかったら、参考にしてみて下さい。

まとめ

あじさい

 

学校を休む時の仮病以外に使う理由7選!

  • その1:宣言する
  • その2:沈黙を貫く
  • その3:家出をする
  • その4:有名なお寺の住職に会いに行く
  • その5:親の職場に行く
  • その6:祖父母の家に行く
  • その7:家に帰ってくる

上記した以外にも、あなたが思いついたことを実践してみて下さい。

コメント