三者面談があっても聞くことが分かっていれば高校が楽しくなる!

スポンサーリンク

高校の三者面談ってどんな感じなのと思っている方多いのではないでしょうか。中学の三者面談どこか違うところはあるのでしょうか。

中学時代は思春期と重なりお子様の情緒も不安定なところがあり、コミュニケーションが取りにくく、子どもの気持ちを共有出来ずに悩んでいましたよね。

高校生になると心も身体も大人へと近づいていきます。朝礼にはいたはずなのに授業が始まった途端姿を消すなんて話良く聞きますよね。学年に2~3人はいたのではないですか。

そんなますますコミュニケーションが難しくなる年頃の三者面談の乗り切り方をお伝えします。

三者面談

「三者面談はなんの為にやるのでしょう。」そんな疑問を持ちながらも決まりだからとなんとなくやり過ごしていませんか。

三者面談とは先生、生徒、保護者の三人が教室に集まり行われます。学期末に行われるのが一般的です。地域によっては三者懇談と呼ぶところもあります。

先生は、保護者や生徒が満足する面談の進行を考えなければなりません。生徒一人一人と向き合える点から言えば貴重な時間ですね。

生徒は日頃の不満を吐き出す場ではありませんが、学校生活においての反省をまとめておくと良いでしょう。反省が出来れば次につながりますね。

保護者の方は子どもの学校での様子を知ることの出来る貴重な場であることを理解し、先生や学校に対する不満を吐き出す時間に使ってしまわぬよう配慮が必要です。自宅では見られない様子を知ることが出来るでしょう。

このように三者がぞれぞれの目的を持って臨むことが大切です。

聞くこと

何を聞いたらいいか分からないですよね。

中学の時は学年によって聞かれることが違っていましたが、高校はすぐに進路についての話になってきます。

2年の4月には理系・文系のクラスが決定される高校がほとんどな為、1年の三者面談では自分の希望する進路が理系なのか文系なのかを明らかにしておく必要があります。

唐突にどちらにするか聞かれてもピントきませんよね。ですから、できるだけ多くの就労体験をする事によって進路が絞られてくるのではないでしょうか。

私も高校1年の時に様々な就労体験をしました。高校生向けのインターンシップ制度を取り入れている企業もあります。インターンシップ制度を取り入れていない場合でもボランティアで入らせてもらえる場合もあるので、気になる企業があれば積極的に問い合わせてみるといいでしょう。

また、職業がぼんやりしか浮かばないという人も、大学のオープンキャンパスに行ってみるとまた違った角度から進路について考えることが出来るのでおすすめです。

学校には進路指導室があります。そこには様々な資料が揃っています。先生が常駐している学校も多いです。遠慮せずに利用しましょう。

保護者の方はお子さんと一緒にオープンキャンパスに行ってみてもいいでしょう。

小さい頃から一緒にいる保護者の方は、幼稚園や小学校、中学校の時の「将来の夢」を思い出しながら、お子さんと話が出来るのではないでしょうか。お子さんの夢に近づく過程を楽しみながら、面談前にいろいろな話が出来るといいですね。

お子さんの人生を左右する3年間です。日頃からお子さんとコミュニケーションをとって情報収集をしておきましょう。

高校

高校の3年間は人生を左右する大切な期間です。お子さん自身はそんなに重く受け止めてはいないと思います。

私もそうでした。本当に、高校生活をどう過ごすかで進路は決まってきます。付き合う友達も選びましょう。

中には周りの環境に流されない芯の通った子もいますが、多くは流されやすいです。自分の意思をもって判断できるように日頃から心がけることも大切です。

高校でデビューなんて話も良く聞きます。デビューするなら早いほうがいいですね。後々響いてきます。

「真面目に勉強一筋に過ごしなさい。」というわけでは決してありません。自分の進路について真剣に考えて欲しいのです。早い段階で進路が明確になっていれば、どのように過ごせばいいのかをシュミレーションする事が出来ますよね。

時には息抜きも必要です。その息抜きをするにしても、行き当たりばったりの人生と目的が明確になっている人生とでは、全く違いますよね。

目的が明確になっていれば修正も容易に出来ます。「何がしたい」のかという問いを自分自身にしてみてください。

まとめ

<苦手な三者面談でも聞くことが分かっていれば高校が楽しくなるについてのポイント>
1. 高校の三者面談は先生、保護者、生徒が教室に集まって主に進路について話をする場
2. 進路について明確にしておくことで1年時でも聞くことに悩むことはない
3. 高校3年間は人生を左右する大切な時期

高校の三者面談は、早い段階で進路の話になってくるので、中学三年の高校決定時に職業についてもある程度枠を持っておくと高校の進路決定にもつながってきます。

自分のやりたい仕事が理系なのか文系なのかは、早い段階で興味を持って調べておくことをおすすめします。

高校3年間が素晴らしい時間になるように早めに進路について考えましょう。

コメント