浪人が決定、親にかける言葉や伝え方はどうする?

桜

長く寒い冬を抜けようやく春の気配を感じる2月・3月。

そんな陽気につられて気分も少しウキウキしてくる頃ですが、受験生にとっては悲喜こもごも…思ったような結果を出せず浪人を決意する、そんな大きな決断をすることになる頃でもありますね。

かくいう私にも数年後に大学受験を控えた娘がいます。

娘も少しずつ自分の進路について考えているようですが、望むような結果が出せなかった場合、娘はどんな選択をするのだろうとふと考えます。

浪人したいと言われたら?私はなんと答えるべきなのだろう…?

そもそも娘はなんと言ってくるだろうか…。

私にとっても初めてのことなので想像がつきません。

そこで先輩ママ・パパたちがこの局面をどう乗り越えたのか調べて記事にしました。

浪人が決定したけれど親に何て言えばいいか分からない…そんな悩める受験生にとって、親がどう考えているのかを知ることができ、親にどんな言葉をかければいいのか、どう接すればいいのかを知ることができる内容となっています。

後半では浪人決定のつらい気分を切り替えるためのリフレッシュ方法もご紹介します!

浪人が決定、親にかける言葉や伝え方はどうする?

合格発表

親になんと言うべきか…そう悩んでこの記事を読んでいる方も多いでしょう。

ズバリ結論から言います!

「落ちました」

…え?それでいいの?そんな声が聞こえてきそうですが、シンプルにまずはこれでOKです。

つらいですが結果はもう出てしまっているわけなので、その事実を包み隠さず伝えましょう。

タイミングも速やかに伝えてあげてください。

言いづらい気持ちは分かりますが、遅くなればなるほど親側は「なんでもっと早く言わなかったの!」となる可能性大!です。

自らこじらせるようなことはしない、それが無難です。

現地まで合格発表を見に行くという方もいますね。

現地で結果を知った場合も速やかに伝えましょう。

いったんはLINEなんかで伝えてもOKです。

もちろん帰宅後に直接話すことにはなりますが、現地まで見に行く場合は、親もまだかまだかとあなたからの報告を待っているはずです。

娘の高校受験時の話ですが、娘は友達と合格発表を見に行ったので、結果をLINEですぐに教えてもらいました。

仕事中でしたけど、やっぱり気が気じゃなかったので、すぐに知ることができてホッとしたのを覚えています。(このときは合格の知らせでしたので…)

結果を伝えたそのあとは「浪人したいです」「浪人させてください」とあなたの気持ちをやっぱりそのまま親に伝えましょう。

全落ちだった…、滑り止めは受かったけれど、やっぱり第一志望が諦めきれない!など浪人を決意する理由はさまざまだと思いますが、その理由もしっかりと伝えてください。

別に順序だてて上手に説明する必要はありません、変に言葉を選ぶ必要もありません。

あなたの思いを言葉にしましょう。

だけど素直に言うことができるのなら、皆さんはきっと最初から悩んでませんね。

「怒られるんじゃないか…」「何て言われるだろう…」そんな不安を抱えているはずです。

これは親の気持ちが分からないからこその不安のように私には思えます。

では、子供の浪人が決まったとき、親はどんな心境なのでしょうか。

浪人決定となった場合の親の心境は?

悩む女性

私も未経験のことなので、先輩ママ・パパの心境をリサーチしてみました。

  • できることなら合格させてあげたかった
  • あんなに頑張っていたのに…
  • もう1年応援しなきゃ!
  • できれば浪人はさせたくない

多い声としてはこんなところでした。

浪人決定となった皆さん本人がショックなのは当然ですが、親も同様にショックを受けているのが分かりますね。

そして、きっと皆さんが引っかかるのは1番下の「浪人させたくない」ではないでしょうか。

ご家庭によって方針は本当にさまざまですので、中にはすでに「浪人はさせないからね!」と言われている方もいるかもしれません。

ここで皆さんには少々耳の痛い話をします。

親が子供に浪人させたくないという背景にも「経済的な理由」「本人が乗り越えられるタイプではないから」などいろいろあるのですが、根底にあるのは「浪人したからといって、来年確実に受かるという保証はない」からです。

どんなに頑張っても望む結果が出ないこともあります。

だからこそ、それでもあなたが浪人したいという思いを親にきちんと伝える必要があります。

親は子供の幸せを望んでいます。子供の自立を願っています。

あなたがその覚悟をちゃんと伝えれば、親はちゃんと受け入れてくれますよ!

だって、あなた同様ショックを受けるほどあなたの味方なんですから。

次の受験時期まで親との付き合い方、接し方はどうする?

家族

不合格は受験の結果ですが浪人決定はあくまでも入口、そこでまた受験勉強の再スタートを切ることになります。

皆さんはこのスタート地点での親との接し方に悩んでいるわけですが、これから約1年続く次の受験まで親とはどう付き合っていけばいいのでしょう。

一番肝心なのは「理解してもらうこと」だと私は思います。

「浪人決定だなんて…親に何て言おう」そうあなたが悩んだように、子供の気持ちや考えが分からなくなれば、親もどう接すればいいのか分からなくなってしまう…そんなこともあるんです。

結果として、あなたとしては望まない過干渉(「勉強してるの?」「そんなんで大丈夫なの?」)や無関心(「もう受験なんてやめたら?」)につながってしまう…負のループですね。

でも大丈夫!あなたはもう気づいてるはずです。…何をって?

私が繰り返し述べているのは「浪人したいという自分の思いを伝えること」の大切さです。

浪人が決定した段階で自分の思いを伝える、そう!まさに理解してもらうことですよね。

浪人時代を乗り切りためにも、次の受験までの入口であなたの思いを理解してもらいましょう!

残念だったけど受験勉強は終わり。リフレッシュの方法3選!

ジャンプする人

結果は残念でしたが、今回の受験は一区切りがついたことになります。

次の受験時期のいいスタートを切るためにも、リフレッシュは不可欠です。

ここではおすすめのリフレッシュ方法を3つご紹介します。

次の受験勉強中の気持ちの切り替えにも使えますよ!

15分ほど昼寝をする

激しい運動をすると体が疲れるように、長時間考え続けることで脳も疲れてしまいます。

そんなときは脳の休憩が必要です。

脳の休憩に昼寝の効果は絶大です!

軽い運動をする

運動して「いい汗かいたな~。ああ、スッキリ!」そんな経験、ありますよね?

これは、運動することで血流がよくなり、脳の働きに必要な酸素やブドウ糖が脳に供給されやすくなるためといわれています。

運動というと身構えてしまう人もいるかもしれませんが、ウォーキング=散歩でもOK1回20~30分でも効果は十分です。

自分の好きなことをする

これ一択じゃん!なんて言わないでくださいね(笑)

好きなことをしているときって楽しいですよね?

そんなときは脳もやっぱりリラックスしやすくなるんです。

ただし、あくまでも「リフレッシュ」が目的ですので、時間を決めて、リフレッシュしたら勉強に戻りましょう。

まとめ

それでは最後にこの記事のポイントをまとめます。

 

  • 浪人決定は、正直に報告しよう
  • 親はいつでも子供の味方
  • 浪人したいー自分の思いを親に理解してもらおう

少し耳の痛いことも書きましたが、私自身は浪人経験がありません。

自分にとって未知だからっていうのもありますが、浪人を決意するってすごいことだと思うんです。

先述しましたが、次は受かるという保証は誰にもありません。

それでも浪人するという決断をするということは、自立の一歩なんだなと今回改めて気づくことができました。

娘が「浪人したい」と言ってきたとしても、「自分の気のすむまでがんばりなさい」そう心から言えそうです。

この記事が、皆さんの背中をほんの少しでも後押しできることを祈っています。

コメント