浪人決定をしてしまった子供にかける言葉・言ってはいけない言葉とは?

マークシート

子供の進路は千差万別さまざまですが、高校卒業後の大学進学率はおおむね増加の一途をたどり、5割超が大学へ進学していると言われています。

大学受験には合格か不合格か、どちらかしかありません。

大学全入時代と言われて久しいですがこの2つの結果しかない以上、なかには浪人をして翌年の志望校合格を目指すという選択をする子供もいるでしょう。

私にも2人の子供がおり、上の子供は大学受験が数年後に迫っています。

わが子が浪人するかもしれないということを、これまであまり考えてこなかったというところが正直なところですが、可能性は十分あるわけです。

そんなとき子供に何と言葉をかければいいのか、どう接すればいいのか…ふと考えたときに私にはまったく思い浮かびませんでした…。

そこで、浪人が決定した子供にかける言葉・言ってはいけない言葉をリサーチしてみました!

浪人生となったわが子にかける言葉がみつからない…そんな大学受験をした子供をもつ親御さんにとっても、お役に立てる内容になっています。

浪人決定をしてしまった子供、どんな心境?

合格発表

浪人が決定してしまったとき、子供本人はどんな心境でしょう?

どういう思いをしているのでしょうか。

まずはここからリサーチしてみました。

ネットで見られたものは大まかに以下の3つです。

  • もう人生終わりだ。
  • 周りはみんな受かったのに何で自分だけ…。
  • 一生懸命がんばったのに情けない、悔しい。

まさに絶望…。

書き出すだけでつらくなってしまいます…。

子供にとってみれば、それまで学校という枠の中で生きてきたわけですから、すべてが終わってしまったように感じるのも無理はないですよね。

親自身もわが子の浪人決定にショックを受けますが、当然当事者である子供の方がより大きなショックを受けています。

そこを忘れてはいけないですね。

浪人決定をしてしまった子供にかける言葉とは?

不合格者のイラスト

それでは、こんなに大きなショックを受けてしまったわが子に何と言葉をかければいいのでしょうか。

信じてくれた・任せてくれた・励ましてくれたということが子供はやっぱりうれしいと感じるようです。

子供の喜ぶポイントはそれぞれ異なりますので、その子に合わせた言葉を選びましょう。…では、終わりません!

それが簡単に思いつく方はきっとこの記事を読んでいないと思いますので、私がリサーチした結果よく見られた、実際に子供が親から言われてうれしかった言葉をご紹介します。

  • 「あなたのやりたいことを応援するよ」
  • 「○○ならできる、大丈夫だよ」
  • 「ここまでよくがんばった」
  • 不満や不安を言っても黙って聞いていてくれたこと

浪人が決まっただけでは、人生が終わらないことを親はよく知っているはずです。

まずは安心させてあげられる言葉をかけてあげたいですね。

そして意外にも思える「何も言わず聞いてあげる」

大人でも、話を聞いてもらったら落ち着いた、なんてことがありますよね。

どうしても言葉が出てこないという人、また、つい口をはさみがちな母親(私も含め)ではなく父親にも向いているかもしれません。

浪人決定をしてしまった子供に言ってはいけない言葉とは?

お話禁止

では反対に、浪人が決まった子供に対して言ってはいけない言葉は何でしょうか。

こちらも同様に子供が親から言われて嫌だった言葉・言われたくなかった言葉をリサーチしました。

  • 「このままで大丈夫なの?」
  • 「もっと頑張ればよかったのに」
  • 「ほかの人はどうなの?」
  • 「大学受験やめたら?」

うーん、どれもこれも見事にわが子を追い込んでいます…。

「もう人生終わりだ!」と思うほど絶望的に感じている子供に対して、さらに追い打ちをかける言葉…これは言ってはいけないですね。

でも、親の立場からすると、ついうっかり言ってしまいそうな言葉だなというのが私の正直な感想です。

頭では分かっていても、感情のままつい口を滑らせてしまう→子供泣く→後悔…そんな経験ありませんか?

冷静に考えればよく分かりますよね、言われたら嫌な言葉だってこと…。

しかも子供本人がショックを受けている浪人決定というシチュエーション。

ここはこの先の子供との関係を左右する大きなポイントです!

言われて嫌だった言葉・言われたくなかった言葉は決して口にしない。

よく覚えておきましょう。

私もよく心に刻んでおきます。

浪人決定をしてしまった子供との接し方はどうする?

合格祈願絵馬

子供としては絶望とも言える感情を味わう浪人決定ですが、それはいっときのことです。

浪人決定から次の受験時期までは約1年間あります。

おそらく高校3年の春には「1年後には、このつらい受験が終わる」そう子供も親も思っていたのではないでしょうか。

それがまたもう1度始まると思うと…気が重く、また長く感じます。

その間、親として子供にできることはなんでしょうか。

どのように向き合えばよいのでしょうか。

次の受験時期までに親がやるべきこと・やってはいけないことを簡単にまとめてみました!

 

 

やるべきこと やってはいけないこと
  • 信頼してあげること=精神的なサポート
    (余計な口出しをしない・励ましの声かけ)
  • 健康管理=生活面でのサポート
    (お弁当・食事・起床の声かけ)
  • お金の用意=経済的なサポート
  • 過干渉
    (「勉強しないの?」「大丈夫なの?」)
  • 無知、無関心
    (「大学受験やめたら?」「受からないよ」)
  • 他人との比較
    (「○○さんはもっと勉強している」)
  • お金の話
    (「予備校に○○万かかったのよ」)

見ていただくと分かるとおり、やってはいけないこと=子供を追い込むことです。

反対にやるべきことをやれば、子供は安心して勉強に取り組むことができますね。

なかには、

「浪人時代は毎日お弁当を作ってくれて、予備校から夜遅く帰っても暖かいご飯を作ってくれて、応援してくれてありがたかったです。

大学入学後は、恩返しになると思って学校の様子をちゃんと両親に話すようにしました。高校時代よりも会話が増えています。」

なんていう男の子の声もありました。

この年代の男の子って自発的に親と会話することが少なくなるケースが多いと思いますが浪人時代に親がやるべきことをやった効果…絶大です!

最後に

浪人決定をしてしまった子供にかける言葉・言ってはいけない言葉のポイントは3つ。

 

  1. 子供本人の方が大きなショックを受けていることを忘れない
  2. 信頼感・安心感が伝わる言葉をかける、不安を無言で聞いてあげる
  3. 子供を追い込む言葉を言わない

今回のリサーチで一番の収穫だったのは、毎日のお弁当作りや食事の用意も、子供はちゃんと「ありがたい」と思ってくれていることが分かったこと。

「信頼してるよ」「がんばってるね」という親の思いを形にすれば、ちゃんと子供には伝わるということです。

まずは、無言で聞いてあげることからはじめてみるのもいいと思いますよ。

つかず離れずのいい距離で子供の浪人時代を伴走したいですね。

最後に、私が受験生時代にお世話になった先生が「僕の好きな言葉だよ」と入試直前に贈ってくれた言葉を記します。

ー『明けない夜はない』

コメント