離婚にまつわる罪悪感との向き合い方ガイド!切り出す・子供・夫・消えない

様々な事情により離婚をした後消えない罪悪感に悩む、離婚を切り出すことはしたけれど本当に良かったのか分からない、子供や元夫への悩みなど、ぐるぐる思考が回ってしまうことがあります。

離婚したことは後悔していなくとも罪悪感が消えない、それぞれの事情により罪悪感でつらいと悩んでいる場合も多く、どうやって罪悪感と向き合えばよいのか悩んでしまうんですね。

そこで今回は離婚したことを切り出すことができない場合や元夫や子供への罪悪感など、様々な事情に合わせた離婚に関する罪悪感への向き合い方を紹介しています。

離婚してから罪悪感が消えない、どうやって向き合えばよいのかわからないと悩んでいる方におすすめの内容となっているので、ぜひご確認ください!

離婚にまつわる罪悪感との向き合い方! その1:離婚を切り出したことに罪悪感がある

離婚届

離婚を自分から切り出したもののどうしても罪悪感がある、この場合も事情は様々ですが、元夫やその家族を見捨てた、切り捨てたと感じ、それが罪悪感となることが多いです。

どうしても結婚生活を続けられないと判断して離婚を自分から切り出し成立したのはいいものの、

「もっと頑張れたんじゃないか」
「見捨ててしまったんじゃないか」

など感じてしまうんですね。

こういった原因から起こる罪悪感を感じないようにする、感じてしまった場合の向き合い方としては、離婚をした原因を思い返し、改めて離婚しかなかったことを認識する方法です。

離婚はいきなり切り出すことはまずなく、それまでに何度も話し合う、変わってほしいところを伝えるなど努力をしてきたはずで、その結果が離婚のはずなんです。

離婚したというのはその段階で同じ歩みではなくそれぞれ新しい一歩を進めたことであり、離婚したことにとらわれてしまうより、これから先のことを考えていくことが大切です。

離婚にまつわる罪悪感との向き合い方! その2:離婚をしたことで元夫や子供に罪悪感がある

別れた家族

切り出したのは自分でなくとも結果的に元夫を見捨ててしまった、子供に対して父親を奪う行為をしてしまった、こういった気持ちが罪悪感となってしまう場合もあります。

子供が「お父さんに会いたい」など言い出すとさらにその罪悪感は積み重なりますし、自分がもっと努力すれば、我慢すればなど感じてしまうんですね。

この場合も離婚を切り出したパターンと同じで、罪悪感を感じてしまった場合の向き合い方としては離婚をした原因を思い返し、改めて離婚しかなかったことを認識することです。

離婚はいきなり切り出すことはまずなく、それまでに何度も話し合う、変わってほしいところを伝えるなど努力をしてきたはずで、その結果が離婚のはずなんです。

離婚したというのはその段階で同じ歩みではなくそれぞれ新しい一歩を進めたことであり、離婚したことにとらわれてしまうより、これから先のことを考えていくことが大切です。

それが結果的に元夫や子供へのフォローであり、これからそれぞれの人生を歩むためにも必要なことなので、決して罪悪感にとらわれ過去ばかりを見るのではなく、未来を見つめましょう。

離婚にまつわる罪悪感との向き合い方! その3:自分のせいで相手を離婚させてしまった罪悪感

男の隣で泣く女性

離婚の原因は様々で、理由が例えば自分にあった、自分の行動で元夫を幻滅させてしまった、自分の浮気が原因だった場合などは、当然罪悪感を感じてしまいます。

この場合罪悪感を感じてしまうというのは、自分の行動を反省している、あのときしっかり頑張っていれば良かったと感じているからなんですね。

ですから罪悪感を消す、感じないことを考えるより、罪悪感としっかり向き合い、その反省を今後の人生に活かすことを考えることが大切です。

反省したことは「次は同じことをしない」という教訓になりますし、そのように変わっていけば今のあなたの周囲の方、また現在そばに居てくれる方にとっても安心です。

罪悪感を消すのではなくしっかり向き合うことが大切で、今そばにいてくれる人や変わらず接してくれる人を大切に、これからの人生でその経験を活かしていきましょう。

離婚にまつわる罪悪感との向き合い方! その4:離婚をしたで罪悪感が全然消えない

落ち込む女性

離婚をしたことに対する罪悪感は元夫や子供に対して持つことが多いですが、それだけではなく元夫の家族や自分の家族、また世間に対して持つこともあります。

離婚をしたことで結婚を祝福してくれた家族や友人にうしろめたさを感じてしまう、世間の目が冷たく感じられるなどから、罪悪感を持ってしまうんですね。

この場合も離婚を切り出したパターンと同じで、罪悪感を感じてしまった場合の向き合い方としては、離婚をした原因を思い返し、改めて離婚しかなかったことを認識することです。

離婚はいきなり切り出すことはまずなく、それまでに何度も話し合う、変わってほしいところを伝えるなど努力をしてきたはずで、その結果が離婚のはずなんです。

離婚は後ろ向きな選択ではなくこれから先を考えた上での前向きな選択であるはずで、それなのに罪悪感を感じ、その場でとどまってしまってはいけません。

家族からたとえ離婚を責められたとしても「自分は前向きな選択をした」と考えれば罪悪感を感じることもなくなるので、今回の経験をぜひ次への幸せへ繋げていきましょう。

そもそも離婚は悪いこと?罪悪感の正体とは?

婚姻届にはさみ

離婚は悪いこと、そういった風潮があるのは事実であり、離婚をしたという現実から罪悪感を感じてしまう場合も少なくありません。

しかし結婚生活を続けることができない、たとえ続けたとしても毎日あなたが辛い、悲しいことを我慢するという場合、それはあなたの人生にとって本当に良いことでしょうか。

離婚を決断するにはそれまでに多く悩みがあり改善を求めてきたはずで、その結果が離婚なのですから、決して離婚は悪いことではないんです。

それでも世間では「離婚=悪いこと」という風潮はまだまだあり、また子供がいる場合は父親を奪ってしまうことからも罪悪感を感じてしまうことがあります。

自分が悩み選んだ離婚は決して悪いことではなく、あなたや子供がより幸せになるための選択だったと前向きにとらえていきましょう。

そもそも罪悪感とは悪いことや非難されるべきことをおかしたと当人が思っている場合に生まれてくる気持ちなので、この前提として「離婚=悪いこと」という思考があります。

しかし決して「罪悪感を感じるから罪である」とは言えず、本来責められるべきでないことを責められ罪悪感を感じる場合があり、離婚の場合もしっかり原因を見つめ直すことが大切です。

罪悪感を感じるシーン

  • 離婚
  • 保育園に子供を預ける
  • 子供を愛せない
  • 子供に怒鳴ってしまう

このようにこれからの人生においても様々な場で罪悪感を感じてしまう可能性も多く、罪悪感とはなにか、本当に悪いことなのかをしっかり考え、前向きな思考を持ちましょう。

まとめ

離婚

離婚にまつわる様々な状況から感じてしまう罪悪感との向き合い方、これからの人生にどう活かしていけばよいのかなどまとめ!

 

1:自分から離婚を切り出した場合は相手を見捨てたという意識が罪悪感として感じられる場合も多く、改めて離婚の原因を見つめ直し、前向きな意識を持とう

2:元夫や子供に対して離婚したことへの罪悪感を感じる場合も同じで、改めて離婚の原因を見つめ直す、最善を選んだとしっかり認識する気持ちが大切

3:離婚の原因が自分だった場合は罪悪感を消すことはできず、それよりも罪悪感と向き合い、反省や経験を今後幸せに繋がるよう活かす気持ちが大事

4:離婚をすると世間の目が冷たい、元夫やその家族、自分の家族への罪悪感が消えない場合もあり、この場合は「離婚=悪」という考えを変えていくことが大切

5:離婚はいきなり決めて実行できるものではなく、相談や改善の努力を繰り返した結果離婚となっているはずで、離婚は決して悪ではないと前向きに歩むことが大切

離婚はどうしても悪いことという風潮はまだあり、その結果自分がもうちょっと我慢すれば良かったなど感じ、罪悪感となってしまう場合が多くあります。

しかしずっと悩み選んだ最善の結果が離婚であり、あなたや元夫、子供のためにも罪悪感にとらわれず、前向きに歩んでいくことを考えていきましょう!

コメント