プール開きの小学校の内容は?約束を児童に守らせる指導方法とは?

スポンサーリンク

夏になると子どもたちが楽しみにしている代表的なものがプールで、小学校としてもプール開きについて内容を考えたり、プールの約束事や指導についてまとめなければなりません。

しかしプール開きの内容はどういったものにするのかをまとめるためには「プール開きとは何か」を把握しておく必要がありますし、プールでの約束事や指導内容も悩みどころですよね。

ここではこのように悩まれている小学校の先生向けプール開きの内容はもちろん、約束事や指導についてもどのようにすれば良いのかをまとめています。

プール開きの内容を考えるため、今後安心して小学校でのプールを児童にしっかり約束を守ってもらいながら指導できる方法のヒントになるので、ぜひご確認ください!

【プール開き!小学校での内容はどうする?】

プール開きは単純に「この日からプールの授業が始まるよ」という日だけではなく、初めてプールを使う日であり、安全に楽しくプールで学ぶためにみんなでお願いするという意味もあるんです。

ですからプール開きの日はプールで学ぶための約束事を改めてみんなで確認する、ちょっと水に触れてみるなど、これからプール授業を安全に行うための準備的な内容がおすすめです。

一般的に小学校でプール開きをする時期としては「6月中旬から7月上旬」となっていますが、もちろん地域やその年の気温なども考えながらプール開きの日を決める必要があります。

沖縄ではもっと早く5月中旬頃から、北海道では6月ではまだ寒いため7月中旬からという小学校も多く、やっぱり寒い地域の場合はプールで遊べる時期は短めになってしまいますね。

その他それぞれの小学校でプールサイドに移動した後の並び方や待ち方などもあるので、児童にとって約束事が多すぎて混乱しすぎないように注意しつつ、しっかり伝えていきましょう!

ちなみにプールの中止基準はそれぞれの小学校で設定されていることもあるので基本的にはそれを遵守しつつ、以下の基準も参考にしてください。

・水温23℃以上
・水温+気温が50℃以上
・気温-水温が6℃以下

【プール開きに際し小学校児童に約束を守らせる指導法とは?】

プール開きをどのように行うかはそれぞれの小学校次第かと思われますが、いずれにしてもプール開きの際はプールの約束事を伝え、これから児童にしっかり守ってもらうことが大切です。

プール開きはこれから安全に楽しくプール授業を始める日でもあるので、児童に注意事項をしっかり伝え、「これが守れないとプールに入ることが出来ませんよ」と守らせていきましょう

約束の例

・プール周りで走らない
・準備体操をする
・最初にシャワーを浴びる
・足からゆっくり入る
・押し合い、引っ張り合いをしない

こういったルールはいずれも安全にプールに入るためには絶対に必要で、ちょっとした「おふざけ」が大事故にも繋がることをしっかり伝えていく指導方法を心がけてください。

友達の頭を押さえない、足を引っ張らないなどはもちろん、おぼれる真似なども繰り返していると本当に溺れたときに助けてもらえなくなる危険があることを伝えましょう。

プールでは子どもたちはどんどんテンションがあがっていき、またちょっとした「おふざけ」でプールサイドを走る、頭を押す、足を引っ張る、飛び込むなどの危険行為をやってしまいがちです。

こういった行動はそもそも最初に絶対にしないことを約束させることも大切ですし、万が一見つけたら毅然とした態度で叱り、プールに入れさせないようにすることも今後のためになります。

【プール開きで小学校で行う出し物は?児童が喜ぶ鉄板アイデア3選!】

次に、小学校でのプール開きで子どもが喜ぶ鉄板の出し物のアイデアをいくつか紹介していくので、ぜひプール開きの際の出し物のヒントにしてみてください。

プール内をぐるぐる

プール開き(宮崎県日南市)

プール開き(宮崎県日南市)

「洗濯機」など呼ばれることもある、プールに入水し全員で同方向にぐるぐる回って流れを作るのは久しぶりにプールに入ったこどもには楽しく、おすすめです!

準備体操

準備体操

準備体操

プールに入る前には準備体操、こういったイメージをしっかり児童にも持ってもらうため、プール開きの日に準備体操を楽しみながら行うのもおすすめです。

タコの手袋人形

2018.6.13市川保育園プール開き「タコの手袋人形」

2018.6.13市川保育園プール開き「タコの手袋人形」

プール開きの約束事を楽しく覚えられる方法として低学年向けにおすすめなのが「タコの手袋人形」で、手袋などで作ったタコを両手にはめ、先生がもぐったり泳いだり楽しく演出します

子どもはタコくんのお芝居を楽しみながらどのようにプールで遊べば良いのかを学べ、楽しみながらも覚えてもらいやすい方法としておすすめです!

【プール開きを小学校からプリントを各家庭に送る内容は何を書く?】

プール授業をするためには家庭でプールの準備も整えてもらわなければならず、小学校から家庭に手紙を送る必要が出てきます。

プール開きの告知の手紙の内容についてはそれぞれの小学校でも相談の上決めることになると思いますが、基本的な書かなければならない内容は以下を参考にしてください。

・プール開き日
・用意してもらうもの
・注意事項
・連絡事項

いつくらいに手紙を送るかについてですが、プールの準備となると水着やバスタオルの用意が必要になることもあるので、1ヶ月~2週間前までを目安にしましょう

プール開きについては準備ややっておくこと、家庭でお願いすることが多いため、基本的な内容はもちろん、できるだけ分かりやすいようにリストなどを作っておくと分かりやすいですね。

家庭で朝に熱を測る、体調をチェックして入水OKのハンコがないとプール遊びが出来ないなどのルールもそれぞれの小学校で決められていると思います。

こういった家庭にお願いしたいことも書き忘れてしまうとそもそもプールを楽しめなくなるため、注意事項や連絡事項も必ずチェックしましょう

家庭で子どもがプールに入っていいかどうかの判断がしにくいという場合もあり、入水不可とする条件をまとめておくと安心できます。

・37.5℃以上の熱
・腹痛、下痢のとき
・鼻水や咳があるとき
・水いぼやとびひのとき
・頭ジラミのとき
・入水OKハンコがないとき

などなど、もちろん子どもは体調の変化も多いため小学校で入水できないと判断した場合は入水しません」も書いておいたほうが良いですね。

【まとめ】

小学校でのプール開きの内容、約束を児童に守らせる指導方法や家庭への手紙の内容などまとめ!

1:プール開きはその年初めてプールを使う日であり、安全に楽しくプール授業ができるよう約束を確認する意味がある、安全のためにも必ず行おう

2:プール開きの際は約束の確認と指導、守らないとプールに入れないことを伝え、決してふざけて良い場所ではないことを守らせていこう

3:プール開きの際に小学校で行う出し物など、プール内をぐるぐる回ったり準備体操の確認をしたり、低学年には楽しく覚えてもらえる「タコの手袋人形」も

4:家庭にプール開きを連絡する際の手紙にはプール開きの日、用意してもらうもの、その他注意事項や連絡事項などを書こう、準備が必要なためできれば早めに

このようにまとめていくとプール開きは大変なように感じてしまうかもしれませんが、いずれも子どもが楽しく安全にプール授業を行うために必要なものです。家庭に協力をお願いすることも多いので手紙は早めにプール開きでしっかり約束を指導していき、その年のプール授業も安全に進めていきましょう!

【こちらも読まれています】

プールでできるゲーム!保育園児が喜ぶ水遊びアイデア!
夏になると大抵の保育園では、外で水浴びをすることが多いと思います。しかし、すべての保育園がプールを完備している訳ではありませんね。園庭に家庭用より少し大きめのプールを出して、何回かに分けて入るところが多いのではありませんか。そんな小さな保育園のプールを100倍楽しい時間に変え、子どもたちが大満足で早くみんなに話したくなるような方法をご紹介いたします。
プール開き保育園の内容は?出し物と手紙はどうする?導入のねらいは?
夏になると園児が楽しみにしているのがプールで、保育園としてもプール開きをはじめ、楽しいプールでの出し物などを考えますよね。 しかしよく考えてみるとなぜプール開きを行うのか、どんなねらいがあり内容の出し物を考えれば良いのか、導入はどうすれば良いのか、更には保護者への手紙はどうするかなど、悩みも多いです。 ここでは保育園でプール開きを導入するねらいは何か、内容はどうすれば良いか、どんな出し物をすれば良いか、保護者にはどのような手紙を出せば良いのかをまとめています。 プール開きをする際の様々な悩みについての解決のため、これからプール開きについて考えなければいけない保育園の先生方におすすめの内容となっているので、ぜひご確認ください!
スイミング嫌がる1年生・2年生の子供をやる気にさせるには?高学年から習いなおしても大丈夫?
いまやこどもの習い事の人気ナンバーワンともいわれるスイミング。でも実は、習わせてみたものの、スムーズに毎回通うお子さんばかりではありません。ある段階で急に「行きたくない」というケースもあります。子供にもうやめたいと言われたら、どうしたらいいのでしょうか。
スイミングで進級できない!進級早い子と遅いわが子の違いは?進級ペースは?
習い事で、スイミングをお子さんにさせている、というママ・パパは多いと思います。スイミングに通わせているママによくある悩みで、「なかなか、進級テストに合格しない」ということではないでしょうか。そんな悩みにあたってしまったとき、どうすればいいかまとめてみました。

 

コメント