プール開き保育園の内容は?出し物と手紙はどうする?導入のねらいは?

スポンサーリンク

夏になると園児が楽しみにしているのがプールで、保育園としてもプール開きをはじめ、楽しいプールでの出し物などを考えますよね。

しかしよく考えてみるとなぜプール開きを行うのか、どんなねらいがあり内容を考えれば良いのか、導入はどうすれば良いのか、更には保護者への手紙はどうするかなど、悩みも多いです。

ここでは保育園プール開きを導入するねらいは何か、内容はどうすれば良いか、どんな出し物をすれば良いか、保護者にはどのような手紙を出せば良いのかをまとめています。

プール開きをする際の様々な悩みについての解決のため、これからプール開きについて考えなければいけない保育園の先生方におすすめの内容となっているので、ぜひご確認ください!

【プール開き!保育園での内容はどうする?】

プール開きは単純に「この日からプールで遊ぶよ」という日だけではなくその年初めてプールを使う日であり、安全に楽しくプールで遊ぶためにみんなでお願いするという意味もあるんです。

ですからプール開きの日はプールで遊ぶ約束事を改めてみんなで確認する、ちょっと水に触れて遊んでみるなど、これからプールを楽しむための準備的な内容を考えておきましょう

一般的な目安としては保育園や幼稚園のプール開き時期として「6月下旬から7月上旬」ですが、もちろん地域やその年の気温なども考えながらプール開きの日を決める必要があります。

沖縄ではもっと早く5月中旬頃から、北海道では6月ではまだ寒いため7月中旬からという保育園が多く、やっぱり寒い地域の場合はプールで遊べる時期は短めになってしまいますね。

プール開きはこれから安全に楽しくプールで楽しむための日でもあるので、園児に注意事項をしっかり伝え、「これが守れないとプールで遊べないよ」と守らせていきましょう。

約束の例

・プール周りで走らない
・準備体操をする
・足からゆっくり入る
・押し合い、引っ張り合いをしない

その他それぞれの保育園でプールに入水した後の並び方や待ち方などもあると思うので、園児が多すぎて混乱しすぎないように注意しつつしっかり伝えていきましょう。

ちなみにプールの中止基準はそれぞれの保育園で設定されていることもあるので基本的にはそれを遵守しつつ、以下の基準も参考にしましょう。

・水温23℃以上
・水温+気温が50℃以上
・気温-水温が6℃以下

【プール開きのねらいは?プールの子供たちへの影響は?】

プール開きのねらいとは?

プールは水遊びだけではなく、子どもたちにとってプールで水と触れ合い水の心地よさを知る、水の美しさを知る、水をバシャバシャさせることで音を聞くなど、多くの学習の場なんです。

プールでは形を留めない水の不思議を知ることで五感を磨く役目もあり、水遊びが楽しく水に触れて気持ちいいと感じることで、生きる喜びにも繋がります。

保育園や幼稚園でプールがあるのはこういった理由がきちんとあるからで、だからこそ最初に行うプール開きは安全に楽しむためにも必要なんですね。

プール・水が苦手な子には

一方プールがどうしても苦手、水が怖くて顔をつけられないなどの子どももいて、そういった子どもへの対処はどうすれば良いのかも迷います。

しかし水は生きていく上で必要なもので、万が一のことを考えると慣れておかなければならないもののひとつでもあります。

決して無理強いはせず、しかし最初は足先からちょっとずつプールにつけて慣らしていくなど、その子どもが出来る範囲で少しずつ慣れていくようにしていきましょう。

プール中の熱中症に注意

また夏に怖い熱中症、「プールに入っていると熱中症にならないのでは」と考えてしまっている方もいますがこれは間違いで、プール中に熱中症になってしまうこともあります

水に入っていることによって水分補給を忘れてしまう、汗をかいてもプールにいるために汗をかいている感覚がわかりにくいなど、日頃よりもプール中はより注意することが大切です。

長時間連続して遊ばない、休憩を入れる、こまめに水分補給をするという熱中症対策の基本を守りつつ、子どもに以下のようなサインがないかを先生は注意してみてあげてください。

・顔色が変化する
・汗をかかない
・応答がない
・体温が高い

【プール開きで出し物は?子供が喜ぶ鉄板アイデア3選!】

次に、保育園でのプール開きで子どもが喜ぶ鉄板の出し物のアイデアをいくつか紹介していくので、ぜひプール開きの際の出し物のヒントにしてみてください。

水遊びの歌

平成30年度 みなみ保育園 プール開き(水遊びの歌)

平成30年度 みなみ保育園 プール開き(水遊びの歌)
宇都宮のみなみ保育園です。プール開きの一環として、ホールの集会時に歌った「水遊び」の歌です。

みんなで一緒に歌を歌い、それによってプールへのイメージを膨らませる、プールで楽しく遊ぶことを考え楽しむ意味があります。

歌であれば少し前から取り入れていき、「今日はプール開き本番だからこれを歌ったらプールに入れるよ!」と伝えれば子どもも喜び、よりイメージを膨らませながら楽しく歌えます。

準備体操

準備体操

準備体操

プールに入る前には準備体操、こういったイメージを子どもにも持ってもらうため、プール開きの日に準備体操を楽しみながら行うのもおすすめです。

事前に保育士さんが準備運動をマスターしておき、「こういった準備運動をしてからプールに入るんだよ」と楽しみながら体操し、プールへの準備を進めると子どもも楽しみながら覚えられます。

タコの手袋人形

2018.6.13市川保育園プール開き「タコの手袋人形」

2018.6.13市川保育園プール開き「タコの手袋人形」

プール開きの約束事を楽しく覚えられる方法としておすすめなのが「タコの手袋人形」で、手袋などで作ったタコを両手にはめ、先生がもぐったり泳いだり楽しく演出します

子どもはタコくんのお芝居を楽しみながらどのようにプールで遊べば良いのかを学べ、楽しみながらも覚えてもらいやすい方法としておすすめです!

【プール開きを保育園から手紙を各家庭に送る内容は何を書く?】

プール開きをするためには家庭でプールの準備も整えてもらわなければならず、保育園から家庭に手紙を送る必要が出てきます。

プール開きの告知の手紙の内容についてはそれぞれの保育園でも相談の上決めることになると思いますが、基本的な書かなければならない内容は以下を参考にしてください。

・プール開き日
・用意してもらうもの
・注意事項
・連絡事項

いつくらいに手紙を送るかについてですが、プールの準備となると水着やバスタオルの用意が必要になることもあるので、1ヶ月~2週間前までを目安にしましょう

プール開きについては準備にやっておくこと、家庭でお願いすることが多いため、基本的な内容はもちろん、できるだけ分かりやすいようにまとめておきましょう。

例えば持ち物の場合、0~1歳児は水着ではなくおむつを利用する、2歳児からは水着と水泳帽を用意するなど、年齢ごとに変わるので分かりやすいようにリストにするのがおすすめです。

また家庭で朝に熱を測る、体調をチェックして入水OKのハンコがないとプール遊びが出来ないなどのルールも決められていると思います。

こういった家庭にお願いしたいことも書き忘れてしまうとそもそもプールを楽しめなくなるため、注意事項や連絡事項も必ずチェックしましょう。

家庭で子どもがプールに入っていいかどうかの判断がしにくいという場合もあり、入水不可とする条件をまとめておくと安心できます。

◎例
・37.5℃以上の熱
・腹痛、下痢のとき
・鼻水や咳があるとき
・水いぼやとびひのとき
・頭ジラミのとき
・入水OKハンコがないとき

などなど、もちろん子どもは体調の変化も多いため「保育園で入水できないと判断した場合」も書いておいたほうが良いですね。

【まとめ】

保育園でのプール開き、導入のねらいや出し物についてのアイデア、家庭への手紙の内容などまとめ!

1:プール開きとは安全に楽しくプールで遊べるようお願いしたりルールを確認してプールに入る最初の日であり、安全のためにも必ず行おう

2:プールで遊ぶのは楽しいだけではなく子どもの五感を育てる大切な意味もある、苦手な子どもには無理をせず、しかしちょっとずつ水に慣れてもらおう

3:プール開きの出し物で子どもが喜ぶ鉄板アイデア!「水遊びの歌」「準備体操」「タコの手袋人形」など楽しくプールを使っていけるような出し物がおすすめ

4:家庭にプール開きを連絡する際の手紙にはプール開きの日、用意してもらうもの、その他注意事項や連絡事項などを書こう、準備が必要なためできれば早めに

このようにまとめていくとプール開きは大変なように感じてしまうかもしれませんが、いずれも子どもが楽しく安全にプールで楽しむために必要なものです。家庭に協力をお願いすることも多いので手紙は早めに、楽しみながらプール開きを行い、その年のプール遊びも安全に進めていきましょう!

 

【こちらも読まれています】

プールでできるゲーム!保育園児が喜ぶ水遊びアイデア!
夏になると大抵の保育園では、外で水浴びをすることが多いと思います。しかし、すべての保育園がプールを完備している訳ではありませんね。園庭に家庭用より少し大きめのプールを出して、何回かに分けて入るところが多いのではありませんか。そんな小さな保育園のプールを100倍楽しい時間に変え、子どもたちが大満足で早くみんなに話したくなるような方法をご紹介いたします。
プール開きの小学校の内容は?約束を児童に守らせる指導方法とは?
夏になると子どもたちが楽しみにしている代表的なものがプールで、小学校としてもプール開きについて内容を考えたり、プールの約束事や指導についてまとめなければなりません。 しかしプール開きの内容はどういったものにするのかをまとめるためには「プール開きとは何か」を把握しておく必要がありますし、プールでの約束事や指導内容も悩みどころですよね。 ここではこのように悩まれている小学校の先生向けにプール開きの内容はもちろん、約束事や指導についてもどのようにすれば良いのかをまとめています。 プール開きの内容を考えるため、今後安心して小学校でのプールを児童にしっかり約束を守ってもらいながら指導できる方法のヒントになるので、ぜひご確認ください!
スイミング嫌がる1年生・2年生の子供をやる気にさせるには?高学年から習いなおしても大丈夫?
いまやこどもの習い事の人気ナンバーワンともいわれるスイミング。でも実は、習わせてみたものの、スムーズに毎回通うお子さんばかりではありません。ある段階で急に「行きたくない」というケースもあります。子供にもうやめたいと言われたら、どうしたらいいのでしょうか。

コメント