プールで溺れたときの対応は?浅いプールでも溺れる⁉もしもこどもが溺れてしまったときは?

スポンサーリンク

ここ数年、夏が本当に暑いです。年々暑くなっている気がします。そんな暑い夏は、プールであそびたいですよね。こどもも、プールが大好きです。特に、ビニールプールは自宅で気軽にあそぶことができて、とても便利です。

楽しいプールですが、危険もあります。子供が溺れてしまう事故がたくさん起きているのも事実です。

事故は本当に怖いですが、おとながしっかり気をつけていれば、事故を防ぐことができます。また、万が一のときに、どう対処すれば良いかを頭に入れておくと、正しく行動ができます。

夏のプール、こどもと一緒に楽しくあそんで、暑い夏を乗り切りましょう。

こどもがプールあそびをするときに注意すること

こどもは、深さ10㎝の水でも溺れてしまいます。しかも、溺れるときは静かに溺れることが多く、周囲の人も、気づきにくいのです。

絶対に目を離さない

こどもは、ほんの少し目を離しただけでも、何が起こるか分かりません。絶対に目を離さないようにしましょう。

もし、その場を離れるときは、こどもをプールから出して、水に近づけないようにしましょう

兄妹や、友達がいても、目を離さないように

上の子がみていてくれるから大丈夫だろう。お友達も一緒でひとりじゃないから大丈夫だろう。と安心してしまいがちですが、こどもだけでは危険です。

夢中になっていると、他の子が溺れていることに気づけなかったり、正しい判断ができないこともあります。

こどもだけでプールに入れないようにして、絶対に目を離さないようにしましょう。

こどもが溺れてしまったときの対処法

もしも、こどもが溺れてしまったら、どう行動すれば良いか、とっさには判断ができないかもしれません。

もしもの時に備えて、頭に知識を入れておくのはとても大切なことです。
もしものことが起こらないように対策をして、もしものことが起こってしまったら、正しい対処ができるようにしておきましょう。

①こどもが溺れてしまったら、まず、冷静になりましょう。

パニックになってしまっていると、正しい判断もできなくなってしまいます。

②こどもを水から引き上げたら、平らな場所に寝かせましょう。

③意識があるかを確認します。

名前を呼んだり、話しかけます。顔や肩を軽く叩いてください。反応が弱くても、少しでも動けば意識が戻る可能性もあるので、声をかけ続けてください。

④意識がある場合は、濡れた服を脱がし、タオルや毛布などで暖かくして病院へいきましょう。

嘔吐に注意してください。嘔吐したときは気道に詰まらないように顔を横に向けてください。

⑤意識がない場合は、すぐに救急車をよんでください。

救急車を待ちながら、呼吸があるか確認します。呼吸が見られない場合はすぐに人工呼吸と心肺蘇生をします。

救急車をよんでくれる人が周りにいない場合は、胸骨圧迫と人工呼吸を2分間おこなってから救急車をよんでください。

<胸骨圧迫と人工呼吸>

あごを上げて息ができるようにして気道確保をして、呼吸があるか確認します。あごの先を持ち上げて、頭を後ろにそらせます。胸やお腹が動いているかをみます。

呼吸がない場合は、固い床の上に仰向けに寝かせます。両方の手のひらを重ね、ひじを伸ばし、手のひらの根元で、胸の真ん中に向かって垂直に押します。胸の厚さの1/3以上沈むくらいまで押します。1分間に100回以上の速さで、絶え間なく押します。圧迫するたびに、胸の厚みが完全に戻るのを確認しながらおこなってください。

30回の胸骨圧迫が終わったら、すぐに人工呼吸をします。あごを上げて、気道を確保します。鼻をつまみながら、こどもの口が全部かくれるように大きく口を開けて、1秒間息を吹き込みます。そのときに、胸が上がるのを確認してください。

胸骨圧迫30回と人工呼吸2回を繰り返しおこないます。

呼吸がある場合は体を横向きにして寝かせます。上側にくる手で、あごを上げさせたまま顔を支えます。足は、上側の足を前に出します。この体勢で救急車が来るのを待ちます。待っている間、呼吸の様子を見ていてください。

このような、日常では起こらないような知識は忘れてしまいがちですが、定期的に復習するのもいいかもしれません。

ビニールプールは種類がたくさん

今は、たくさんの種類のビニールプールがあります。前は、丸いビニールプールしかなかったような気がします。種類の多さにびっくりしました。大きさや、形、値段、機能も様々です。目的に合ったものを見つけてみてください。

https://item.rakuten.co.jp/akadepamizutani/2600-ixa-57107/

↑コンパクトサイズで、ベランダでも使用できます。
底にもクッションがあって、痛くありません。

https://item.rakuten.co.jp/maxshare/a08007/

↑屋根がついていて、強い日差しから守ることができます。

https://item.rakuten.co.jp/cherrybell/dinosaur/

↑すべり台、シャワー、ボールが付いていて、こどもたちも大喜びです。

https://item.rakuten.co.jp/cherrybell/tropicalpool_ss/

↑とっても大きいのでみんなで楽しめます。

たくさんの種類があるので、使う場所や人、使い方に合わせて選べます。準備やかたづけ、しまう場所なども、考えながら選んでくださいね。

まとめ

1. こどもがプールあそびをするときは、とにかく目を離さないこと
2. こどもが溺れてしまったときの対処法。まずは落ち着くこと
3. 最近のビニールプールはたくさんの種類があり目的に合ったものを選べる

プールは、夏ならではのあそびで、こどもたちも、大喜びです。楽しくあそぶ為に、事故がおきないように絶対に目を離さないことが大事です。

もしものときに備えて、溺れたときの対処法も、頭に入れておきましょう。
暑い夏、水遊びでおもいっきり楽しみましょう。

コメント