プールを嫌がる3歳児が水に対する恐怖心がなくなる声掛けや方法は?

スポンサーリンク

夏と聞くと必ず思いついてしまうのが水遊びです。暑い体を少しでも冷やしてくれて楽しいもの。水遊びのメインとなる遊び場として思いつくのはプールでしょうか。しかし泳げないということや水が怖いという理由で、入ろうとしてもらえないという悩みが出てきます。

幼い子供さんはとくに嫌がってしまうといったことがあると思います。お風呂は大丈夫であってもプールという場所に変わってしまうと入ろうとしなくなって手をやいてしまうといったところがあると思います。

プールというものを嫌がってしまうお子さんに対して、どのようにしたら恐怖というものがなくなって無事に入ってもらえるようになるのでしょうか。怖がってしまう原因や嫌がる理由というものが分かり、解消できればと思い調べることにしました。

プールを嫌がる3歳児の心理とは?もうすぐ夏なのにどうしよう??

夏の時期になると、暑くてどうしても体を冷やしたいということを思いプールへ行きたくなると思います。でも子供がどうしても嫌がってしまうという悩みがついてきてしまいます。子供の嫌がる原因というものは、その1人1人によって違ってくるとは思います。

主な原因

1. 顔に水をつけると息ができず目を開けられないという恐怖がでてくる
2. 足がついて歩ける場所ならよいが、そうでないところでは怖いと感じる

家の中でお風呂に入るときは、両親がついていたりすることがあるので不安要素が薄れていると思います。温度もプールですと水なので大人でも最初は気合いを入れて入ろうとするほど。子供となると恐怖心というものはかなりあるかと思います。

顔を水につけるということが怖いと思うのは、目を開けることができないからです。水に顔をつけて目を開けると以外にも目が痛くて開けられないということがあると思います。何も見えないということは恐怖を煽ってしまうため、怖いというイメージがついてきてしまいます。

プールを嫌がる3歳児が水遊びが楽しみになる声掛けとは?

どうしてもプールというものを嫌がってしまうとき、どうしたら入るようになるのでしょうか。

嫌な理由を聞いてみる

どうして嫌がるのかを優しく聞いてあげましょう。無理に説得をしてしまうとかえって嫌がってしまうことがあります。入りたくないという理由がわかれば、どうしたらプールに入ってくれるのかという方法がわかってきます。

無理やり入らせようということはしないで、子供の気持ちを理解してあげて寄り添うことが大事です。根気が必要になってきますが、焦らずにじっくり見守ることも必要です。子供もわがままを言っているのではなく、子供なりの理由というものがあります。

理由をきいてあげてから、無理に入らせようという事をさせないでまずは水に慣れるようにしてあげることをしてみましょう。

プールを嫌がる3歳児が水に対する恐怖心がなくなる遊びとは?

家では問題がないと思っていても、保育園・幼稚園などで嫌がるということがあります。そんな時は、先生というものは無理に入れるということはしません。嫌がるお子さんを無理に入れてしまうとかえって悪いイメージになってプールが嫌いになってしまいます。

保育園・幼稚園の先生というのも、お子さんが楽しく水に慣れてもらえるように工夫をするということを考えています。少しでも恐怖心を作らないような配慮というものは、預かっているお子さんの数によっては難しいのかもしれませんが、無理に入らせるということはしません。

プールに入らなくても水に慣れてもらおうという工夫として、プールを使わずにシャワーを浴びるような感覚で遊べる工夫や、水鉄砲といった水が出るおもちゃなどで興味を持たせて楽しいということを教えたりということをしてみるということもできるかと思います。

どうしても嫌がる子供でもやっぱりプールにいれるべき?

嫌がる子供に対して無理にプールへ入れてしまうと、子供にとってはそれがトラウマになりさらに嫌いになってしまうという事があるので、無理には入れない方がよいです。子供の気持ちに寄り添ってあげて、どうして嫌がるのかという理由を聞いてあげましょう。

恐怖心をなくすようにするには

顔をつけるのが怖いという理由であれば、毎日お風呂に一緒に入ってあげましょう。楽しく遊んであげながら、水に対する恐怖心というものをなくしてあげるということをしてみましょう。

子供が興味を持つようなことの1つとして、タオル1枚で空気を入れてそれを湯船に沈ませてみたり、器用な方は手を使って水を飛ばしてみたりということをしてとにかく楽しいというイメージをつけてあげることが大事です。

お風呂で楽しいとなってきたら、顔洗いごっこで顔に水をつけることをしてみましょう。この時にいきなり顔のすべてをつけさせるということではなく、濡らしても問題の出ないように頬のあたりを水で軽く濡らすということから始めましょう。

嫌がらなくなり平気になってきたら少しずつ範囲を広くしていき、最後には顔全体になり、慣れていくことでしょう。少しでも頑張って入ったら、ほめてあげることをしてあげると子供の自信にもつながり、水に対しての恐怖感を減らす事ができます。

スイミングスクールに行かせるというのは?

この方法というのは、子供が水に対しての恐怖があるので、それを克服させるために行かせてみるということでしょう。確かにスイミングスクールの先生というのは水に対してどのように慣れさせるかという事は長けていると思います。

ですが、プール自体を拒否している子供にとっては、苦痛になる恐れがあるので、まずは子供に対して水に対するマイナスなイメージをなくしてからのほうが無難だと思います。

まとめ

1. プールを嫌がる理由というものがあるので、子供の気持ちを聞いてあげる
2. 水に対する恐怖心というものを取りのぞけるようにしてあげる
3. いきなり行動にするのではなく、ゆっくり水に慣れさせる
4. 慣れさせるために時間をかけて、楽しく遊んであげることからするとよい
5. うまくできたり、少しでも慣れるように努力したらほめてあげる
6. 子供の気持ちに寄り添って、ゆっくり見守る

言葉というものを、大人のように話すことができないからこそ苦労というものがあると思います。自分が子供のときはこうやって克服したと言っても、人というのは考え方というものが全く違うため、同じようにいかないことが多いです。

子供の性格も一人一人違っています。対処の仕方も同じようにいかないこともあると思いますが、温かい目で見守ってあげることも大切です。そして少しでも頑張っているところを見つけてあげて「ここまでやれたね」と言ってほめてあげてください。

少しずつ、成長というものを楽しむ時間というものができ、やがてプールが大好きというところまで成長していきます。無理に押しつけたり強制ということはしてはいけません。子供と一緒に成長の期間だと思い、根気よく見守っていきましょう。

楽しく、プールに行くことができるようになってもらえたら嬉しいです。

【こちらも読まれています】

プールを嫌がる4歳児が水遊びにチャレンジしたくなる声掛けや方法は?
夏になり、暑くなるとこの季節の定番のプールというものがやってきます。4歳の子供がどうしてもプールになると嫌がってという悩みというものが必ず出てくると思います。どうしてプールを嫌がってしまうのか、突然嫌いになってしまうのか。そんな原因になってしまいそうな理由、そして嫌いになってしまっている子供、嫌がっている子供に対してどうしたら好きになってくれて入ってくれるかを見ていきましょう。

コメント