ピアノは何歳から始める?男の子の場合は?恥ずかしがる時はどうする?

スポンサーリンク

ピアノを弾く男の子

こどもの習い事で昔から人気があるのがピアノです。

ピアノを弾くことで、脳が活性化されるなど、脳科学的にも良いと言われています。

こどもに、ピアノを習わせたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

昔はピアノは女の子の習い事というイメージでしたが、最近は男の子でもピアノを習っっている子も増えてきました。

とは言え、男の子でピアノを習わせてみたいと思っても、いざやってみるとなると、こどもが恥ずかしがってしまうんじゃないか心配にもなります。

でも、ピアノが弾ける男の子、かっこいいですよね。

ぜひ検討してみてください。

男の子のピアノは何歳からスタートするのがベスト?

ピアノを弾く大人と赤ちゃんの手

習い事は早いうちから始めた方が上達するイメージがあります。

世界で活躍する人たちも、小さい頃から努力をしていたという話もよく聞きます。

ピアノはいつ頃から始めるのが良いでしょう。

早ければ早い方が良いと思うかもしれませんが、ピアノはそうとは限りません。

ピアノを習い始める判断としては

  • 鍵盤を押す力があること
  • ピアノの前で椅子に集中して座っていられること
  • ピアノに興味があること

小さいこどもには難しいことです。

もちろん個人の性格にもよりますが、小さい頃は、女の子に比べると男の子方が、落ち着きもなく、集中力も無いように感じます。

せっかくピアノを習うのなら、習う準備が整ってからの方が良いと思います。

性格や成長も個人で変わってくるので具体的に何歳に始めた方が良いとはいえませんが、ピアノを習うなら4歳を過ぎてからが良いと思います。

ピアノを習うメリット・デメリットは?脳科学的にはどんな効果がある?

カラフルな絵の具で塗られたピアノ

人気の習い事のピアノ。

ピアノは脳科学的にも効果があると言われているし、男の子がピアノを弾けたらかっこいいです。

ピアノを習わせたいけど、ピアノを買わなくてはいけないかと思うと、とりあえずやってみようという感じに、簡単には決められません。

ピアノを習うメリットと、デメリットとはどんなことでしょうか。

ピアノを習うメリット

脳科学的に認められている

ピアノを弾くには楽譜を見ながら、両手。

ペダルを使うときは足を同時に使います。

このとき脳の広い部分が活性化されています。

集中力が高まり、能力も向上します。

また、楽譜を覚えることで、暗記力、記憶力をきたえることができます。

聞く力も養うことができ、音楽だけでなく、語学にもプラスになります。

音感やリズム感も良くなり、他の楽器を習いたいと思ったときでも有利だと思います。

忍耐力を養うことができる

ピアノが弾けるようになるには、たくさん練習しなくてはいけません。

嫌になることもたくさんあるかもしれません。それでも、ピアノの前に座り、練習します。

そんな経験をしていくうちに、忍耐力がついていきます。

心も育つ

音楽は心に良いです。

感情、表現、空想などを育むことができます。

音楽を聴くことで精神的も安定したり、リラックスしたり、穏やかな気持ちになれます。

ピアノを習うデメリット

費用がかかる

ピアノを習うにはお金がかかります。

月謝だけではなく、楽譜のお金がかかることもありますし、何よりピアノを用意しなくてはいけません。

ピアノを買えば、お金だけだはなく、ピアノを置く広い場所も必要になります。

音が外へ漏れてしまう

ピアノは家での練習が必要ですが、その音が外へ漏れてしまうと、良く思わない近所の方もいるかもしれません。

練習する時間や音の大きさなど、考えなくてはいけません。

家での練習が必要

家での練習は日々の積み重ねが重要です。

こどもが小さいうちは、親も一緒に練習に付き合う必要があります。

ピアノを習わせたいけど、メリットばかりではありません。

デメリットも良く考えてみましょう。

男の子がピアノを恥ずかしがる!どう対処したらいい?

ピアノの鍵盤

ピアノは女の子の習い事というイメージがあります。

最近ではピアノを習っている男の子もとても増えています。

昔に比べると男の子でもかなりピアノを習いやすいと思います。

それでも、昔ほどではありませんが、まだピアノは女の子が弾くというイメージを持っている人もいると思います。

こどもが小さいうちは、こども同士でそんなこと気にしないで練習していますが、だんだん大きくなってくると、男のくせにピアノなんてやってる…という感じでからかわれてしまった。

なんてこともあります。

周りから、からかわれたり、友達は野球やサッカーなどの習い事をしていたりすると、ピアノを習っていることが恥ずかしく思えてくることもあります

せっかくピアノを習っているのに辞めたいなんて言い出してほしくないです。

そうならない為にも、楽しくピアノができるようにしてあげましょう。

楽しいことは、辞めたいとは思えないはずです。

否定的なことを言ってしまうと、ピアノが嫌になってきてしまいます。

励ましてあげて、褒めてあげて、ピアノの楽しさ、男の子がピアノを弾けるとかっこいいことを伝えてあげましょう。

男性のピアニストや、男の子がピアノを弾いている動画などを見せて、恥ずかしくないことを教えてあげましょう

ピアノが上達する練習方法は?子供でもできる?

ピアノを弾く手

こどもがピアノを習っているのなら、親としてはどんどん上達してほしいものです。

こどもの練習には、親のサポートも大切になってきます。

家でのオススメの練習方法をご紹介します。

毎日ピアノに触ること

ピアノが上達するには、少しの時間でも毎日ピアノに触ることが大切です。

日課にできるように、「ピアノの練習終わってからご飯にしよう」など、親がピアノに向かうようにしてあげましょう。

ご褒美をあげる

練習をしっかりしたり、上手にできたときにはしっかり褒めてあげましょう。

小さい子には、シールを貼ってあげると喜びます。

ちゃんと見ていることを伝えましょう。

叱らない

うまく弾けない時もあると思います。

そんな時は、叱ってはいけません。

ピアノが嫌いにならないように、励まして、良いところを褒めてあげるようにしましょう。

まとめ

  • ピアノは早く始る方が良いわけではく、4歳過ぎてからが良い
  • ピアノは脳科学的にも良いメリットもあるけど、費用がかかったりデメリットもある
  • 男の子がピアノを恥ずかしがったら、男の子がピアノを弾けるとすごくかっこいいことを伝えてあげよう
  • ピアノが上達するには親のサポートが大切。たくさん褒めてあげよう

ピアノは男の子にも人気の習い事になってきました。

男の子がピアノを弾いてる姿はかっこいいです。

ピアノが弾けるようになるにはたくさんの練習が必要ですが、脳科学的に良いこともあるなどの、メリットも多くあります。

こどもにピアノを習わせてみてはいかがでしょうか。

【こちらも読まれています】

夏休みに小学生の習い事で埋めるのは可愛そう?夏休みの過ごし方は?
小学生の長い夏休み、子どもの才能を伸ばしてあげる絶好の機会。 勉強も、家でやるよりは学習塾に行った方が身につきそうだし、中学受験も念頭に置いておきたい。 そんな思いから子どもに複数の習い事をさせているご家庭は少なくないでしょう。今は、親世代が子どもだったころにはなかったような習い事も続々登場しています。 子どもも通いたいと言っているけれど、習い事ばかりでは夏休みが楽しくないし、疲れちゃうかなとお悩みではありませんか? 子どもの習い事には、メリットとデメリットがあるのです! そんなお母さんたちに向けて、今回は小学生の夏休みを習い事で埋めた場合のメリットとデメリットはもちろん、中学受験を検討しているお子さんへの情報などを詳しくご紹介していきます。ぜひ参考にしてくださいね!

コメント