親を施設に入れることに罪悪感がある。預けるタイミングは?

車いすを押す男性

在宅介護は大変なんて今更言うことでもありませんが、それでも親を施設に入れることになった場合に罪悪感にかられる、施設に入れることを考えただけで罪悪感が生まれてしまうことがあります。

また親を施設に入れる場合預けるタイミングはどのくらいが良いのか、どのような言葉を伝えたら良いのか悩んでしまうことも多いですね。

そこで今回は、親を施設に入れることになった場合生じてしまう罪悪感との向き合い方をはじめ、施設に入れることになるきっかけやその際にかける言葉などを紹介しています。

親を施設に入れるかどうか、また預けるタイミングに悩んでいる方、罪悪感にかられてお困りの方におすすめの内容となっているので、ぜひご確認ください!

親を施設に入れることに罪悪感がある

親を施設に入れる、入れようと考えている際の罪悪感は、やはり自分の手で介護をしなくなること、親を長年暮らしていた家から慣れない施設での生活にしてしまうことなどの理由が多いです。

そもそも罪悪感とは悪いことや非難されるべきことをおかしたと当人が思っている場合に生まれてくる気持ちなので、この前提として「親を施設に入れる=悪いこと」という思考があります。

しかし決して「罪悪感を感じるから罪である」とは言えず、本来責められるべきでないことを責められ罪悪感を感じる場合があり、今回の場合もしっかりきっかけを見つめ直すことが大切です。

親を預けることへの罪悪感との向き合い方

食事する老婦人

親を施設に入れるのは悪いこと、そう考えてしまう理由としては親が住んでいた家を離れたがらない、自分の手で親を介護しなくなることなどを考え、自分を責めてしまうからです。

しかし親をいきなり施設に入れると決めたわけではなく、必ずそのきっかけ、例えば在宅介護での限界を感じた、自分も病気で万が一倒れたら心配などがあるはずです。

できるだけ自宅で暮らしたいと親が感じるのは当然であり、それをできれば叶えるために努力し在宅介護を長く続けていた場合も多いと思います。

そんな親を施設に入れる、そして介護を他人の手にすべて委ねてしまうのは抵抗感があって当然で、罪悪感を持ってしまうのもまずは当たり前だと受け入れましょう。

しかし例えば在宅介護に限界を感じているのに罪悪感にかられ無理をして続け、介護疲れが限界を超え憎しみに変わってしまうと考えると、施設に入れるのはむしろお互いのためでもあります。

また「介護がつらい、早く終わってほしい」と願いながら介護されているとそれが親に伝わる可能性もあり、そうなると親に「介護をさせてしまってる」と罪悪感を持たせることにもなります。

親を施設に入れるのは間違いなく悩んだ末の結論であるはずなので、数多くある介護の選択肢から「施設入所」というひとつを選んだと考えましょう。

どうしても不安な場合や罪悪感が拭えない場合は、まずはショートステイを利用してみて、そこから少しずつロングステイにしていくと、親も自然に入居しても良いと考えられるかもしれません。

親と自分が共倒れしないための選択が施設入所であり、ひとりで悩まず主治医やケアマネージャーに相談しながら、安心できる施設を探すのが一番の解消方法です。

親も突然見知らぬ施設に入れられるのは当然不安を感じるもの、もし状況的に可能であればこのように少しずつ慣れてもらうと親へのフォローにもなりますね。

親を施設に預けるタイミングは?きっかけは?

車いす

親を施設に預けるきっかけ、施設に入れようと考えるきっかけやタイミングは人によりますが、以下のような場合が多いです。

  • 24時間介護に疲れた
  • 自分も持病があってつらい
  • 仕事ができなくなる
  • 介護に自信がなくなる

こういった理由を見ていくと「在宅介護の限界を感じた」が一番大きなきっかけであり、介護される親、自分どちらもが共倒れになる心配が勝った場合に施設入所を考える方が多いですね。

施設に預ける際や、預ける前に親にかける言葉は?

ハートを持つ人

親はやっぱり長年暮らした家で過ごしたい、また介護を他人の手に委ねることになる施設入所という選択は「自分は見捨てられたんじゃないか」と心配することがあります。

「施設に入ってまで介護される必要を感じない」など自分が介護される側であることを認めない自尊心がある場合も多く、説明がスムーズにいかない場合もあります。

親に説明する際は、施設に入ることが親の命や安全を守る一番の方法だと理解してもらうことが大切で、そのためには説明する本人が施設入所に納得していなければなりません。

「親を施設に入れるなんて」という気持ちで説明してもそれが一番の方法であるとは絶対に伝わらないので、まずは施設側と話し、自分が納得してから説明しましょう。

説明する際は、しっかり自分は親への愛情を持っているということを伝え「見捨てられる」という不安を拭い去ること、施設という新しい居場所を作ることを伝える方法が一番です。

家族の中だけで介護してきた場合はどうしても小さな社会になっているので、介護サービスやデイサービスなどを経験し、他者との関わりが楽しいことであることを理解してもらいましょう。

また親が入る施設、当然知らない間に決められているより一緒に施設を探し、お互いに納得した施設に入居するのが一番です。

どうしても無理な場合は仕方ありませんができるだけ入所する本人にもパンフレットなどを見せて説明し、行きたい場所を選んでもらいましょう。

きらケア老人ホームで親孝行になる施設を探す

介護士

とはいえなかなか納得する施設が見つからない、もっとしっかり情報を得た上で施設を決めたい、とにかく急いで施設を見つけたいなど、施設探しにも悩みはつきものです。

そんな場合におすすめのサービスとして「きらケア老人ホーム」があり、無料登録するだけで経験豊富なプロのアドバイザーに相談してもらいながら施設を探すことができます。

 

 

きらケア老人ホーム対応地域

  • 埼玉
  • 千葉
  • 東京
  • 神奈川

きらケア老人ホームでは24時間の電話対応が無料である、プロが要望に合った介護施設を選んでくれるので、自分だけで探すよりも安心感があります。

きらケア老人ホームは公式サイトに「施設探し依頼フォーム」があり、以下の情報を3ステップで入力していくだけで無料登録が完了します。

  • 入居希望エリア
  • 入居希望時間
  • 予算上限
  • 入居予定者の名前など
  • 相談者の連絡先

登録後に電話もしくはきらケア老人ホームに向かい専門のアドバイザーと相談、多くある施設から希望に合った施設を複数紹介してもらうので、見学を経て入居を決定出来ます。

きらケア老人ホームではしつこい電話営業などもなく無料で親身になって相談してもらえる、もちろん罪悪感を感じる場合にもプロに相談してもらえるとメリットが多く、ぜひおすすめします!

まとめ

親を施設に入れる場合に感じる罪悪感との向き合い方や預けるタイミング、説明方法、おすすめの施設紹介サービスなどまとめ!

 

1:親を施設に入れる場合は自分の手で介護をしないことや親を長年暮らした自宅から引き離すことなどから罪悪感を感じることが多く、それを悪いと思っているからこそ罪悪感を持ってしまう

2:施設に預ける罪悪感は親が家を離れたがらないなどの場合どうしても感じてしまうもの、施設に入れようと考えた理由やそれが一番の結論であることを考え、お互いのためだと理解しよう

3:親を施設に預けるきっかけとしては様々なものの「在宅介護の限界を感じた」という場合がほとんどで、共倒れになるより安心できる施設への入所をと決めることが多い

4:親へ施設入所の説明をするには何よりも説明する本人が施設入所に納得していることが大切、これが一番の方法である、命を守る方法であると愛情を持って伝えよう

5:東京や神奈川など都心部の施設を探すなら「きらケア老人ホーム」サービスがおすすめ、無料で登録しプロのアドバイザーと相談しながら合った施設を見つけられる!

 

親を施設に入れる場合はそもそも親が嫌がる、見捨てられる不安を抱えてしまうためスムーズに進まないことが多く、しっかり納得した上で相談しあうことが大切です。

施設に入れることがお互いのためになる、共倒れにならない一番の方法であることを愛情を持って伝え、預けたあともできるだけ面会に行くなど、お互いの立場になって考えられるようにしましょう!

【こちらも読まれています】

介護施設体験のお礼状の書き方!封筒の宛名はどうする?宛先別例文4選!
お世話になった方へお礼を述べるのは基本的なマナーです。そんな身につけておきたいビジネスマナーの1つであるお礼状ですが、初めてお礼状を書く場合、いろいろ分からないこともありますよね。そこで、今回は介護施設体験のお礼状を例に紹介していきます。

コメント