肝試しのアイデア!保育園の子供がほどよく怖がる肝試しの仕掛けとは?

スポンサーリンク

夏真っ盛りの暑い日にぴったりな行事と言えば肝試しですよね!

保育園でも行事でやるところがあると思います。

でも相手はまだ小さい子供なのでただ怖がらせるだけでは子供の思い出に残らないですよね。

それに、本格的にしすぎてしまえば、子供たちのトラウマになってしまう可能性も!!

でも安心してください!

今回子供たちの思い出に残る楽しい肝試しのやり方のコツ・ポイントをご紹介します!

園内に飾れるお化けのアイデアもご紹介します!

下準備

ルール作り

ルールはここからここまで!や、このアイテムを取って戻ってくる、など簡単なものにしましょう。

あまり難しくしてしまうとルールのことでいっぱいいっぱいになってしまって楽しむどころではなくなってしまうからです。

会場作り

園内で広い場所、もしくは園内全体を使うと楽しいかと思います。

園内で広い場所というと大体お遊戯場など簡易的な体育館のような場所になるかと思います。

その場合は簡易的なコースづくりをしましょう。

スタート地点とゴール地点を決め、1本道のコースでもいいですし、迷路のようなコースでもいいと思います!

あと、窓や光の入る場所はなるべく光の入らないように暗幕などで多い、会場がきちんと暗くなるようにしましょう。

そこに百均などに売っている簡易的なライトを置いたり、子供が怖がるようなアイテムをおくとよいでしょう。

会場内に置くアイテムは子供たちと一緒に作るのも楽しくていいと思います!

後ほどいくつかご紹介させていただきます

雰囲気作り

子供たちの中に恐怖感を出していきます。

雰囲気を肝試しの雰囲気にすることがとても重要になってきます!!

子供たちはまだ「肝試し」というものがどういうものかわかってない子も少なくないはず。

なのであくまでも楽しいもの、ということが子供たちにも伝わるように肝試しで重きに置くのは雰囲気かな、と思います。

もちろん驚かしたり、どんな風に肝試しを進めるかも大事ですが、そこを凝ってしまうと子供たちの記憶に「怖いもの」という記憶の方が強く残ってしまい、楽しいものではなくなってしまいます。

雰囲気づくりと言っても簡単で、部屋の1室をカーテンなどで日の光を遮って暗くします。

もしカーテンで暗くなりきらない場合は、暗幕で窓などを覆い、百均などで売っている簡易的なライトを5つほど部屋に置くとよいでしょう。

その部屋で少し怪談を子供たちに話します。

これだけで充分子供たちに恐怖感が出て肝試しの雰囲気が出ます。

ここまで出来たら下準備は終わりです!!

肝試し本番

肝試しが始まったら、子供たちの様子を見ながら進行していきましょう。

少しでも様子がおかしい子や、体調が悪そうな子はやめさせましょう。

驚かせ方

驚かせ方は、出来る限り手加減しましょう

大人が受けたら笑って流せるくらいの驚かせ方で全然いいかと思います。

例えば声を出して驚かす場合も、明るく普段話しかける程度の声の大きさがいいでしょう

急に物陰から現れる、なども少しゆっくりに出るといいです。

ちなみに声をかける・物陰から現れるなど自分の身体を使って驚かすときに顔はなるべく見えるようにしましょう!

顔を隠す・光で照らすなどしてしまうと誰か認識できずに楽しいの感情よりも怖いが勝ってしまいパニックになってしまいまうかもしれません。

驚かせるポイントも少ない方がいいでしょう。

子供の足で10分ほどかかるコースなら驚かせるのは2~3か所ほどでいいでしょう。

注意すべき点

いつもと違うことをしているので、子供たちも注意散漫になりやすくなり、怪我をしてまったり、他にも驚いてその反動で怪我を、なんてことが起こるかもしれないので怪我の手当てが出来る状態にしておきましょう。

他にも泣きぐずってしまったり、子供同士でふざけ合って喧嘩してしまう可能性など様々な可能性が起こりうることを頭に置いて子供たちのことを見ておいた方がいいでしょう

3 肝試しで使えるもの工作

1で説明した会場に置けるアイテムの作り方をいくつかご紹介致します!

おんぼろ傘お化け

材料

  • 色画用紙
  • トイレットペーパーの芯

使うもの

  • はさみ

作り方

  1. 画用紙を半円に切ります
  2. 大体6等分くらいになるように折っていき、円錐になるように丸めます
  3. 目や口を画用紙で切り貼りして、トイレットペーパーの芯に被せたら完成!

目や口はマジックペンなどで書いてもいいかと思います

・提灯お化け

材料

  • 紙コップ(2つ)
  • 折り紙

使うもの

  • はさみ
  • のり
  • セロハンテープ

作り方

  1. 2つの紙コップの周りに折り紙を貼ります
  2. 紙コップの底側のふちに細く切った折り紙を貼り付けます
  3. 上側になる方に目をつけます
  4. 下側になる紙コップの内側からベローンと出るように舌を貼ります
  5. 3,4で作ったものをセロハンテープでくっつけます。この時ちょっと間を空けて貼り、紙コップをずらして置いたら完成です!

ゆらゆら風船

材料

  • 風船
  • ヘリウムガス
  • たこ糸

使うもの

  • マジックペン
  • セロハンテープ

作り方

  1. 風船をヘリウムガスで膨らませます
  2. 膨らませた風船にマジックペンで顔を書きます
  3. あとはたこ糸をセロハンテープでつけて適当なところに括り付けたら完成です!

いかがでしょうか。

どれも簡単に作れるものになっているので、子供たちと一緒に作ると、子供たちの思い出にも残っていいと思います!

まとめ

  • 下準備で雰囲気をしっかり作り出す
  • 肝試し中は子供たちに細心の注意を
  • 子供たちが「楽しかった」と思えるように

いかがでしたでしょうか。

まだまだ小さい子供たちに肝試しをする、となると意外に難しいところも多いと思います。

しかし、小さいころにしか出来ない体験がきっといっぱいあると思います。

肝試しも子供たちにとって大切な思い出に残るようなものになればいいなと私は思います。

ご参考になれば幸いです。

ここまでご覧いただきありがとうございました

 

【こちらも読まれています】

保育園の夏祭りの感想文、苦手でも書けるヒントを紹介!
保育園で行われる夏祭りは、子どもの保育園での様子が見られて、嬉しく楽しいものです。いつもはいない保護者と園で遊ぶことができ、子どもにとっても楽しい行事の一つでしょう。この記事をご覧になっている方は、保育士さんに夏祭りの感想文を書いて欲しいと頼まれて、困っていることでしょう。書き方がわかれば、誰にでも感想文を書くことができます。その方法を具体例を交えてご紹介します。

コメント