親のクレジットカードを勝手に使うとどうなる?

スポンサーリンク

夫婦で夫のクレジットカードを奥さんが使う、あるいは未成年者が親のクレジットカードを使うことは、厳密に言えば契約違反だと言えます。

本来クレジットカードは名義人しか使わないのがルールです。カードの貸し借り、本人になりすましてサインをして決済することは明らかに犯罪行為になるのです。

子供はあまり深く考えずに親のカードを使うことが多く、親も請求金額が来てからわかるのです。親のカードに味をしめて他人のカードへ。。。なんて最悪な事態にならないようにするためには、親はどうすればいいのでしょうか?

今回は子供が親のクレジットカードを勝手に使うことをテーマにしてみました。他人事と思わずに注意をして読んで下さいね。

契約規約とは

クレジットカードにはカード会社ごとに規約があります。一例を挙げるとこんな文言が書かれています。

・会員本人にクレジットカードを貸与する
・会員はカードの所定欄に自己の署名を行う
・カードはカード上に表示された会員本人以外は使用できない
・会員は他人にカードを貸与、預託、譲渡、担保提供できない
・カード情報を預託、もしくは使用させることは一切できない

実はこうした規約がカードと一緒に同封されているのですが、大半の方は読まずにいるのです。カード名義人、つまり「本人以外」の、例え夫婦、親子でも使用ができないということです。

では子供が親に黙ってクレジットカードを使い決済した場合はどうなるのでしょうか?

子供にクレジットカードを利用されたケース

オンラインゲームなどで子供が親のクレジットカードを勝手に使い決済するケースが増えています。

ご存知のように、ネット決済する際はカード番号と有効期限を入力するだけで完了するのがほとんどです。つまり、カードさえあれば家族以外の誰でも決済ができるリスクがあるわけです。

今回は子供が使ったわけですが、こうした場合に親は支払いを拒否できるのでしょうか?

親がカード管理を怠ったがために子供がカードを使ったケースで親が支払う義務があると裁判で判決が下されたことがあります。

一方で、カード番号と有効期限だけで決済ができるカード会社側にも責任の一端はあるとして、親の支払い責任が免れたケースもあります。

特に、未成年者の場合は民法714条では「未成年者契約の取消し」規定で、保護者が同意していない支払いを拒否できるとされています。

今回の場合、カード会社は親の監督責任で争ったわけですが、裁判所では未成年といえど行為の善悪の判断能力はあるが、民法714条の規定により監督責任はないとカード会社の主張を退けたのです。

親は子供とのコミュニケーションを怠るな

お金に対する感覚がまだわからない子供には、クレジットカードと現金は同じものだと認識させることが大事です。そして、人の財布からお金を盗むこと、カードを盗んで使用することは犯罪なんだと言って聞かせる義務があります。

また、親は安易な場所にクレジットカードを放置しないこと、管理責任が親にはあるんだと肝に銘じることが子供が犯罪に手を染めるのを未然に防ぐ手段として有効なのです。

共有で使用しているパソコンで自動入力していると、自分の知らないうちにカード払いされる可能性が高くなりますので、面倒でも自動入力は解除しておくことです。

自分も子供も傷つかないためにも、クレジットカードは名義人以外の使用は絶対に控えましょう。

その他の対策

例えばクレジットカード決済をした場合に、メール通知を設定をしておくと安心です。

カードが使用されたら必ずメールで通知されるので、本人以外が使用した時のチェックにもなります。

まとめ

1. クレジットカードの契約規約をちゃんと読もう
2. 未成年の子供が勝手にクレジットカードを使った場合は、支払い拒否ができることもある
3. 子供にクレジットカードのリスクを教えておく
4. 親は勝手にカードが使われないように最新の注意・対策をしておく

息子が妻のクレジットカードでゲームなどを等を購入していた事が発覚したので・・・与えた

息子が妻のクレジットカードでゲームなどを等を購入していた事が発覚したので・・・与えた

クレジットカードを使った犯罪が頻発していますが、家庭内でも知らないうちに子供がカードを使って決済する事態も起こっています。親が知らないうちに数十万円から数百万円の請求が来て気づいたなんてこと実際にあるのです。

安易に支払いを拒否すれば、ブラックリストに名義人である親の氏名が載ることもあります。もしこうしたカード支払いでトラブルになったら弁護士に相談をしましょう。勝手な判断で支払いを拒否するととり返しにつかない事態になるかもしれません。

また、何よりも大切なのはクレジットカードの管理を怠らないこと。パソコンに暗証番号やパスワードを記憶させておくことは使い勝手が良いのでついやってしまいがちです。しかし、子供が同じパソコンを使えば簡単にクレジットカード決済を済ますことだって可能になるのです。

子供を犯罪人にしたくないなら親がしっかりと子供に金銭感覚を身につけさせること、さらにはクレジットカードが勝手に使われないように管理していくことが大切です。

【こちらも読まれています】

中学生が親のクレジットカードを無断使用したらどうなる?
未成年の子供が親のクレジットカードを使いネットで商品を購入したり、オンラインゲームの決済に使って数十万円の請求が来たなんてこと実際にあるんですよ。ネット上のカード決済にはカード番号と有効期限を入れるだけで決済が完了するものがあります。特にオンラインゲームは課金が高額になる傾向があり、消費者センターに相談する親もいるそうです。

コメント