王子稲荷神社の狐の行列2019!外国人が殺到する理由は?お面・出店・ルートや時間は?

スポンサーリンク

神社に鳥居

なんだか噂になっている、王子稲荷神社の狐の行列とは?

2019年はどのルートでやるのか?

そもそもどうやって参加するのか?

気になっている方も多いと思います。

ここでは、王子稲荷神社の狐の行列について、そこに外国人が参加する理由、2019年の狐の行列ルート、お面の入手方法、狐の行列の見所3選、稲荷神社が全国にあるわけとそのご利益、などについて詳しくご紹介していきます。

この記事を読んだら、狐の行列に参加したくなること間違いなしです。

王子稲荷神社の狐の行列2019!どんな行事?

狐様のイラスト

王子稲荷神社の狐の行列。

かなり珍しいものに感じますよね。

狐の行列の概要としては、大晦日の夜に狐に扮したひとたちが装束稲荷神社に集まり、深夜、行列を作り、正装をした白狐を先頭に提灯を持ちながら練り歩き、王子稲荷へ参拝するというものです。

来場者数は明らかになっていませんが、2018年には5000人もの外国人観光客が訪れる事態になったそうです。

行列に参加できるのは100人までで、それよりもかなり多くの観光客が行列のまわりを歩く、という状態になっています。

では、いったいどういう由来があって始まったのでしょうか。

ご紹介していきます。

王子には、江戸より前の昔から、大晦日の晩になると関東中から集まった狐たちが、近くのある大きなゑの木(えのき)の木の下で装束を整え、王子稲荷神社に詣でたという伝承があります。

歌川広重が、その模様を浮世絵“王子装束ゑの木 大晦日の狐火”に描いています。

その浮世絵を現代に再現し、「行く年に感謝、来る年に祈り」の除夜詣として、ここを御守りする者同士が集い、1993年の大晦日より「王子狐の行列」が始められました。

ささやかな行列でしたが、それが始まりです。

それ以来、古くからの文化を新しい街づくりに生かそうと、毎年開催されています。

ふるさとの歴史と文化を子供たちに伝え、夢と誇りを与え、子供たちの健やかな成長と幸せを祈り、未来につなぐ命の灯と希望の灯を狐火提灯で表現し、行列をして初詣を行い参加者全員で新年を祝います。

この活動の功績が認められ、平成11年度には狐の行列が街づくり団体自治大臣表彰を受賞しました。

王子稲荷神社の狐の行列に外国人が参加する理由は?

着物を着て踊る女性

では、なぜ外国人が5000人も訪れるようになったのでしょうか?

実は、外国人向けフリーペーパー「タイムアウト東京」にて、「年越しにやるべきこと」と紹介されていたのです。

同誌の編集者によると、

「江戸時代から続く伝統的行事なのに、寛容な受け入れがあることが外国人から高く評価されているのでは」

という言葉が添えられていたそうです。

幻想的な雰囲気もあり、外国人観光客が参加、観光したくなるのもわかりますよね。

外国人が参加するには、日本人が参加するのと同じく、公式ページの参加申し込みから応募することが必要です。

こちらのサイトでは、外国人の方が参加している写真も見られます。

こちらの動画では、外国人の方が観光している様子なども見られます。

平成29年 王子稲荷神社 狐の行列1
平成29年1月1日(日)晴れ 北区王子稲荷神社 狐の行列。毎年大晦日に装束稲荷神社に狐のメイクやお面をかぶって夕方から集結し、年明けとともに約一時間かけ王子稲荷神社へと行列をつくり参拝をする行事。この日は夜中にも関わらず大変な人出で外国人が多く、日本のグローバル化を痛感した。警備の王子署のみなさんお疲れ様でした。

平成29年 王子稲荷神社 狐の行列1

王子稲荷神社の狐の行列2019!お面の入手方法は?出店・ルートや時間は?

狐の親子のイラスト

狐の行列に参加するのは、定員もあり難しいかもしれませんが、狐のお面は、12月31日の正午頃から、王子銀座商店街事務所(東京都北区王子2-30-1)で1,000円~3,500円で販売しています。

出店のような感じです。

行列に参加する人もしない人も買うことができますので、記念にひとつどうでしょうか。

行列のルートは、

装束稲荷神社~王子銀座商店街~北とぴあ前~権現坂ガード~森下通り~石鍋商店前~王子稲荷神社

とうルートになります。

イベントの流れとしては、

12月31日

正午頃~ 王子銀座商店街事務所(東京都北区王子2-30-1)で狐面(1,000円~3,500円)を販売。

14時~ 王子狐村(王子1-13-10 王子一丁目遊び場)で狐顔メーク(500円)。

22時30分~ 装束稲荷神社でかがり火「年越しの儀」、鏡割、祝舞「狐剣舞」の奉納(予定)。

1月1日 午前0時~ 狐の行列出発(装束稲荷神社前)

0時30分~ 「提灯交換の儀」(権現坂)。

0時50分~ 王子稲荷神社参拝「新年の儀」(神楽殿で王子狐囃子、獅子舞の奉納)

となります。

今まででてきていない、知らない言葉がいくつかありますね。

それについて、次で解説していきます。

狐の行列2019のみどころ3選!

並んだ提灯のイラスト

行列のみどころとしては、

12月31日の22時30分頃から行われる

“かがり火「年越しの儀」”…鏡割をし、お神酒を頂いたりできます。

また、祝舞「狐剣舞」の奉納を見ることができます。

次に、12月31日0時30分から

“提灯交換の儀”…権現坂にて、王子稲荷神社から迎えに来た狐と提灯を交換します。

そして、1月1日0時50分から

“新年の儀”…王子稲荷神社を参拝し、神楽殿にて行列で使われた大きな面が掲げられ、舞台で王子狐囃子や獅子舞などの奉納が行われます

などがあります。

どの行事も観光客の方で混雑しているため、しっかりと見ることは難しいかもしれません。

しかし、その場にいるだけで、儀式の雰囲気を味わえ、とても穏やかな気持ちになれます。

豆知識:稲荷神社はなぜ全国にあるの?

神社の正面

そういえば、稲荷神社という名前は、王子稲荷神社に限らず、よく耳にしますよね。

そもそも、稲荷神社とはどういった神社なのでしょうか?

稲荷神社は、

  • 宇迦之御魂神(ウカノミタマノカミ)
  • 豊受大神(トヨウケオオカミ)
  • 保食神(ウケモチノカミ)
  • 大気都比売神(オオゲツヒメノカミ)
  • 宇賀神(ウガノカミ)
  • 三狐神(ミケツノカミ)
  • その他(猿田彦命等々)

という、五穀豊穣のご利益があるとされる神様を祀った神社のことです。

お稲荷さんというと狐を思い浮かべますが、狐は神様本人ではなく、神様に仕える眷属のことなのです。

稲荷信仰は、もともと渡来民の秦氏から伝わったものであり、秦氏の勢力が拡大することにより、その信仰も広まっていきました。

だから日本中に稲荷神社が存在するのですね。

そして、日本で一番有名な稲荷神社といえば、京都の伏見稲荷大社ですよね。

京都の伏見稲荷大社は、全国の稲荷神社の総本宮であり、多くの稲荷神社は伏見稲荷大社の御祭神を分けて祀ったことが起源になっています。

稲荷神社の数は、実は日本で一番多いのです。

よく耳にするのも納得ですよね。

ご利益は、

  • 五穀豊穣
  • 商売繁盛
  • 衣食住に関わるあらゆること
  • 諸願成就
  • 産業興隆

と多岐に渡ります。

ぜひ参拝してみてください。

まとめ

お経を読む狐の坊さんのイラスト

ここまで、王子稲荷神社の狐の行列などについてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

以下にまとめておきます。

  • 王子稲荷神社の狐の行列について
  • 王子稲荷神社の狐の行列に外国人が参加する理由
  • 2019年の王子稲荷神社の狐の行列におけるルート、お面の入手方法
  • 2019年の王子稲荷神社の狐の行列の見所3選
  • 稲荷神社が全国にあるわけとそのご利益

外国人観光客の方まで魅了する王子稲荷神社の狐の行列。

狐として行列に参加できなくても、ぜひ行ってみたいですよね。

狐になり行列に参加したい方は、上記にも書きましたが、応募必須、定員ありなので、応募頑張って下さい!

先着順なので、気合が必要です。

応援しています!!

【こちらも読まれています】

癌封じ神社関東でご利益があると噂の寺社3選!正しいお参り・祈り方
2人に1人が癌にかかるといわれる時代、身近で癌の方がいるという方もいるでしょう。若い人や子どもでも癌にならないという保証はありません。医者にかかる以外に、癌に対してできることはないのでしょうか?ここでは、癌封じで有名な関東のお寺や神社を紹介していきます。

コメント