夫がうつ病に!うつ病の人にかける言葉は?妻として普段の接し方は?

スポンサーリンク

男性の靴とネクタイ

最近、夫が疲れていると感じることありませんか?

数日で元気になれば何も問題はありませんが、しばらくその状態が続くようなら、それはただの疲れではなくて、うつ病の黄色信号かもしれません。

今の時代、うつ病は誰にでもなり得る病気でいつなってもおかしくありません。

さらに、うつ病はある程度知識がないと、接し方、かける言葉を間違えてしまいます。

それは多くの人が思っている以上にうつが本人を苦しめているからです。

うつの人に「頑張れ」は言ってはいけないというのは聞いたことがあるかもしれませんが、もっと些細な言葉でさえ、本人を傷つけ、症状を悪化させてしまう可能性があるのです。

それは、避けたいですよね。

今回はあなたの夫がうつ病と診断された時、妻としての夫への接し方をお教えします。

どんな言葉をかけたらよくて、どんな言葉がダメなのか、どう夫をサポートしていけばいいのかをうつ病の知識とともにお伝えしますので、是非読んでみてくださいね。

夫がうつ病になってしまった!そもそもうつ病とは?

膝を抱えて落ち込む男性

うつ病とは、脳の機能障害が起きている状態のことをいいます。

脳がうまく働いてくれないため、自分がダメな人間だと自己否定の感情を強く抱き、少しのストレスもよりつらく感じてしまうのです。

今、日本では、100人に3~7人という割合でうつ病を経験した人がいるという調査結果があり、厚生労働省が3年ごとに行っている調査では、うつ病を含む気分障害の患者さんが近年急速に増えていることがわかっています。

ただし、うつ病に似た精神疾患もあるので、自己判断せず、必ず医師の診察をうけるようにしてください。

うつ病になると本人は、何をしても楽しくない、今まで出来ていたことでミスが増える、眠れない、だるいなどの症状がでてきます。

周りの人から見て気がつくこともありますよ。

表情が暗い、趣味の時間をもたなくなる、お酒を飲む量が増えた、食欲がない、常に疲れているなどです。

このような症状が2週間以上続く場合は、うつ病の可能性があるので、早め病気に行くことをおすすめします。

初期の段階で治療をすることが早期改善に繋がりますよ。

では、なぜうつ病になってしまうのでしょうか。

実はその答えは、まだ十分には解明されていないのですが、精神的ストレスや肉体的ストレスが原因の場合が多いといわれています。

精神的ストレスとは、身近な人の他界、日々の生活の中でのプレッシャー、周りへの気配り、孤独感など、肉体的ストレスとは、病気による体調不良、ホルモンバランスの乱れなどがあげられます。

これらがいくつか積み重なりうつ病が発症してしまうのです。

その他稀に他の症状で飲んでいる薬の副作用や遺伝子的要因が原因のこともあるようです。

つまり、うつ病になりやすい人の特徴は責任感強い、完璧主義、まじめな人ということができます。

このような人は、何かのきっかけで物事が上手くいかなくなったとき、やりたい自分とできない自分の差に大きなストレスを感じてしまいます。

もしかしたら、夫がうつ病になったのは自分のせいかもしれないと思っている人がいるかもしれません。

でも、うつ病は1つの原因で発病するのではありません。

もし心当たりがあるならそれも原因の1つかもしれませんが、特定はとても難しいので、あまり自分を責めずこれからのことを考えていきましょうね。

うつ病と診断された夫に対して妻がかける言葉は?

医者

うつ病と診断されたとき、「病気のせいだったのだ」と受け入れて安心する人と「まさか自分が」と中々受け入れられない人がいます。

妻であるあなたがすべきことは、診断された本人が今どんな気持ちになっているかわかってあげることです。

どちらの気持ちだったとしても、無理に励ましたりせず、「そうだね」「辛かったね」と同調してあげてください。

始めは受け入れられなかったとしても、気持ちをわかってもらえるだけで、徐々に受け入れられ、治療に前向きになってくれますよ。

あなたが、病気の原因を突き止めようとして、「何が辛かった?」「いつから辛かった?」と聞いたり、病気を受け入れてもらおうと思って「最近のあなたは変だった」など指摘するのはよくありません。

自分でも原因がわからなかったり、辛かったことを口に出していえる状態でない可能性もあります。

自分で少しおかしいと思っていても、他の人から言われるのは嫌なこともありますよね。

ただでさえ、心が弱っているので、発言には充分注意してくださいね。

言葉に迷ったら何も言わなくてもいいです。

ただ側にいて1人じゃないよということを態度で示してあげてください。

もし、本人が自ら辛かったことを話してくれるのであれば、あなたにわかってほしいと思っているはずですのでただ話を聞いてあげましょう。

それに対して意見をいう必要ありませんよ。

うつ病になってしまった夫に日々かける言葉や接し方は?

てをつなぐ男女

うつ病の夫との生活、毎日どんな会話をして、あなたは何をしてあげられるのでしょうか。

かける言葉を気にしずぎて相手の言葉に同調するだけでは会話はなりたちませんよね。

まずは、本人を追い込まない声かけとして、日常のなんでもないことを伝えてみるのがいいでしょう。

天気のことや、一緒に見てるテレビ番組の話、今日あった面白いことを報告するのもいいですね。

ただし、思わず言ってしまいそうな、避けたい話題もあるのです。

まず、夫の友達や近所の人など身近な人の話は避けた方が無難です。

内容によっては、あの人はあんなに頑張っているのに、自分はだめだという思考になってしまう可能性があります。

他にも天気がいいという話から、ちょっと散歩でもしてくれば?というような何気ない提案も避けた方がいいです。

散歩ができる程の元気がなく、また散歩もできなくなってしまったのかとより落ち込んでしまいます。

このように自己否定の感情が大きくなっているため、他人とくらべたり、前の自分と比べて、今の自分はダメだいう思考にたどり着いてしまう声かけはNGです。

逆にいうと、自己肯定の感情をもってもらう声かけはとても効果的です。

次は本人を追い込まない言葉ではなく、前向きになれる声かけを1つ例をあげて紹介します。

例えば、朝起きてカーテンをあけてくれた日、ただ「ありがとう」で終わらすのではなく、少し大げさなくらいで

「カーテンあけられたんだね!すごいね!うれしいよ!」

と言ってみてください。

本人はそれくらいできて当然と思っているかもしれませんが、今までは朝起きるのも辛い状況だったはずなのにカーテンをあけて部屋を明るくしようと思ったことは、すごいことなのです。

本人もそれに気がついてないかもしれません。

でも大進歩です。

このように気持ちを伝えることで、こんなことで自分を肯定してもらえるんだ、と少しだけ自己肯定の感情が生まれ、時には自分の存在意義まで見出すことができるのです。

カーテンでなくても、ご飯を一口でも食べられたときや食べた食器をさげることが出来たときなんかも同じです。

このように、日々の生活の中での少しの変化を見逃さず肯定していくことで、小さな自己肯定の感情が積み重なり、うつ病を改善させる大きな1歩となるでしょう。

それが妻としてのあなたに出来ることなのです。

うつ病は治るの?うつ病の夫を支える妻が気をつけることとは?

コップに入ったペン

うつ病は治りますが、再発率も高い病気です。

うつ病にも種類があり、治療法も治療薬も様々なため、まずは信頼できる先生をもつことが重要です。

一般的には、十分な休養をとりながら適切な薬物治療を開始することで、うつ病の診断を受けてから1~3カ月ほどで症状が軽くなりますが、人によっては半年以上かかるケースもあります。

その後は、調子がよい日と悪い日があるように、症状が波のように上下しながら一進一退を繰り返し、半年を目処に徐々に改善していきます。

治療中は、本人だけではなく、妻であるあなたの以下のようなサポートも必要不可欠です。

病院への同行

本人が正確に話を聞くことができない可能性もあるため、出来るだけ同行してください。

あなた自身も現状を知ることも大切です。

しかし、本人にとって主治医は家族以外の唯一の話し相手でもあるので、あなたは付き添うだけで、会話にはいる必要はありません。

薬の管理

うつ病は治るまで何度も一進一退します。

本人が病気に対して投げやりになってしまったり、調子が良いと過信してしまい、薬を飲まなくなってしまうこともよくあります。

主治医の指示通りに飲まないと、治療が長引くだけでなく、症状が悪化してしまう可能性もあるので、あなたがしっかり管理することでそれを防いでください。

規則正しい生活

睡眠時間を充分にとり、朝昼晩と栄養のあるご飯をしっかり食べ、可能な限り適度な運動をすることもうつ病の治療の1つです。

これは特に1人では難しいのでしっかりサポートしてくださいね。

本人が大きな決断(退職するなど)をしようとしたらとめる

うつ病の時は、判断力も低下しています。

その決断もうつ病が原因の可能性があるため、ひとまずとめてください。

うつが改善してから決めるという方向に持っていくといいでしょう。

アルコールを摂取させない

より判断力を低下させます。

特に調子が悪い時だと、自暴自棄になり自殺の引き金にもなりかねません。

自殺を防ぐ

自己否定の感情があまりにも強くでると、自殺を考えてしまうケースもあります。

防ぐためには身近にカッターナイフやロープなど自殺を連想させるようなものを置かないことが重要です。

本人の様子をよく観察し、いつもと違うようであればなるべく本人の側にいてあげてください。

 

ここまであなたがすべきことを書いてきましたが、なによりも大切なのはあなたの心と体が元気であることです。

常に夫を気にかけサポートし、家事や仕事でヘトヘトの中、夫のマイナス発言ばかり聞いているあなたも相当しんどいでしょう。

うつ病は長期戦です。

あなたが倒れてしまわないように、気を許せる友人に気持ちを聞いてもらったり、短時間でもリフレッシュできる時間を作り、ストレスをためないようにすることが最終的には夫のためになることを忘れないでくださいね。

まとめ

うつ病とは?

脳が機能障害をおこす病気。自己否定の感情を強く抱くことで少しのストレスでもよりつらく感じ、眠れなくなる、いつも疲れている、ミスが増えるなどの症状が2週間以上続く。

うつ病の原因

精神的ストレス、肉体的ストレスが積み重なって発症することが多い。

原因は1つに特定できない。

うつ病になりやすい人

責任感強い、完璧主義、まじめな人がなりやすいと言われている。

うつ病と診断された夫へかける言葉や接し方

相槌をうって「そうだね」「辛かったね」と同調する。

無理な励ましや詮索、指摘はNG。

「何が辛い?」「いつから辛い?」「最近のあなたは変だった」など。

うつ病の夫に日々かける言葉や接し方

日常の何でもない会話をして、夫ができたこと(カーテンを開けられた、ご飯を1口食べられたなど)を喜び、褒め称え、自己肯定の感情をもたせる。

夫の友達や近所の人など身近な人の話は、自分と比べてしまうためNG。

うつ病の治療において、妻がサポートすること

病院への同行、薬の管理、規則正しい生活、本人が大きな決断(退職するなど)をしようとしたらとめる、アルコールを摂取させない、自殺を防ぐ、あなた自身がストレスをためないように心掛ける。

 

うつ病は治療によって治すことができますが、再発も多い病気です。

さらに日によっても症状がかわり、昨日より今日、今日より明日と着実に良くなっていくわけではありません。

見えている症状に一喜一憂せず、どんと構え、ゆっくり焦らず直していくことが1番の近道です。

うつ病を克服した人の中には、うつ病になったことでなる前よりも人生が豊かになったという人も少なくありません。

今まで必死に頑張って生きて築いてきた価値観や生活を改めることで、本当に自分に合った生き方を見つけることができるからです。

うつ病をきっかけにあなたとあなたの夫の人生もより良いものになるように祈っています。

【こちらも読まれています】

家族が手術!言葉をかけるとしたら?手術前後に不安を消す言葉とは?
家族がいざと言うとき、どんな言葉を掛けてあげれば良いのでしょうか。安心させてあげたい、少しでも不安を取り除いてあげたい。でも、どう接したら良いのか分からない。そんなときのため、ここでは、これから手術を控えた家族への言葉がけや接し方について、私自身の手術の経験も交えながら、いくつかポイントをご紹介しようと思います。

コメント