お月見会を保育園でやるねらいとは?お月見会の出し物はどうする?

スポンサーリンク

日本で昔から行われている「お月見」。大人から子どもまで、きれいな月を見ながら、おいしいお団子を食べて収穫に感謝する。そんな素敵な伝統行事を子どもたちにも伝えていきたいですね!

お月見に親しんでもらうためにする保育園でのお月見会。子どもたちはもちろん、知っているようで意味を深く感じていないかもしれない親御さんに、その「ねらい」を伝える必要がありますね。

そのためにお月見について知りたい!と思っている保育園の先生もこれを読めば、どんなお月見会にすればいいかよくわかります!

保育園の先生がお月見会の「ねらい」をどう表現するか、子どもたちにお月見をどう伝えるかなどを紹介していきます。そのほかにも、お月見会での出し物や、給食なども合わせて紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね!

【お月見会を実施しよう!お月見会導入のねらいは?】

お月見会を実施する時期は?

お月見とは旧暦の8月15日に月を眺める行事です。
お月見とは、一般的には旧暦8月15日の「十五夜」をさします

2019年から5年間の旧暦8月15日は以下の通りになります。

2019年 9月13日(金)
2020年 10月1日(木)
2021年 9月21日(火)
2022年 9月10日(土)
2023年 9月17日(火)

この時期に合わせて計画を立てていきましょう。

保護者には園だよりなどで、お月見会の行事について活動のねらいを説明すると思います。ここではその例文をご紹介します。

(例文)
〇月〇日にお月見会を実施いたします。
お月見という伝統行事の意味を知り、親しみを持って楽しめるような活動にしたいと考えております。

(お月見会のねらい)
①0歳~3歳児
お月見がどんなものかを感じてもらう
・保育者とペープサートや絵本、手遊び歌を通してお月見に興味を持てるようにします。
②4歳~6歳児
製作を通して、お月見に親しみを持つことができる。
・保育者とお月見のお供え物を折り紙で制作し飾りつけなどを行います。絵本などを読んで秋においしい野菜や果物が食べられることに感謝する活動をします。ご家庭でもお月見を通してお子さまと楽しい時間を過ごしていただければと思います。

【お月見の由来は?お月見について園児への説明方法は?】

お月見のお話を園児に分かるようにお話ししてみましょう。ペープサートや紙芝居など視覚でわかるような工夫も合わせると、わかりやすくなります。

子どもたちにお月見を説明する例文を紹介します。

①十五夜

夜になるといろいろな形をした「お月さま」がでてきます。
むかしの人はいつも「お月さま」を見て、「丸いお月さまは、三日月になったりしながら15日で、また丸い大きなお月さまになるんだ」ということを知ったので15日目のお月さまを「十五夜」と呼ぶようになりました。

②お月見

秋になるとおいしい野菜や果物がたくさんとれて、おいしく食べられるようになります。「おいしい食べ物をありがとう」の気持ちをこめて、お月さまをながめるのが「お月見」です。

③すすき

お月さまにいる神様はお米になる「稲穂」にきてくれるのですが、お月見の時にはお米になってしまうので、そっくりな「すすき」をかわりに飾ります。

お月見で飾った「すすき」をおうちの屋根の下に飾っておくと、1年間病気にならないって言われています。だから、元気で過ごせるように、おうちの人とお月見をして、「すすき」を屋根の下に飾ってくださいね。

④お月見だんご

むかしの人は「里芋」という「おいも」を、お月見で飾っていました。いまは白くて丸いお月見だんごをかざります。白くて丸い「おだんご」で、お月さまを作ってお供えしているのです。

その「おだんご」を食べると、元気でいられて、幸せになると言われています。だからお月見をしながら、おだんごを食べるんだね。

子どもたちには難しい説明をするよりも「お月見」という伝統行事に親しんでもらうのが目的です。お月見は収穫に「ありがとう」と感謝することや、お月見をすると元気になると言われていることをお話ししてあげましょう。

【お月見会では何をする?お月見会の出し物アイデア5選!】

お月見を子どもたちに親しんでもらえる出し物を紹介します。

①ペープサート

【動画】9月の保育製作 お月見うさぎのペープサートでシアター遊び

9月の保育製作 お月見うさぎのペープサートでシアター遊び

画用紙を背景にするだけでシアター遊びができます。童謡『うさぎ』に合わせてめくると、夜空に大きな月が現れる仕掛けです。

②手遊び歌

【動画】だんごだんごくっついた

【手遊び歌】だんごだんごくっついた|HAPIKUチャンネル

小さなお子さんでも、まねができる可愛い手遊び歌です。

③朗読劇

【動画】おつきみどろぼう

お月見どろぼう

中秋の名月に各地で行われている「おつきみどろぼう」をモチーフにしているそうです。

④制作

【動画】クラフト折り紙十五夜お月さまウサギのお月見~作り方解説付き

クラフト折り紙十五夜お月さまウサギのお月見~作り方解説付き

かわいいうさぎとお月見団子、すすき、お月さまを作ってみんなとお月見を体験しましょう。

⑤絵本読み聞かせ

【動画】ボンジュール おはなし 「おつきみ うさぎ」

ボンジュール おはなし 「おつきみ うさぎ」

「お月見」をするためにすすきを取りに行った子どもたちのお話です。

【お月見会の飾り付け!団子の並べ方は?すすきはどこで手に入れる?】

団子の並べ方

十五夜には、十五にちなんで15個お供えします。また、1年の満月の数にあわせて12個(閏年には13個)、15を簡略して5個にする場合もあります。ここでは15個の団子の並べ方を紹介します。

1段目に9個(3×3)、2段目に4個(2×2)、3段目に2個を盛ります。
3段目の2個は、神事では正面からみて縦に2個並べます

すすきはどこで手に入れる?

すすきは河川の土手沿いとか線路沿いに多く自生しています。幹線道路沿いはあまり見かけませんが、1本入った道路の街路樹の根元なんかに生えています。

河原で取る場合は虫がたくさん付いて来る可能性があるので、すすきをよく払ってから車に入れましょう。

葉の縁は鋭く、触ったまま手を動かすと皮膚を切ってしまうので、軍手を使ってくださいね。また、花粉症のアレルゲン植物の一つなので、イネ科植物のアレルギーをもつ人が家族にいる場合は控えたほうがいいでしょう。

お月見会の飾りつけ

暗い背景にして、お月さまや、お団子を貼り付けると明るい色が際立って雰囲気がでます。餅つきをしている「うさぎ」だけではなく、周りにかわいらしい動物がいるとにぎやかになりますね。

【お月見会のおやつや給食は何がよい?おすすめの献立は?】

小さいお子さんに「月にはウサギさんがいて餅つきしているんだよ」とよく話しますよね。それをイメージして「うさぎ」「満月」「お星さま」「おだんご」などを握ったり型を取ったりして給食やおやつに出しましょう。

お月見スープごはん

【動画】[1歳から]可愛いうさぎに心もほっこり!お月見スープごはん

[1歳から]可愛いうさぎに心もほっこり!お月見スープごはん|ママ 赤ちゃん 初めてでも簡単レシピ 作り方 recipe

1歳くらいのお子さんには、食べやすい「お月見スープ」がおすすめです。

うさぎいなり寿司

【動画】[幼児食]お月見の簡単デコ!うさぎいなり寿司

[幼児食 ]お月見の簡単デコ!うさぎいなり寿司|ママ 赤ちゃん 初めてでも 簡単 レシピ 作り方

うさぎさんをモチーフにして、手でつかんで食べれる「いなり寿司」はいかがですか?

お月見つくね

【動画】中からとろ〜り!うずらのお月見つくね

中からとろ〜り!うずらのお月見つくね | How To Make Egg Minced meatballs

お肉が大好きなお子さんたちには、お月さまが中に入っている「お月見つくね」が人気です。

主食のご飯などは、人参をみじん切りにして醤油・酒・塩を入れ炊き込んだ「人参ご飯を、うさぎの形に型取りしても可愛いですね。

【子どもたちと楽しくお月見会をしましょう】

保育園でのお月見会について、ご紹介しました。
簡単にまとめますと以下のようになります。

①お月見とは旧暦の8月15日に収穫に感謝して月を眺める行事。
②お月見という伝統行事の意味を知り、親しみを持って楽しめるのがねらい
③子どもたちにはペープサートや紙芝居など視覚でわかるような工夫を。
④団子は1段目に9個(3×3)、2段目に4個(2×2)、3段目に2個を盛る。
⑤すすきは河川の土手沿いとか線路沿いに多く自生している。
⑥飾りつけは暗い背景に月や団子を貼り付けると明るい色が際立つ。
⑦給食やおやつは「うさぎ」「満月」「お星さま」などを盛り付け。

子どもたちがお月見に楽しいイメージをもってくれたら嬉しいですね!

 

【こちらも読まれています】

灯篭作り方を簡単な順にご紹介!保育園や保育園のお話会にお薦めです。
灯篭の光って綺麗ですよね。灯篭を川に流す灯篭流しは神秘的で美しいです。ろうそくをたくさん並べて神秘的な空間を作る、キャンドルナイトが流行していますが、日本人なら日本人らしく、キャンドルよりも灯篭を使って神秘的な空間を作ってみませんか?今回は置き灯篭の作り方を難易度別にご紹介します。

コメント