織姫と彦星が着ているものは?着物と何が違う?

スポンサーリンク

皆さん1度は見たことのある織姫と彦星のイラスト。何も気にせずに見ると着物と思っている方が多いと思います。

しかし、実は着物ではないのです!!今回、一体織姫と彦星が着ているのはなにか、書いていこうと思います。

まず七夕ってどこのお話?

皆さんが知っている七夕といえば、織姫と彦星は真面目で仕事をきちんとこなしていたが、二人は出会い、恋に落ちると仕事もしなくなり怠けてばかりなので、天帝が怒り、二人を引き離すが、会えなくなったショックにより余計に何もしなくなり、1年に1度だけ会うことを許された。

それが7月7日というわけなのですが、元々この話は日本の話ではありません。元々は中国の牛郎織女(ぎゅろうしゅくじょ)というお話が元になっています。

一応日本にも七夕に当てはまる話はあるのですが、私たちとは馴染みのない話になっていました。気になる方は「天稚彦物語」で調べてみてください。

着ている服は着物?

一般的によく見られる服は下のような画像だと思われます。

こちらの服、よく見れば着物とは全く違うと思います。こちらは、「漢服」といい、中国での正装にあたる服です。こちらに伝わっている話が中国のお話なので、まぁ服も中国のものになりますよね。

ちなみに着物に似ているように見えるのは、元々のデザインが一緒だからです。大陸から伝わった服がそれぞれに独自に進化したようですね。

色は何色でもいいの?

見た限りだと彦星は青色、織姫は赤、ピンク色が多いですが、別に決まっている、というわけではないようですね。なのでお好きな色でカラフルにするのもいいかもしれませんね。

ちなみに七夕飾りには色ごとに願い事があります

みどり 木・仁・織姫
あか 火・礼・星
きいろ 土・信・彦星
しろ 金・義・天の川
むらさき 水・智・宇宙(願い事)

色は陰陽五行説からきているそうです。それぞれ願い事をこめた色の彦星、織姫を作ってみるのもいいかもしれませんね

まとめ

・七夕は中国から伝わった
・服も中国の「漢服」というもの

いかがでしたでしょうか。意外に知らない方も多かったのでは、と思います。私も調べながら知らないことばかりだったので驚きました。

何かの際にはぜひ思い出していただければ、と思います。ここまでご覧いただきありがとうございました。

【こちらも読まれています】

七夕の工作乳幼児でも作れる飾り3選!
七夕になると保育園などでは工作をして、園内に飾ったりしますよね。でも乳幼児は出来ることが限られてて悩みますよね。なので今回は乳幼児でも作れるものを紹介します!!

コメント