大玉転がしのタイトル、幼稚園では何がおすすめ?アイディアをご紹介!

スポンサーリンク

みんなが一度はやったことがある、大玉転がし

運動会の競技のひとつだったりしますよね。

今回は幼稚園の子供たちが大玉転がしに挑戦!

タイトルさがしや子供たちへの指導と大変な先生達に、大玉転がしをすることになった時の指導法や興味をひくタイトルなど参考になることをいろいろまとめてみました。

大玉転がしのタイトル、幼稚園向けのおすすめアイディアはこれだ!

運動会のプログラム作り!

幼稚園らしくかわいらしいプログラムをと考えたとき、ただ「大玉転がし」ではつまらないですよね。

そこで、大玉転がしを別のタイトルとしたらどんなのがあるかな?とアイデアをいくつかあげてみました。

「ちからをあわせてゴーロゴロ」

(お友達と一緒にがんばらないとボールはころがらないよ)

「おおだま、まっすぐすすむかな?」

(上手におせないとボールはあっちこっちへいっちゃうよ)

「おおだまコロリン」

(ころがしをかわいらしく)

「ころがしてみようかい!?」

(妖怪ウォッチが流行っていたころこども達の流行を取り入れて)

こども達が見てこれはこのことなんだ!と理解できるようなタイトルをつけるのがいいですよ。

大玉転がしのルール、幼稚園児向けにはどう説明すればいい?

大玉転がしのルールはみなさんご存知のようにこちらですね。

  1. 二人一組になる。
  2. 「よーい、どん!」の合図で、ボールを二人で転がす。
  3. 次の2人組にバトンタッチ!
  4. 2と3を繰り返す

簡単なルールなんですが、こども達にはすぐ理解できないことです。

そこで、幼稚園児にはどのように説明してあげるといいのかアドバイスを教えます!

まずルールですが

「大玉転がしは、大きいボールを向こうにいるお友達にとどけるゲームだよ!」
「みんなより大きなボール、お友達と一緒におしてとどけられるかな?」

こども達は新しいことに興味いっぱいです。

これはこんなゲームなんだよ!こんなに大きなものを使うんだよ!お友達に届けられるかな?

こどもの興味をそそるような言葉がけをしてどんな競技なのか教えてあげるといいですよ。

次に、どんな風にやるのかを説明するときは、

この大きなボール、一人でおせるかな?まっすぐころがせるかな?

(一人でおすとどんなかんじなのかを体験させるのもいいですね)

一人だとまっすぐいかないね・・・じゃあどうしようか?

(こどもに質問して考えさせてみてください)

二人ならおせるかな?やってみようか?

(とにかくこどもには実際やってわからせてあげることが一番です)

二人ならまっすぐころがせたね!こんな大きなボールがまっすぐころがせたよ。すごいね~!

(自分たちにもできたよ!と感じるとこどもはがんばるぞって意欲がわきます)

じゃあ、このボールをペアの子とおしていって向こうにいるお友達にわたしてみようね

(じぶんとペアの子はだれかな?むこうにいるお友達はだれかな?)

これはとても大事なことです。

自分が一緒にやるお友達はだれかな?おとなりにいるかな?

毎回の練習の時に確認してあげると本番迷わなくなります。

むこうにいるお友達にボールがわたせたらゴールだよ!がんばろうね。

(成長段階にもよりますが、幼稚園のこども達は興味のあることはすぐ理解しできるようになります。なにをしたらゴール?を教えてあげることが大事です。)

こどもの気持ちを考え、子供の気持ちにあわせるようにルール説明してあげてください。

こどもはやってみて楽しいことだと思うとやる気がすごいです。

大玉転がしのコツは?必勝法やおすすめ練習法もご紹介!

ルールが説明できたら、次は練習ですね!

こども達は、とにかくやって体に覚えさせるです。

まずコツですが

  • ボールが手からはなれないこと
  • お友達との間があかないこと
  • ボールの真ん中を一緒におせるようにペアの子とは身長をあわせること

そしてなにより

  • お友達と協力してやる!

これが一番大事なことです。

とくに男の子はがんばるぞ!勝ちたい!って気持ちから勢いよくボールをおすところがあります。

でも、一人でがんばるとボールは手からはなれ変なところに転がっていってしまいますよね。

たまにペアの子がボールに触れていないという場面を見たことがあります。

お友達と協力する!はこの先も大切なこと。

大玉転がしをとおして、協力するということを学ばせるいい機会になりますね。

ボールを転がすことのほかに、ボールを次の子にバトンタッチした時どのようにしたらいいのかも練習が必要ですよ。

反対側にいるお友達にボールをわたす時、ボールを運んできた子達が左右にわかれる練習をしないと、ボールにあたってしまいます。

ボールにあたってはじきとばされたりしたらケガをしてしまいますよね。

なので、その部分の練習はちゃんとしなくてはいけません。

とばされたりしたら恐怖心になってしまうので気をつけて練習しましょう。

大玉転がしの大玉の作り方は?業者に手配する方法は?

ここまでいろいろお話をしてきましたが、大玉転がしをする前に大事なことがありますね!

それはなんといっても、大玉を用意しなくてはなりません。

大玉はどのようにしますか?

手作り?レンタル?業者にお願いする?

参考になればと、大玉について調べてみたました。

大玉の構造は、【二重構造】 外側はビニール・内側は分厚いゴムの風船になっています。

作り方は?

分厚いゴムの風船を用意して外側にビニールを貼り付ける。

こどもが手に触れるものなので、さわって痛くないようにちゃんと補修をすること。

大きさはこどもの目線より上はだめです。

ちゃんとこどもが手でおしながら前が見えるように調整してください。

購入、レンタルの場合

業者に依頼する際の費用ですが、今後も使用することを考え購入する場合、大玉 直径70cmくらいで24,000円くらいからありました。

在庫があれば注文したあと1.2日くらいで届くところが多いですね。

またレンタルでは、3日間で10,000円くらいからありました。

大玉は小さくして収納などできないものなので、収納場所の関係でレンタルすることも一つの案です。

調べてみると値段も大きさもさまざまなので、こども達に成長に合わせたものを用意するようにしてくださいね。

まとめ

今回は、大玉転がしについてのアイディアを、幼稚園のこども視点から考えいろいろまとめてみましたがどうでしたか?

まず、タイトルですが・・・

  • 転がすを【ゴーロゴロ】や【コロリン】など可愛らしくかえてみる
  • 【ちからをあわせて】や【いっしょに】など協力することを連想させる言葉をいれる

誰がみても、これは大玉転がしのことなんだと理解できるタイトルにすることが必要でしたね。

次に、こども達へのルール説明や練習方法でしたが大事なことは・・・

  • こどもの気持ちを考え、こどもの気持ちにあわせるようにする
  • やってみたい!たのしそう!と思える言葉がけをする
  • こどもがボールにぶつかりケガをしないように気をつける
  • 協力して最後まで頑張ることを教える

幼稚園児には、ただ説明をして教えこむだけではダメです。

理解できない子もいるので、こども達の興味をひく言葉を取り入れながらやることが大事なことでしたね!

大玉に関しては、手作り・レンタル・購入がありました。

幼稚園の収納場所や今後の使用状況を考慮してどうするか考えてください。

自分より大きい玉を転がす姿は、一生懸命で誇らしく協力して頑張る姿は成長を感じられます。

こども達にとって、楽しい大玉転がしになるよう、アイディアを参考にして作り上げていってくださいね。

 

【こちらも読まれています】

全員リレー必勝法!順番が鍵!走順の決め方やバトンパスの練習方法は?
運動会などで大きく盛り上がるイベントといえばやっぱりリレーで、その中でもクラスの全員が参加し学年などで対決する全員リレーは非常にアツくなる競技です。 そんな全員リレーを頑張るための必勝法、例えば走る順番やバトンパスの練習などはぜひチェックしておきたいところですよね。 ここでは運動会などで最高に盛り上がる全員リレーについて、必勝法や走る順番、ミスしたくないバトンパスの練習方法などを紹介していきます。 クラスの団結力を強める意味でも頑張りたい全員リレー、ぜひ早くから必勝法をチェックしクラス全員で頑張れるようにしていきましょう!

コメント