PR

ワンマン社長との付き合い方完全ガイド!パワハラ防衛策と対処法は?

あなたが入社予定の会社の社長は「ワンマン社長」でしょうか。

「ワンマン社長」とは「チームで経営するのではなく一人で経営をしている経営者」のことを意味しています。

「ワンマン社長」という言葉は良い意味でも悪い意味でも使われる言葉です。

しかし、日本では良くない点が目立ち、「ワンマン社長=悪い」というイメージが先行しています。

入社する企業もしくは取引先の社長が、悪い意味でのワンマン社長だった場合、あなたはどうしますか。

ワンマン社長との上手い付き合い方はあるのでしょうか。

ワンマン社長と上手に付き合っていく方法は意外と多くあります。

ポイントを押さえれば簡単に馴染めるかもしれません。

今回はワンマン社長との上手い付き合い方を新卒社員・中途社員・取引先の3つの立場からお伝えしていきます。

ワンマン社長の特徴とは?

ワンマン社長と一括りに言っても特徴は人によってさまざまです。

まずは、ワンマン社長のよくある特徴を知りましょう。

なぜワンマン社長が生まれるのか

創業したばかりの企業などはチーム経営をする環境が整っていないので、必然的にワンマン社長になってしまいます。

しかし、ある程度歴史がある企業になると、これまで一人で会社経営の全責任を負い、会社を存続させてきたという成功体験が傲慢な悪い意味でのワンマン社長を生み出してしまうのです。

ワンマン社長の特徴5つ

主なワンマン社長の特徴として5つ挙げられます。

  • 自分を絶対的な存在だと思っている
  • 言うことを聞く部下を周囲に配置する
  • 当たり前のようにサービス残業をさせる
  • 部下を信用していない
  • 自分のミスを社員に押し付ける

これだけみるとかなり嫌な人に見えますが、上手く付き合っていく付き合い方はあるのでしょうか。

新卒社員・中途社員・取引先の3つの立場から順に見ていきたいと思います。

ワンマン社長との付き合い方のポイント3選!【新卒社員の場合】

新卒社員として就職する場合、どこの企業に就職するときも同じですが、「親しい人がいない」「会社の雰囲気がわからない」とかなり不安だと思います。

さらに、ワンマン社長の会社に就職するとなると「パワハラ・セクハラがあるのでは」と思うかもしれません。

そんな環境でのワンマン社長との上手な付き合い方をお伝えしていきます。

新入社員としてのワンマン社長との付き合い方のポイントは3つです。

  • 元気よく笑顔で挨拶を
  • 敬語をきちんと使う
  • 喜びはおおげさに

新入社員として入社する場合、味方になってくれる人もいませんし、実績もありません。

なので、社会人としての最低限の礼儀を意識することが大事になってきます。

この3つのポイントを押さえることによって社長のあなたへの印象が良くなります。

ワンマン社長も人間ですから、良い印象の人へ悪い対応はしません。

また、社長だけでなく周りの人への印象も良くなります。

そうすることによって、助けてくれる人や味方になってくれる人、悩みを聞いてくれる人が現れます。

入社当時よりも環境が必ず改善します。

では、中途入社の場合はどうでしょうか。

ワンマン社長との付き合い方のポイント3選!【中途入社の場合】

中途入社の場合、あなたの能力が認められて採用されているわけですから、新入社員ほど簡単にはいきません。

中途社員としてワンマン社長と上手く付き合っていくポイントをご紹介します。

中途社員としてのワンマン社長との付き合い方のポイントは3つです。

  • 社長に意見が通らない立場の人は、通る立場の人に言ってもらう
  • Yesマンに徹する
  • 圧倒的な成果を出す

なぜこれらが上手に付き合うポイントになるのか、理由をみていきましょう。

意見が通らない場合、意見が通る立場の人に言ってもらう

ワンマン社長はお気に入りの人の意見ばかり聞く傾向があります。

まだ会社に入社して間もないあなたが何を言っても聞いてもらえない可能性があります。

そのため、意見の通る人から社長に提案する方が円滑に物事を進められるのです。

Yesマンに徹する

ワンマン社長は言うことを聞く部下を周りに置きたがります。

逆に、言うことを聞かない人に対して冷たい対応を取ることが多いです。

なので、本心では社長に不満を抱いているとしても、まずは、社長に気に入られるようにYesマンに徹しましょう。

圧倒的な成果を出す

ワンマン社長はやはり経営者なので、会社にとって大きな利益を出す人材は手厚い待遇をします。

ですから、圧倒的な成果を出すことによって悪い扱いを受ける可能性が低くなります。

ワンマン社長との付き合い方のポイント3選!【取引先の場合】

最後に、取引先の社長がワンマン社長だった場合の付き合い方についてお伝えします。

取引先の社長がワンマン社長だった場合の付き合い方のポイントは

  • 社長が身につけていない知識を身につける
  • 社長のお気に入りの人材と仲良くなる
  • 第三者を利用して関心を持ってもらう

の3つです。

社長が身につけていない知識を身につける

理解できない知識を身につけ発揮することで社長に評価されます。

そして、理不尽な要求が減ったり、提案が認められやすくなったりします。

社長のお気に入りの人材と仲良くなる

ワンマン社長は自分の気に入っている人を周りに置く傾向があるので、それを利用しましょう。

お気に入りの人材と仲良くなることで社長に進言してくれる人を確保することができます。

その人に進言をしてもらってから商談をすると円滑に進みます。

第三者を利用して自分に関心を持ってもらう

ワンマン社長はこれまで一人で経営者として会社を大きくしてきました。

そのため、少なからず「自己流」というものが存在しています。

その自己流を正面から否定しても耳を傾けてもらえません。

ですから、社長のやり方や考え方を尊重した上で、「第三者からこのような良い情報を聞いた」という形で自分の考えを述べ、関心を持ってもらいましょう。

ワンマン社長からパワハラ・セクハラを受けた場合の対処法や防衛策は?

ワンマン社長との上手な付き合い方のポイントをご紹介してきました。

しかし、上手くいかず、パワハラやセクハラを受けてしまうことになってしまった場合どうすればよいのでしょうか

ワンマン社長からのパワハラ・セクハラを受けないための防衛策は、やはりYesマンになることです。

気に入っている社員に対しては悪い扱いをしません。

あなたの意見も聞き入れてくれる可能性も高くなります。

社長に気に入られるように上手く立ち回りましょう。

それでも受けてしまった場合、強い意志でNOと言うことです。

社長を恐れて何も言えず、心が病んでしまっては元も子もありません。

たとえ会社をクビになったとしても拒否することが大事です。

ワンマン社長にストレスを感じた時のおすすめ解消法!

どんなに上手く立ち回っていたとしてもストレスは感じてしまうのです。

ここではストレスの解消方法をご紹介します。

おすすめのストレス解消法は

  • 別の職場の友人に話す
  • 自分なりの気分転換をする
  • 転職

の3つです。

別の職場の友人に話す

別の職場の友人に話すことで脳内が整理され、ワンマン社長のどの部分にストレスを感じているかが明確になります。

また、あなたのことをよく知っている友人であれば、何か良いアドバイスがもらえるかもしれません。

自分なりの気分転換をする

やはりストレス解消には気分転換が大切です。

ランニングで身体を動かしたり、家で読書をしたり、旅行が好きなら弾丸旅行に行ってその場を楽しむのも良いと思います。

大事なのは笑顔になることです。

笑顔になることで弱っていた心が少し軽くなるでしょう。

転職

働く環境を根本的に変えてしまうことでストレスを解消する方法です。

ストレスの原因である社長の下ではこの先ずっとストレスが溜まり続けるでしょう。

それが積もりに積もって限界を迎える前に、今いる環境から脱出することを検討してもいいのではないでしょうか。

最後に

 

ワンマン社長との上手な付き合い方のポイントまとめ

  1. ワンマン社長は一言でいうと傲慢な人
  2. 新入社員は実績がないからこそ社会人としての礼儀を大切にすること
  3. 中途社員はYesマンに徹しながらも社長のお気に入りの人を利用して自分の意見を伝えること。そして、圧倒的な成果を出すこと。
  4. 取引先の場合、社長の知らない知識を身に付け、社長のお気に入りと仲良くなり、自分に関心を持ってもらうこと

どんなワンマン社長も人です。

自分にとって利益のある人は悪い扱いをしません。

そこを利用して、社長に気に入られるよう社長を観察することから始めましょう。

そして、どうしても辛くなってしまったら逃げることも選択肢として考えましょう。

逃げることは恥ずかしいことではありませんよ。

タイトルとURLをコピーしました