怒りすぎによる子供への影響は?怒りを制御した育児とは?

スポンサーリンク

怒っているお母さん

急いでいるときやイライラしているときに、子供がわがままを言ったり間違った行動にでると反射的に叱ったりしますよね。

頭ではいけないとわかっていても、つい大きな声が出てしまって怒りすぎることもあるかと思います。

なぜ怒ってばかりの育児になってしまうのでしょうか。

怒りすぎてしまったあとにハッとして後悔する、自己嫌悪に陥る…。

その繰り返しで、子供への影響も気になるところです。

でもそんなあなたでもきっと、子供が生まれてから思い描いていたのは怒ってばかりの育児ではなかったはず。

育児や教育って本当に難しいし、これだ!という正解や王道はないと思います。

怒ってばかりの繰り返しから抜け出したいと感じている方へ、これから紹介する内容が少しでもヒントになればと思います!

子供にイライラ!怒り過ぎると子供への影響はある!?

怒られる頻度が多いと子供へはどのような影響があるのでしょうか。

教育の分野や心理学などからいろいろな見解が出ています。

ですがまず、すべてよくない影響だと考えていいでしょう。

いつも叱られてばかりの子は、だんだんと自分は何をやってもダメだと思うようになります。

少しでもうまくいかなかったり失敗すると、やっぱり自分にはできないとすぐに諦めてしまいます。

これって、すごく残念なことです。

それでまた親は「何ですぐ諦めるの!?」と怒ります。

そうなるともう負のスパイラルでしかないですよね。

また、同じことで何度も怒られるとそれが大したことではないと感じるようになります。

例えば勉強に関して、テストの点が悪かったら「何で勉強しないの!?」とか宿題に誤字やミスがあったら「ちゃんと覚えてないとダメでしょう!?」「いつも言ってることだよね?」などいちいち怒ります。

すると子供は「いつも勉強勉強って、そんなに勉強って大事?勉強ができなくてもエライ人はたくさんいるし、もっと他に大事なことがあるはずだ」と思うようになります。

子供の心のよりどころって、親しかいないですよね。

その親から毎日のように怒りを浴びせられたら…。

ほかにも多くの点で影響があるようですが、怒られ続けた子どもは心が委縮してしまい、「攻撃するか」「防御するか」の二択に行きつくとされています。

具体的には、知らんぷりやウソをついたり(防御)、暴力で反抗したり弱い子をいじめたりすること(攻撃)などです。

親の身勝手な感情が、小さな子供の心に大きく影響しているなんて悲しくなります。

怒り過ぎるのはなぜ!?怒りを鎮める制御のかけ方とは!?

泣いている女の子

「ここまでは許せるけどこれ以上はダメ!」

誰でもある一定の境目に怒りが爆発すると思いますが、いつも怒っている人はその閾値(いきち)が低いのかもしれません。

公共の場でお母さんが子供に怒っているとき「えっ、そんなことで?」という場面を見かけます。

価値観は人それぞれ違うことはもちろんだと思います。

でも自宅などではそれ以上に些細なことで怒ってるんだろうなと想像してしまいます。

ついイライラしてしまいますが、怒りを抑える方法やコントロールの仕方があるのをご存知でしょうか。

「アンガーマネジメント」とは怒りをコントロールすることです。

「アンガー」とは英語で怒りのことを指し、この手法は教育の場や一般企業の研修でも取り入れられています。

そのうち3つだけですが手法を紹介します。

1.子供への期待が高すぎる

理想と現実がかけ離れていることが気に入らない=怒りにつながっています。

Must(絶対○○でなければならない!)でなくWant(できれば○○してほしいな…)に気持ちを切り替えて、子供に過剰な期待をかけることをやめましょう。

2.子供のせいにしない

目の前で起こっていることについ気持ちが行ってしまいますが、どうしてそうなったかを一歩引いて考えてみてください。

子供がうまくいかなかった理由は?

そうなる前に親として手伝ってあげられることはなかったでしょうか?

口出しするだけでなく、陰ながら手助けしたり導いてあげることも親の役目ですよね。

3.呼吸を整えてリラックスする

カッとなって衝動的に怒っていませんか?

怒りに任せて怒鳴っていると、だんだん気持ちがエスカレートして止まらなくなった経験はないでしょうか。

そんなときは深呼吸をしてみてください!

実は、まず吐いてから吸うのがおすすめです。

イラっとした気持ちで何か反論しようとしたとき、みなさんきっと吸ってから声に出してますよね?

カッとして大声を出す前にまず息を吐くことで気持ちを静めます。

そうするとそのあと吸える量が違います。

イライラを追い出すつもりで3回ほど繰り返すと、だんだん気持ちが落ち着いてきます。

また、つい怒ってしまうようなストレスの原因が子供以外にも考えられるのではないでしょうか。

夫婦の不仲や姑・小姑問題、仕事上のストレスなどで子どもに当たってしまっては、ちょっとかわいそうですよね。

アンガーマネジメントは子育て以外でも役に立ちそうな方法かもしれません。

子供はどう思っている!?怒り過ぎる母への思いとは!?

お絵描きしている女の子

いつも怒られている子供の気持ちはどうなのでしょうか。

これは私の身近な人の話ですが、弟の赤ちゃんが生まれお姉ちゃんになった子のことです。

お母さんは生後間もない赤ちゃんに手を取られ、これまでは叱らなかったこともお姉ちゃんには厳しく求めるようになりました。

お姉ちゃんは「どうせ…」とか「○○(赤ちゃんの名前)ヤダ!」などの口癖や怒られないためのウソが増えていきました。

通っている保育園で荒れている様子を見て先生が聞きだすと、「お母さんは自分より○○(赤ちゃん)のほうが大事」と言っていたそうです。

大人にはすぐにわかるようなウソも、その子の口から何度か聞くことができました。

私も心配しましたがとても否定的な言葉が多くなり、愛情不足で自分に自信がないことが表れていてかわいそうでした。

お母さんの愛情に飢えていることが見て取れました。

否定的な口癖は数年たった今でも聞くことができますがその子のお母さんは今でも、お姉ちゃんの言葉にとてもイライラしている様子です。

子供にとっては自分の心を守るための自己否定やウソ。

前述した「攻撃するか」「防御するか」の防御のほうですよね。

このようにあまり過剰に怒ると、自分には愛情が薄いんだと子供心に感じ取っているケースも少なくないようです。

親としてはしつけのつもりでも行き過ぎると、怒られないために言うことを聞くだけになったり

怒り過ぎてしまう母親!専門機関へ相談!怒り過ぎてしまう事への不安!!

育児って本当に大変です。

イライラなんて日常茶飯事ですし、思うようにいかないと投げ出したくなります。

そうかと思えば怒り過ぎたことに後悔して、途方に暮れてしまいますよね…。

そんなときは思い切って誰かに話をしてみるといいですよ!

気持ちが楽になったり、一人で悩んでいるよりも、いいアドバイスがもらえるかもしれません。

日本助産師会 全国の子育て・女性健康支援センター

妊娠・出産だけでなく子育ての相談にも電話で応じてもらえます。

地域ごとに支部があるようです。

日本保育協会 子育てホットライン ママさん110番

保健師や専門家が妊婦・乳幼児を対象とした子育てについて相談に応じてくれます。

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

悩み相談や実例を公開し、紹介しているサイトです。

怒りすぎなどの悩みの事例もたくさんあるので、読んでみると参考になりそうです!

また、ここに挙げた以外にも各自治体で子育てや育児に関する支援を行っている拠点があるはずです。

必ず専門家がいてアドバイスをくれるので、自分の住んでいるところにはどのような相談窓口があるか調べてみるといいでしょう。

怒ってばかりの繰り返しの生活に少しでも不安を感じているのであれば、それがよくなるチャンスはきっとあるはずです。

相談で得たアドバイスはぜひ前向きにとらえ、怒りすぎる育児を変えるきかっけにしたいですね!

まとめ

いくつかの用紙

  • 怒られすぎた子どもの心は委縮し「攻撃」か「防御」の行動に出る。
  • 子供の心のよりどころは親である。
  • 怒りをコントロール「アンガーマネジメント」で気持ちを切り替える。
  • 行き過ぎた怒りは子供に愛情不足を感じさせる。
  • 専門機関や相談窓口に電話してみる。

これを読んでいただいたあなたは怒りすぎたことを後悔し、何とかしたいと思って方法を探していることと思います。

その時点で、きっと改善できる希望があります。

また、子供をときおり抱きしめてあげてください。

子供がかわいいと思ったらきっかけなんていりません!

ぎゅっとしてやり、愛情を伝えましょう。

【こちらも読まれています】

中学生の反抗期!男子でゲームばかりをしている場合の対処法は?
中学生になったら態度がこんなに変わるなんて!とショックを受けるお母さんは少なからずいます。いわゆる反抗期です。その中でも、男子に多くみられるのが『親の言うことを聞かずにゲームばかり』です。こんな男子中学生には、どう対応すればいいのでしょうか。

コメント