おじいちゃんが亡くなった時にかける言葉は?親・友達・彼氏。後悔しないようにするには?

基本的なことですが、『死んだ』という表現は直接的すぎてタブーです。

あえて出す必要があるならば、『亡くなった』という表現にしましょう。

お悔みの気持ちを伝えるときに、ふさわしい言葉かどうか、一旦自分の中でチェックしましょうね。

おじいちゃんが亡くなった時にかける言葉は?彼氏のおじいちゃんの場合、声かけはどうする?

天使の石像

お友達の場合と同じで、こちらも何て言えばいいか難しいですよね。

でも、彼氏といえば、一般的に友達よりは近い関係

  • 大丈夫?
  • 大変だったね
  • 手伝えることがあれば言ってね

と伝えたうえで、行けるのであれば、

  • そばにいようか?
  • 一緒にいたいんだけど

一緒に悲しさをわかちあうのがいいのではないでしょうか。

『(あなたがつらいのは私もつらいけど)なんていっていいかわからないけど…』

と、相手への気持ちをベースに、言葉を繋げば大丈夫です。

気持ちは伝わります。

彼氏ということなので、普段スキンシップがあるのであれば、親愛の情を伝えるスキンシップで気持ちを伝えるのもいいですね。

  • 手をつなぐ
  • ハグをする
  • 肩をぎゅっとする
  • 肩や背中をナデナデする

など…。

また、家族で看取ることができたのなら、

  • みんなに見送ってもらえておじいちゃんも嬉しかっただろうね

という一言もいいでしょう。

故人がどんな人だったか語り合うことは、気持ちを落ち着かせる効果もあります。

彼氏が言うのが嫌でなければ、どんな人だったか聞くのもアリです。

ただし、亡くなってから日がさほどたっていないようだと、話しながらも涙が出てくるという人は多いです。

場所は選んであげてくださいね。

人の前で、特に大事にしている彼女の前で涙なんか見せたくない、という彼氏もいるかもしれません。

その場合は「たいしたことないよ」という態度を取っているかもしれません。

ですが、悲しくないわけではないので、「冷たい人だな」とウッカリ思わないように

してあげてくださいね。

また、明るくしてあげようとして、無理に笑い声を出すのもやめましょう

実際、そんなときに笑い声は聞きたくなかったという体験談があります。

人が亡くなって悲しいときは、悲しいまま支えてあげれば大丈夫です。

おじいちゃんが亡くなった時に後悔をしないように。おじいちゃんとのコミュニケーション方法は?

黒い背景に濡れた花

急に亡くなって、その後すごく後悔している、と残された家族が思いを残すことがあります。

それは、最期のコミュニケーションで「あんな風に接さなければよかった」と思っているケースです。

ですから、家族が高齢の場合は特に、後悔するような接し方はなるべくやめましょう。

学校や仕事の都合で、頻繁に会えない人も多いですよね。

自分なりに、無理をせず、コミュニケーションをとれるといいですね。

ただ、どう接していても、死という絶対的に修正の利かないシーンにおいては「後悔の残らない選択はない」という言葉もあります。

ですから、少しでも「よかったな」と思えることを積み重ねていけたらいいですね。

ちょっとした会話、ちょっとした気遣い…。

おじいちゃんが操作を面倒がらなければ、メールやラインでちょくちょくやりとりをするのもいいですね。

スマホやメールは使わない、という場合は、季節に合わせてハガキを出すのもいいでしょう。

それが、後々のあなたを救うことになりますよ。

まとめ

テーブルの上の古い写真と英語の手紙

おじいちゃんを亡くした人への言葉かけをまとめました。

  • 親や身内の場合は、言葉よりもそばにいるよという気持ちを伝える
  • 友達の場合は、「大変だったね」など言葉をかけて、あとは落ち着くのを待ってあげる
  • 彼氏の場合は、「何かできることはない?」と聞いて、彼氏が望めば一緒にいて支えてあげる
  • おじいちゃんとは後悔しないように無理のない範囲でコミュニケーションをとる
  • 方法はおじいちゃんに合わせて、直接会えなければ、メールやライン、ハガキなど。

死はどうしようもなく、人と人を分かちます。

ですが、故人を想う気持ちがあれば、その人の中で生き続けるともいいます。

その気持ちを大事にしてあげてくださいね。

【こちらも読まれています】

親友の親が亡くなった時にメールでの声かけ方例文!葬儀には参加する?
親友から、親が亡くなったとメールやLINEで連絡が来たら。一体なんと返事をし、どんなアクションをとればいいのか? 返信の仕方から、親友への接し方、葬式・お通夜でのマナー、香典の金額など、今必要な情報をまとめてみました。参考にして下さい。

コメント