お盆の由来を簡単に説明!保育園・幼稚園児への説明方法!

スポンサーリンク

毎年夏に訪れる身近な行事として「お盆」がありますが、そもそもお盆とはなんなのか、由来をしっかりご存知でしょうか。

大人になってから自分のこどもに「お盆ってなに?」と聞かれ、改めてお盆の由来を考え、簡単に説明するにはどう言えばいいのか迷っている方もいらっしゃると思います。

そこで今回はお盆の由来について、また「お盆とはなにか」を保育園や幼稚園などのこどもにも簡単に説明できる方法を紹介します。

こどもに「お盆ってなに?」聞かれても慌てず対処するために、また聞かれて答えに悩んでいる方も、ぜひこの機会にご確認くださいね!

【お盆の由来を簡単に説明!保育園・幼稚園児にどう説明する?】

保育園児・幼稚園児にお盆の由来を簡単に説明する場合、あまり難しい言葉やややこしい説明をしても、当然理解が追いつきません。

簡単に分かりやすくお盆の由来を説明するためには、以下のような説明を心がけてみましょう。

「お盆はおじいちゃんやおばあちゃん、おじいちゃん達のお父さんやお母さん、そのまたお父さんやお母さんに『ありがとうございます、僕は元気にしてます』って言いに行く日のことだよ」

お盆とはご先祖様が帰ってくる期間のことですがこどもにはわかりにくく、最も大切な「ご先祖様に感謝をする日」ということを伝える方法がおすすめです。

「ありがとう」という言葉は分かりやすいものの、「どうして会ったこともないおじいちゃんのおじいちゃんにありがとうするの?」と返してくるかもしれません。

そういった場合は「おじいちゃんおばあちゃん、さらにそのお父さんお母さんがいてくれたおかげで○○(こどもの名前)が生まれたから、ありがとうなんだよ」と伝えてあげてください。

どうして今なの?」と聞かれた場合は、「お盆はご先祖様がおうちに帰ってくる期間だからだよ」と話すと分かりやすく、盆踊りなど送る行事についても説明がしやすくなります。

【お盆飾りのきゅうりやなすは保育園・幼稚園児にどう説明する?】

お盆になるときゅうりやなすを使って馬・牛を作り、精霊棚(または盆棚)にお供えする習慣がありますが、これもこどもに聞かれた場合の説明を考えておきましょう。

きゅうりやなすを使って馬や牛を作る理由としては、
ご先祖様が家に戻ってくる際の乗り物としてなんです。

・霊が戻ってくる際にはきゅうりの馬に乗って少しでも早く家に帰ってきてもらい、ちょっとでも長くこの世にいてもらう
・帰る際は逆に、なすの牛に乗って少しでも周囲の景色を楽しみながら、ゆっくりあの世に帰ってもらいたい

こういった願いが込められています。

きゅうりで作った馬を精霊馬、なすで作った牛を精霊牛と呼び地域によって置く意味が違う場合もあるので、不安な場合は地域の年配の方に尋ねてみましょう。

こどもに由来を説明する場合も、「ご先祖様がこの世に早く戻ってきてくれるようにきゅうりの馬を用意して、帰るときはゆっくり楽しんで帰ってもらいたいから牛を用意してるんだよ」と伝えましょう。

馬と牛はイメージからして馬のほうが早いという印象はこどもにもあるので、戻ってくるときには早い馬で、帰るときはゆっくりの牛でというのは十分伝わると思います。

【大人として正しいお盆の知識をしっておこう】

こどもにお盆の由来を簡単に説明し納得してもらうため、また大人としてもしっかり正しいお盆の知識を身に着けておくのは大切です。

お盆とは

お盆とは先祖や亡くなった方達が浄土から地上に戻ってくる期間のことで、先祖の精霊をお迎えし供養する、こういう大切な時期なんです。

仏教では「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と言い、これを省略しているのが「お盆」で、一般的にはもうお盆のほうが知られていますね。

日本はもともとご先祖様を大切にする習慣があり仏教の盂蘭盆会は受け入れやすく、こういった習慣が混じり合った結果生まれたのが「お盆」です。

時期は

多くは8月の15日前後に行われますが東京では7月15日にお盆行事が行われていることも多く、お盆の時期は地域によってもこのように違いがあります

また現在は社会の都合によってお盆時期がずれていることもあり、「親戚が最も多く集まった日にお盆行事を行う」とある程度都合に合わせていることも多いですね。

多くの場合お盆は「お盆休み」などとお休みの時期になっていて、実家に帰り墓参りをする、ご先祖に手を合わせる、そして地域に伝わるお盆行事を行います。

この時期に見かける行事、例えば七夕・盆踊り・夏祭り・お中元なども元々はお盆から発生した習慣なんです。

お盆の流れとしては

13日:先祖を迎える日

13日はご先祖様を迎える日で、地域によっては迎え火、盆提灯などでご先祖様が迷わず家にたどり着けるように準備します。

もちろんこの日までにご仏壇はきれいにしておき、きゅうりやなすの馬・牛を飾る風習がある場合はお供え物と合わせて備えておきましょう。

またお供え物にはのし紙をつけず、掛紙と呼ばれる真っ白い紙をかけるようにしましょう。

15~16日:先祖を送る日

迎え火と同じ場所で送り火を焚いてご先祖様が迷わず浄土にいけるように祈り、お見送りが終わったら明かりを消しましょう。

細かいマナーや作法についてはそれぞれの地域、宗派によって違うので、詳しくはご両親、また地域のご年配の方に確認しておいたほうが安心です。

また浄土真宗は「人は亡くなるとするに仏様になるからお盆の時期に戻ることもない」という教えなのでお盆行事はなく、代わりに説法会が開かれているなどの違いもあります。

初盆とは

亡くなった方が初めて迎えるお盆のことを初盆(または新盆)といい、初めてのお盆として大切にされ、法要を執り行うことがあります。

初盆の案内が届いたらできるだけ都合をつけて参列する、どうしても無理な場合は行けない旨をお供え物や不祝儀を送るようにしましょう。

【盆踊りの由来を簡単に説明!保育園・幼稚園児にどう説明する?】

盆踊りの由来を保育園児・幼稚園児にも分かりやすく簡単に説明する場合は、簡潔に「お盆の最後にご先祖様を送り出す踊りなんだよ」と伝える方法をおすすめします。

近頃は夏祭りの時期もお盆(15日)からズレていることも多いですが、合わせてお盆とはご先祖様の霊を迎え、最後に送り出すという話をすると伝わりやすいですね。

こどもの場合は単純に「幽霊」と怖がってしまうこともあるので、ご先祖様の霊は怖いものではないこと、お盆はご先祖様の霊が帰ってくる大切な時期であることも話しておきましょう。

【まとめ】

保育園・幼稚園児にお盆の由来を簡単に説明する方法、お盆の行事についての情報まとめ!

1:こどもにお盆を説明する際は「ご先祖様に『ありがとう』という日だよ」というのが分かりやすく、ご先祖様がいるから君がいる、と伝えよう

2:なすの牛「精霊牛」、きゅうりの馬「精霊馬」はご先祖様があの世とこの世を行き来する際の乗り物、馬で早く来てもらい、牛でゆっくり戻ってもらおう

3:大人向けお盆知識、お盆とはご先祖様が地上に戻る期間で、お迎えし供養し、送り出すこと。8/13~15に行われる事が多いが地域差も

4:こどもに盆踊りを説明する際は「お盆の最後にご先祖様を送り出す踊りなんだよ」と簡潔に分かりやすく、お盆についても説明しよう

お盆をこどもに説明する際はやっぱりきちんとした知識を身に着けたおいたほうが伝えやすく、こどもも納得する説明ができます。お盆行事はとても多いですがなすときゅうりで牛・馬を作るなどはこどもも楽しく参加できるので、ぜひ入りやすい方法でお盆を理解できるようにしていきましょう!

コメント