お盆にお墓参りしないってアリ?意外と知らないお盆のお墓参り

スポンサーリンク

皆さんは毎年お盆休みにはお墓参りはしていますか。お盆のお墓参りといえば、日本の伝統的な文化ですよね。

私も物心ついた頃から、お盆休みになると田舎の祖母の家に行き、お墓参りをした記憶があります。しかし今、お盆休みにお墓参りをしない人も増えているんです。

毎年お盆に意識してお墓参りをしている人からしたら「なんて罰当たりな。」と思われるかもしれませんが、ライフスタイルが多様化している中で、お墓との関わり方や先祖供養への考え方も変わっているのかもしれませんね。

今回は、お盆にお墓参りはしなくてもいいのかという疑問とともに、お盆のお墓参りとはどんな意味があるかなどをご紹介します。

お盆のお墓参り、毎年しなくてはいけないのか

ズバリ言ってしまうと、答えはNOです。

というのも、特に法律でやらなくてはいけないと決められているわけではありませんし、やらなくても罰則があるわけでもありません。そもそもお墓参り自体、一年のうちに何回行こうが、いつ行こうが本人の気持ち次第なのです。

ではなんでお盆にお墓参りする習慣が、日本には根付いているのでしょうか。皆さんはお盆のお墓参りについて、誰かに聞いたこと、教えてもらったことはありますか。

知っているようで知らないお盆のお墓参りについてこの後みていきたいと思います。

お盆のお墓参りについて、どれくらい知ってるのか

皆さんは、お盆のお墓参りについて誰かにきちんと教えてもらったことはありますか。

私は小さい頃から、何となくお盆には田舎に帰りお墓参りをする、という習慣はありましたが、それだけで特に何かを教えてもらった記憶はありません。

お墓参りをした時は、何となくお墓の前で手を合わせて日々の感謝と現状報告をしていましたが、連れられて行っただけで、自分から意識して行ったことは一度もありません。働きだし一人暮らしが始まってからは、ほとんどお墓参りはできていませんでした。

そんな私がお盆のお墓参りについて自分で意識したのは、結婚し主人の実家のお墓参りをする時でした。

お盆については地域によって時期や習慣が様々で、それを確認することが必要かと思います。しかしそれ以前に、お盆のお墓参りについてそれまであまりにも知識がなかったと、反省しました。

そして人により感じ方は様々だと思いますが、私がこれまで業務的に何となくやっていたことにこんな意味があったのか、毎年のこの習慣は先祖や故人を思ってこれまで代々やってきていることなんだ、そう考えると感慨深い気持ちになったものです。

もしかしたらそれは、私自身が結婚し子供もでき、親への感謝の気持ちが改めて感じられる日々を送っていることや、親から子へ、子から孫へと様々なことを受け継いでいくことの大切さを実感しているからかもしれません。

しかしお盆のお墓参りついては、するしないに関わらず日本の伝統的な習慣です。ですので昔の私のように特に興味がなかった人も、ぜひ知っておいてもらえればと思います。

なぜお盆にお墓参りするのか

お盆の期間は、地域によって異なりますが8月(もしくは7月)の13日から16日の4日間になります。この4日間は、先祖や亡くなった方が浄土(あの世)から戻ってくる期間と言われています。

そこで、お盆の始まりである13日を迎え盆として、浄土からお墓まで戻ってきた先祖に感謝しお迎えに行くという意味で、お墓参りをすると良いと考えられています。

お盆は地方や宗派によって風習が大きく異なるのも特徴ですが、一般的には13日に迎え火を焚いてお迎えし、16日の送り日であの世にお送りします。そしてその期間には、お墓参りの他にお供えをしたりします。

地域によっては盆踊りなどの行事があるところもあり、先祖の霊を供養するという意味のもと様々な習慣が今でも残っています。きゅうりとなすに割り箸や楊枝を指して作る精霊馬や精霊流しもお盆の風物詩と、知る方も多いでしょう。

私も小さいころから馴染みのある盆踊りや、何気なく見てきた京都の送り火も先祖供養の行事の1つであると知った時には驚きでした。

何気なく過ごしている生活の中にも引き継がれている多くの伝統文化が、先祖を思う気持ちから始まったものですから、毎日はできなくても、私自身はお盆やお彼岸など節目の時には、感謝の気持ちを大切にしたいなと思っています。

お盆のお墓参り、したいのにできないときは

 

お盆にお墓参り、したいのに出来ない、そんな方もいると思います。生まれ育った場所から離れて生活していたり、お仕事の都合でお盆にお休みが取れない方もいるでしょう。

時期をずらせばできるのであればその時に行けばいいかと思います。お墓の近くでお願いできる方がいればお願いしてもいいですし、お墓参り代行サービスというものもありますので、そういったものを利用してみるのも良いかもしれません。

お墓参りをするなら13日の迎え盆で、と思う方が多いと思いますが、この日はお墓に人が集中したり、駐車場がいっぱいになるところもあります。人ごみを避けたい方は13日を避けて行かれてもいいでしょう。

お墓参りが負担になっては先祖もきっと喜びませんから、無理のない範囲で行いましょう。

まとめ

・お盆のお墓参り、毎年行かなくてはいけないものではない

・お盆のお墓参りについては、日本の習慣としては根付いているが、意外ときちんと教えてもらっている人は少ない

・お盆とは地域によって違いがあるが、8月(もしくは7月)の13日から16日のことを言い、このタイミングで先祖が現世へ帰ってくると言われている。
13日、帰ってくる初日を迎え盆といい、お墓まで下りてきた先祖をお迎えに行く意味で、この日がお盆のお墓参りの日と多く知られている。その他にも地域によって、先祖供養のための様々な行事が多く存在している。

・お盆にお墓参りできない人は、別の日に行く、代理人に行ってもらうという手もある。無理のない範囲で行おう。

お盆のお墓参りは、絶対に行かなければいけないものではありません。行ける方、日程など調整して都合のつく方は、ぜひ行って頂ければと思います。

物理的に難しいという方は、行けなくてもしょうがないと思いますが、お墓の方角に手を合わせて日々の感謝を伝えるなどしても良いかもしれませんね。

お盆のお墓参りの文化は先祖供養の思いから始まり習慣となったものですから、その思いはお盆の時期にもって頂ければと思います。

こちらも読まれています

お盆の結婚式は欠席?招待状への返信文例!そもそも非常識では?
親しい関係の方から結婚式の招待状が届くともちろん出席したいと思うものの、結婚式の日程がお盆だと「お盆に結婚式を挙げるのは良いの?」と思ってしまうこともあります。 またどうしても忙しい時期、良し悪しはともかく残念ながら欠席する場合、どうしてもお盆に結婚式というのが違和感で欠席したい場合、どのように理由を書けば良いのかも迷うんですよね。 ここではお盆の結婚式の招待状が届いたけれど欠席したい、欠席しても良いのかという悩みや欠席の伝え方、さらにお盆に結婚式は非常識かなどについてをまとめています。 お盆の結婚式の招待状が届いたけれどどのように欠席を伝えれば良いのか迷っている方、お盆に結婚式をして良いのか迷っている方、ぜひご確認ください!

コメント