お盆のお墓参りの時間・時期の決まりはあるの?

スポンサーリンク

日本の伝統文化であるお盆のお墓参り。日本に住んでいれば、毎年必ず目にする光景であり、また多くの方が習慣として行っていることでしょう。

誰もが知っているこの文化ですが、実際お盆のお墓参りについて誰かからきちんと聞いたり、調べたりしたことがある方はどれくらいいるでしょうか。

私自身、お盆のお墓参りはいつも家族と一緒に行っていたので、結婚し子供ができ家族でお墓参りをするという機会ができるまで、特に知識などなく何となく行っていました。

過去の私のように、知らなかったり何となく行っている方もいるかもしれませんが、お盆のお墓参りの時期や時間には、きちんと意味があります。

皆さんは、お盆のお墓参りはいつ行っていますか。もしかしたらそのタイミングは、少し違っているかも。

お盆のお墓参りの時期や時間について、改めて確認してみましょう。

お盆のお墓参り 絶対この日、この時間という決まりはない

実はお盆のお墓参りに、この日でなければ、この時間でなければ、という決まりはありません。お墓参りされる方の予定や都合で調整していかれるのがいいでしょう。

しかし絶対という決まりはないものの、お墓参りする日によって意味合いが異なることから、お勧めされる日にちと時間帯があり、それに合わせてお墓参りをする方も多くいます。

そこでここからは、一般的にお盆のお墓参りにお勧めされる日や時間と、その理由をみていきましょう。

お盆のお墓参り 何日に行ったらいいのか

お盆とは地域によって異なりますが、8月(7月)13日から16日の4日間を指します。そして、この4日間は先祖が地上に帰ってくると言われています。

4日間それぞれの日にお墓参りする意味や目的はどのように考えられているのでしょうか。またお勧めされる日は何日なのでしょうか。下記にまとめましたのでみてみましょう。

13日 お盆の初日、先祖を迎える日であることから『入り(迎え)盆』と言われている。お墓に帰ってきた先祖をお迎えに行くという意味で、お墓参りの日程として推奨されており、多くの人がこの日にお墓参りする。
14日15日 先祖の霊が家にいて、先祖不在のこの日にお墓に参りをすることを『留守参り』という。留守の間、お墓は仏様が守っているという感謝の意味で行われる。
16日 お盆の最終日、先祖を送る日であり『送り盆』と言われている。この日のお墓参りは、家に帰ってきた先祖をお墓まで送るという意味で行われる。

私は、家族ともにお盆休みが始まってから実家に帰るので13日のお墓参りは間に合わず、毎年14日か15日のお参りとなります。ですから、実家に帰った際はまず実家の仏壇に手を合わせ、留守参りとしてお墓参りをしています。

このように、お墓参りをする日は変えられなくても、何日に自分がお墓参りに行きその日に行くことがどんな意味なのか知ることで、お墓参りする時の気持ちも変わってきますね。

お盆のお墓参り 何時に行ったらいいのか

日にちに意味があるのならば、時間にも意味があるのかと気になると思います。もともとお墓参りは午前中に行くのが良いとされていました。

それは、ほかの用事を済ませてからでなく一日の中でお墓参りの時間を優先して、まずその時間を確保しようとする気持ちが、先祖を敬う気持ちとして大切だと考えられて来たためです。

お墓参りの際はお線香やお花を供えるだけでなく墓地を掃除するのが一般的です。墓地の汚れを掃除したり、区画の草を抜いたりという作業は意外と時間と手間がかかります。明るいうちのほうがお墓を綺麗に掃除しやすいですし、ゆっくりできるでしょう。

午後にお墓参りをすると「霊がつく」などと言う地域もありますが、現代ではあまり気にする必要はありません。

しかし古い墓地や霊園は足場がわるいところもあり、暗くなると足元が見えにくく転倒などの危険が増します。また、夕方以降の暗いお墓に行くことは防犯という観点からも避けるべきと言えるでしょう。

また、霊園によっては開園時間帯が決まっているところもありますので、訪れる際は確認しておくのがお勧めです。

私自身は、お盆のお墓参りは高齢の祖母と小さい子供たちも一緒に行くので、毎年人ごみを避けてお昼過ぎに訪れます。行ってみると気づくのは、午後でも人が沢山いることです。

きっと私たちのように人ごみをさけて行く方や、午前中に予定があり午後に行かれる方もいるのでしょう。

お盆のお墓参り、お勧めされる時間はありますが、それを踏まえたうえでそれぞれ都合のつく時間で行かれることをお勧めします。

まとめ

・お盆のお墓参り この日に行かなければいけないという決まりはない

・何日に行くかで意味や目的が違うと考えられている
13日は先祖をお迎えに行く日、14日、15日は先祖不在のお墓の留守参りをする日、16日は先祖を見送る日とされ、一般的には13日のお墓参りがお勧めされている

・お墓参りでは、掃除をするので時間に余裕が必要なこと、暗くなると事故や防犯上危険だということ、そして何より他の予定よりお墓参りを優先する先祖を敬う気持ちとして、午前中のお参りが勧められている

上記にまとめたように、お墓参りの時期や時間は、お勧めはあっても絶対はありません。目的は先祖供養ですので、その気持ちが何よりも大切です。

多くの方が休暇中で気持ちに少しの余裕がある時期だと思います。お墓参りの際はゆったりとした気持ちで先祖への感謝の気持ちを持っていただければと思います。

コメント