お盆のお墓参りにNGな服装とは?服装の選び方と必要な持ち物は?

スポンサーリンク

毎年夏になるとやってくるお盆のお墓参りの時期。皆さんはどのような服装で行っていますか。どのような服装が正解だと思いますか?

お盆のお墓参りの準備や供養の仕方、服装やマナーなど、以前は先祖代々受け継いできましたが、核家族化が進んできた現在、意外と知らない方が多いのではないでしょうか。

お盆のお墓参りの服装は、目的別に少しずつ変わってきます。しかしNGな服装というのは、共通していると言えます。

実は私は、NGな服装について知ったのはごく最近で、失敗した、もしかしたら義両親や親戚に非常識な嫁と思われているかもと、知った時はドキドキしました。

私のような思いをしないためにも、皆さんにはしっかりとNGな服装を知ってもらい、マナー違反にならないような服装でお盆のお墓参りを迎えていただければと思います。

それではお盆のお墓参りでのNGな服装とともに服装の選び方と、お墓参りに必要な持ち物をみていきましょう。

お盆のお墓参りにNGな服装とは

アロハシャツ

アロハシャツは派手な色が多く柄も目立つため、望ましくありません。

ハワイでは明るく故人を見送ろう、という意味であえてアロハシャツを着るようですが、一般的なアロハシャツはお祝い事などに着用するという印象を持たれる方が多いので、お盆のお墓参りには適さない服装となります。

アロハシャツなんて着る?と思われる方もいるかもしれませんが、私の主人は夏になるとアロハシャツをなぜか着たがります。(笑)そんな日常的にアロハシャツを着ている方が、普段着でお墓参りに行くという時は、少し注意が必要です。

タンクトップや半ズボン

タンクトップや半ズボンも避けたほうがいいでしょう。

お墓参りなどでは、大幅に肌を露出した服装は控えたほうがいいとされています。タンクトップや半ズボンは肌の露出があるだけでなく、普段着としてもカジュアルの分類になるでしょう。肌の露出が多い服は、お墓参りに着ないほうがいいです。

これも夏場にはよく見られる服装ですので注意しましょう。

デニムやジーパン

デニムやジーパンもカジュアルなため、適さないでしょう。

また、お墓参りでは派手な装飾や色のものは避けましょう。例えば、ピンク色や黄色などの服装、光った装飾やラメを使った素材です。

アクセサリー・靴・素材

アクセサリーはパール以外は控えたほうがいいでしょう。

サンダルやミュールなど足先が見える靴、大人ではカジュアルすぎるスニーカーなども避けたほうがいいとされています。

服装の素材としてファーや動物柄は殺生を連想させますので身に着けないほうがいいでしょう。私が失敗した、と思ったポイントはまさにココでした。

服装は気を使って、露出が少ないもの、色も暗めのものをチョイスしていたのですが、ピアスまで気が回らず、ゴールドのものをつけて何気なくお墓参りに行ってしまったんです。

周りの方がそこまで見ていたかはわかりませんが、自分自身がマナー違反だったかもと思うと、後で気になりますよね。ですので皆さんには、隅々までチェックすることをお勧めします。

お盆のお墓参り、普段の服装の選び方、選ぶ時の考え方とは

お盆のお墓参りのNGな服装を見て、お気づきの方もいるかもしれません。

普段のお墓参りでは決まりきった服装はありませんが、「人さまのお宅へ行く時のような」「清潔感がある」「汚れてもいい」「地味な服装」ということが、服装を選ぶ時の考え方です。

・色は黒・グレー、ネイビーなどの暗めの色(派手な色は避ける)
・露出を控える(薄手の羽織りを羽織るなど)
・アクセサリーは極力つけない、つける場合はパールのみ、ピアスとネックレスを両方つけると華やかになるのでつける場合はどちらかにする
・動物を連想される柄は身に着けない
・靴は光らない素材、足先が見えるものやサンダルは控える

上記に挙げたポイントを押さえれば、冷ややかな目で見られることも、終わって後悔することもないでしょう。

子供とお墓参りに行く場合も基本的には同じです。制服がある場合は正装ですので制服を、着ない場合は大人と同じく地味な服装を心がけてみてください。

周りと少しでも服装を合わせていきたい、お盆のお墓参りの服装を確認しておきたい、ということであれば、一緒に行かれる方に聞いてみても良いかもしれません。

この後予定があるからお洒落したいと思う方もいるかもしれませんが、他の予定よりお墓参りを優先するということが、先祖供養の考えの一つです。この日だけは気を使ってみてください。

お盆のお墓参り、初盆の服装とは

これまでは、普段のお墓参りの服装についてお話していきましたが、これが初盆となれば少し話が変わってきます。

初盆とは

故人がなくなり四十九日法要を終えて初のお盆のことを指し、新盆ともいう。

盆の入りにお墓の掃除をして盆提灯に灯をともし迎え火を焚く。僧侶による法要行事の後に参列者でお墓参りをし、そのあとに会食を行って解散となる。最終日に送り火をして故人を送り出す。

お寺もしくは自宅での法要があり、そのあとにお墓参りとなりますので、少しかしこまった服で行く必要があります。

女性の場合

フォーマルスーツ、白のブラウスに黒いスカートあるいはワンピース、ジャケットといったスタイルがいいでしょう。足元は黒のパンプス、エナメル素材など光るものは控え、暑くても素足は絶対に出さず、黒か肌色のストッキングを履いていきましょう。

男性の場合

基本的に黒か紺、またはグレーの無地のスーツ、シャツも白の無地で柄のないものを
葬式ではないので黒いネクタイをする必要はありませんが、柄の目立たない地味な色のネクタイを選びましょう。

子供の場合

普段のお墓参りと同じく制服があれば制服を、なければ地味な色合い(白黒紺グレー)のシンプルな服装にしましょう。足元はできれば革靴で、持っていなければスポーティー過ぎないスニーカーでも大丈夫です。靴下は白か黒の無地のものを着用させます。

以上が、初盆のお墓参りをする際に着ていきたい服装です。

お寺はお墓は自然や木も多く、涼しいところも多いかもしれませんが、服装を気にするあまり、暑さで体調を悪くすることがないようにだけは気を付けましょう。

お盆のお墓参りの持ち物とは

さて、ここまで確認すれば、服装はばっちりです。次に必要な持ち物をみていきましょう。

親族のお墓参りの場合、絶対に必要なものは以下になります。

お花(仏花)、線香、ろうそく、ライター(マッチ)、数珠、お供え物、柄杓と手桶(お寺で借りられる場合あり)

次に、場合によっては必要なものを挙げていきます。これは沢山ある機会ではありませんのでその都度で確認してください。

初盆の場合

故人が親戚の場合:5千円から1万円程度の御仏前、墓前にお供えする菓子折り
故人が友人、知人の場合:3千円から5千円程度の御仏前、葬儀からそれほど日がたっていなければ菓子折りやそうめんなどのお供え物だけでも可

掃除をメインで行う場合

ほうき、塵取り、雑巾、スポンジ、たわし、歯ブラシ、軍手、ゴム手袋、ごみ袋、掃除がしやすいような服もしくはエプロン等

掃除に必要なものは本人次第ですので、必要だと思いつくものを持っていきましょう。

その他

提灯(地域や宗派によって異なるので確認が必要)、虫よけスプレー、蚊取り線香、湯呑(水鉢がない場合に使用、ある場合は必要なし)、花切りバサミ(草木の手入れ、花束の茎の長さ調整に使用)

親族以外のお墓参りの場合

線香、ろうそく、ライター(マッチ)、(お世話になった人や友人であれば)生前に好きだったものなどのお供え物

以上で必要な持ち物もばっちりです。準備万端でお盆のお墓参りに向かいましょう。

まとめ

・お墓参りにNGな服装は、アロハシャツ、タンクトップや半ズボン、デニムやジーパン、パール以外のアクセサリー、サンダルや足先が見える靴、動物柄のものや毛皮。
・お盆のお墓参り、服の選び方と選ぶ時の考え方は、「人さまのお宅へ行く時のような」「清潔感がある」「汚れてもいい」「地味な服装」。
・お盆のお墓参り、初盆の時の場合の服装は、黒、紺、グレーなどの無地のスーツに無地の白ワイシャツ、女性の場合はワンピースでも可。子供は制服もしくは大人と同じ色味で無地のものを選ぶ。
・お盆のお墓参りの持ち物は、お花(仏花)、線香、ろうそく、ライター(マッチ)、数珠、お供え物、柄杓と手桶(お寺で借りられる場合あり)が一般的。その他は目的によって変わってくるのでその都度確認しよう。

お墓参りで何よりも大切なのは先祖供養の気持ちですが、それを台無しにする服装や、お墓参りの進行を滞らせる持ち物不足などがあっては、その気持ちも台無しになってしまいます。

そのようなことがない様、お盆のお墓参り行かれる際には、是非事前に確認してみてくださいね。

コメント