お盆の結婚式は欠席?招待状への返信文例!そもそも非常識では?

スポンサーリンク

親しい関係の方から結婚式の招待状が届くともちろん出席したいと思うものの、結婚式の日程がお盆だと「お盆に結婚式を挙げるのは良いの?」と思ってしまうこともあります。

またどうしても忙しい時期、良し悪しはともかく残念ながら欠席する場合、どうしてもお盆に結婚式というのが違和感で欠席したい場合、どのように理由を書けば良いのかも迷うんですよね。

ここではお盆の結婚式の招待状が届いたけれど欠席したい、欠席しても良いのかという悩みや欠席の伝え方、さらにお盆に結婚式は非常識かなどについてをまとめています。

お盆の結婚式の招待状が届いたけれどどのように欠席を伝えれば良いのか迷っている方、お盆に結婚式をして良いのか迷っている方、ぜひご確認ください!

【お盆にあげる結婚式の招待状が届いた!親戚や親しい人でも欠席していい?】

まず最初に一番解決したい部分、「お盆にあげる結婚式の招待状が届いたけれど欠席しても良いか」という悩みについてを見ていきましょう。

お盆にあげる結婚式の招待状が届いたけれどお盆の間はすでに予定が入っている、また子どもを預けられる環境がないなどの場合は、欠席ももちろん仕方がありません

親戚や親しい関係の間柄の結婚式の場合は出席したい気持ちももちろん強いですが、こちらが無理をして参加をするまではしなくても大丈夫です

親しい間柄でお盆に結婚式を挙げたいなどの場合は事前に「お盆に結婚式をしたいんだけれど」と相談されることも多く、そういった際に伝えておくのも良いですね。

「今年のお盆はすでに予定を入れている」「子どもを預けられる環境にないから厳しい」など伝えておけば先方も無理して招待できないという気持ちでいられるので、お互い安心出来ます。

もちろん相手方も都合があってお盆に結婚式を挙げる方向にしたのですから、「お盆の結婚式には行けないって言ったのに」など怒らないようにしましょう

また結婚式で親族の出席率が明らかに違う、片方だけ少なすぎるなどの場合は新郎新婦にとっても悲しいもの、可能であれば出席出来る方法を検討するのも良いですね。

【お盆時期にあげる結婚式への招待状の欠席の文例や、欠席の伝え方は?】

お盆に挙げる結婚式の招待状をもらったけれど欠席したい、そんな場合に使える文例、また親しい方に一言添える場合はどんなものが良いのかをチェックしていきましょう。

せっかくの結婚式の招待を欠席しなければならない場合に悩むこと、その理由のひとつとして「欠席の理由を包み隠さず書いて良いのかどうか」があります。

お盆の結婚式でなくとも欠席の理由については書いていい場合ぼかして伝えたほうが良い場合があるのでそれぞれチェックしておきましょう。

書いていい欠席理由

・出産に関わる理由
・以前から決まっている出張など
・他の身内の結婚式に出席
・家族のお祝いごとがある
・年に一度の試験などがある

例文:理由を書いて良い場合

「結婚おめでとう!
せっかくお招きいただいたけれどその日は出産を控えているため、結婚式は欠席させていただきます。」

「結婚おめでとう!
せっかくお招きいただいたのですが、当日は子どもを預けることが難しく、残念ながら結婚式は欠席させていただきます」

書かないほうが良い欠席理由

・弔事・忌中など
・病気や怪我など
・身内以外の結婚式と重なった
・プライベートの旅行など

「ご結婚おめでとうございます。
せっかく結婚式にお招きいただいたのですが、やむを得ない事情があり欠席させていただきます。」

「結婚おめでとう!
せっかくお招きいただきましたが、当日はどうしても都合をつけることが出来ず、出席は叶いません。」

お盆の結婚式を欠席する場合も理由はそれぞれなので、理由に合わせて隠さず理由を告げるかぼかして告げるかを考えましょう。

親しい方に一言添える場合は「末永いお幸せをお祈りいたします」という固い文面でもありですが、「残念ながら出席できないけれど、あとで写真を見せてね」など興味を見せると良いですね。

しかし最も大切でスマートなお返事として大切なことは「出来るだけ早く返すこと」なので、出席・欠席のお返事はできるだけ早くすることを心がけておきましょう!

【そもそもお盆の時期に結婚式って非常識じゃない?】

なんとなくのイメージとして「お盆に結婚式を挙げるのは非常識」「そういう日ではない」という印象がある方も多く、お盆は結婚式のシーズンとしては「少ないほう」になります。

しかし「お盆に結婚式をしてはならない」という決まりは特になく、特に非常識という理由はない、むしろ先祖が帰ってきているいい時期だという考えもあるほどなんです。

もちろんお盆にはお墓参りをする=おめでたいことは避けるというイメージも強く、お盆はご先祖様の霊と静かにゆっくり過ごすべきと考えている方もいることも忘れてはいけません。

非常識ではない、縁起が悪いわけでもないお盆の結婚式、じゃあなんで嫌がられることが多いのかと言えば、何よりも「多忙な時期」だからですよね。

お盆休みには早くから予定を入れている、保育園なども休みで子どもの面倒を見なければならなく預ける先もないなど、人それぞれの事情が多く絡む時期でもあります。

こういった事情を考えるとお盆以外でも嫌がられるシーズンとしてクリスマス、そして年末年始なども都合がつかず「そんな時期に挙げなくても」と言われかねない時期です。

その他お盆やゴールデンウィーク、また社会人にとって忙しい時期として年度末などもあり、これらの時期にどうしても結婚式をしたい場合は早めに相談しておいたほうが安心です。

じゃあなぜお盆に結婚式を挙げることにしたのかと言われればもちろん理由は人それぞれではあるものの、以下のような場合が多いです。

・お盆しか都合がつかない
・そのまま新婚旅行にいける
・低予算で式が挙げられる
・式場の確保がしやすい

2つ目以降の理由については「自分達を優先して」と思われても仕方がないところはあるものの、仕事の都合などでどうしてもお盆時期にしか結婚式を挙げられないという場合もあります

できれば結婚式を挙げる側も招待状を出す前から相談しておくこと、お互いに事情が多いシーズンであり参加できなくとも仕方ないという意識を持っておくことが大切です。

【お盆とはそもそも何をする日?】

お盆とは先祖や亡くなった方達が浄土から地上に戻ってくる期間のことで、先祖の精霊をお迎えし供養する、こういう大切な時期なんです。

仏教では「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と言いこれを省略しているのが「お盆」で、一般的にはもうお盆のほうが知られていますね。

日本はもともとご先祖様を大切にする習慣があり仏教の盂蘭盆会は受け入れやすく、こういった習慣が混じり合った結果生まれたのが「お盆」です。

お盆は多くの地域で8月の15日前後に行われますが東京では7月15日にお盆行事が行われていることもあり、地域によってもお盆の日が違うことも知っておきましょう。

また現在は社会の都合によってお盆時期がずれていることもあり、「親戚が最も多く集まった日にお盆行事を行う」とある程度都合に合わせていることも多いですね。

多くの場合お盆は「お盆休み」などお休みの時期になっていて、実家に帰り墓参りをする、ご先祖に手を合わせる、そして地域に伝わるお盆行事を行います。

この時期に見かける行事、例えば七夕・盆踊り・夏祭り・お中元なども元々はお盆から発生した習慣なんです。

お盆の流れ

・13日:先祖を迎える日

13日はご先祖様を迎える日で、地域によっては迎え火、盆提灯などでご先祖様が迷わず家にたどり着けるように準備します。

もちろんこの日までにご仏壇はきれいにしておき、きゅうりやなすの馬・牛を飾る風習がある場合はお供え物と合わせて備えておきましょう。

またお供え物にはのし紙をつけず、掛紙と呼ばれる真っ白い紙をかけるようにしましょう。

・15~16日:先祖を送る日

迎え火と同じ場所で送り火を焚いてご先祖様が迷わず浄土にいけるように祈り、お見送りが終わったら明かりを消しましょう。

亡くなった方が初めて迎えるお盆のことを初盆(または新盆)といい、初めてのお盆として大切にされ、法要を執り行うことがあります。

ですから「お盆時期はご先祖様の霊と穏やかに過ごす」というのは決して間違いではなく、そのため結婚式はちょっとと思われてもそれは仕方がないと思っておきましょう。

しかしお盆のどこにも「結婚式を挙げるのは縁起が悪い」なんてことはありませんので、お盆にしか結婚式が出来ない場合はお盆時期を選ぶのも検討して大丈夫です。

【まとめ】

お盆の結婚式は非常識かどうか、欠席したい場合の返信文例や欠席する際の注意点、お盆についての情報まとめ!

1:お盆の結婚式、親族や親しい人間関係の場合はできるだけ出席したいものの、やむを得ない事情がある場合は欠席も仕方なし

2:欠席する際は理由を明記しても良い「出産・以前から決まっている出張など」、ぼかしたほうが良い「弔事・忌中・病気など」があるので注意しよう

3:お盆の結婚式は縁起が悪いということはなく挙げてはいけないというルールもない、しかし忙しい時期であることは考慮する必要あり

4:お盆とはご先祖様が地上に戻る期間で、お迎えし供養し、送り出すこと。8/13~15に行われる事が多いが地域差もあるため注意

お盆の結婚式の招待状をもらうと思わずびっくりするかもしれませんし、場合によっては「非常識な!」と思ってしまうかもしれませんが、決してお盆の結婚式は縁起が悪くありません

しかし忙しい時期なため都合をつけることが厳しい場合も多いので、主催側・参加側どちらもお互いを尊重し、無理のないよう早くから調整・相談していきましょう!

コメント