入院時にどんな言葉を友達にかければいい?NGワードやお見舞いマナーは?

スポンサーリンク

部屋

友達が入院してしまった。

普段は何気なく話しているけれど、入院したとなるといったいどんな言葉をかけていいか悩みますよね。

それに、何が失礼なことを言って友達を傷つけたら本末転倒です。

そんな時にどんな言葉をかけたらいいかのフレーズ案とNGな言葉、また面会の際に持っていくお見舞いの品のおすすめとNGな品物についてご紹介していきます。

入院した友達にどんな声掛けをしたらいい?おすすめの言葉をご紹介!

英文

友達が入院してしまったら、どんな言葉をかけたらいいか悩みますよね。

話のきっかけになるフレーズや、おすすめの言葉をご紹介します。

「とても心配しちゃった。ちゃんとご飯とか食べられてる?」

これは比較的症状が軽く、また仲の良い友達に使って下さい。

メールでも面会時でも大丈夫です。

メールの場合は疑問ではなく、「ご飯食べられたら食べて、はやく元気になってね。」など、返信をしなくても済む言い回しにしてもいいと思います。

「焦っても仕方のないことだろうし、これを機会と思って、ゆっくり療養してね。」

短期入院ではなく、少し長めの入院となった友達にかけるといい言葉です。

焦っても仕方ないのは事実ですし、どうせなら目一杯休んでほしいと伝えましょう。

入院している側はやれることもそんなに無いですし、焦りは多少なりともあるからです。

「○○(友達)がいないと寂しいかも。急かすわけじゃないけど、また時間があったらお見舞いにきてもいい?」

こちらも、比較的長期の入院の方へ使うといいでしょう。

焦らせたり、急かすのはダメですが、正直に寂しいや物足りないなどと伝えるのは、入院している友達の励みにもなります。

また、次回のお見舞いのお願いをするのもいいでしょう。

最初に面会するときもそうですが、必ず面会時間と友達の空いている時間を確認し、あまりにも長い時間滞在するのは避けましょう。

できるだけ友達の負担にならないようにするのが一番大切です。

もちろん、友達がまだ話したりないようでしたら、周りの入院患者さんのご迷惑にならない程度にお話に華を咲かせて下さい。

入院した友達の親にはどんな声掛けをしたらいい?おすすめの言葉をご紹介!

花

友達の面会に行くと、友達の親も面会にきていた場合が多々あるかと思います。

そんな時に使えるおすすめの言葉、フレーズをご紹介します。

「いつも元気だから入院するなんてびっくりですよね。ご両親は大丈夫ですか?」

これはもともとご両親やお母様と面識があって、仲が良かったら使って下さい。

入院している友達はもちろんのこと、それを一番近くで見ているご両親も大変な思いをされています。

もちろん短期の入院で軽い症状ならばそこまでの負担はないですが、長期だったり重い症状だと心労もはかりきれません。

しっかりと慮って、やさしい言葉を選んでください。

「いつも○○(友達)さんにはお世話になっています。なので今回は私もなにか力になれたらと思い、面会させて頂きました。」

このフレーズは、もともと認識があっても、その日初めて会った場合でも使えます。

初めて会った場合は、まず自己紹介と友達との関係性を伝えるのを忘れないでください。

元気づけにきたなど、ポジティブな言葉を使ってください。

「いつになったら退院できますか?」などは、友達が重い症状の場合は絶対に聞かないでください。

それを一番切望しているのは間違いなくご両親ですので。

「なにか私にできることがあれば、なんでもおっしゃってください。」

家族でなく、友達だからこそ気づく些細な心情や、何が欲しいなど察せられることもあると思います。

そのような面で何か自分にできるサポートはないか、ご両親の心情にも寄り添った形で提案できたらベストです。

ただ、一生懸命面会したりお世話したりをご両親がやっているとして、場合によっては、そのお世話では足りない、と言っているようにも聞こえてしまうので、そのあたりはうまく探りつつ使ってみて下さい。

入院した友達のお見舞いに行くときのお土産のマナーは?あげちゃいけないものはある?

ハートと花

入院中の友達には、なにかお見舞いの品を持って行ってあげたいですよね。

お見舞いの品のマナーや、おすすめの品物、あげてはいけない品物をご紹介します。

まずマナーですが、大きなものは基本的にNGです。

個室で入院されているならば大丈夫な場合もありますが、たいていは一般病棟で数人一部屋で入院しています。

その場合、個人で使えるスペースが限られており、物理的に邪魔になってしまいます。

また、のし紙をかける場合は、のしのない掛け紙を使用し、水引はあってもなくてもよく、つけるならば結び切りを選んで下さい。

結び切りには、もう病気にかかりませんようにという意味があります。

表書きには“お見舞い”“御伺”と記し、下記に自分の名前を記しましょう。

しかし、のし紙をかけるとなんとなく正式な、しっかりしたお見舞いの品に見え、なんとなくお相手もお返しをしなくでは、などという気持ちになってしまうかもしれません。

親しい友達でしたら、派手すぎない一色のラッピングで包まれたものを渡すか、いっそ買ってきたまま渡すのもそれはそれで気遣いとなるでしょう。

おすすめのお見舞いの品は、

タオル

入院中はたいてい自分のタオルは自分で用意するため、何枚あっても困ることはありません。

また、水場で使うタオルは水に流すという意味があり、病を水に流すと捉えることもできます。

どうせなら、入院中に使えるものの方が嬉しいですよね。

ふかふかのタオルは、使う時に心理的にも癒してくれます

もうひとつのおすすめの品は、

使い切りの美容品

上でも述べたように、個人の物の置けるスペースに限界があるため、手ごろに使える小さな美容品はおすすめです。

ハンドクリームや、小旅行に持っていくくらいのサイズの化粧品、乳液、美容液のセットなども嬉しいです。

友達の症状によっては毎日お風呂に入れない場合もあるので、細かなケアのできるものはおすすめです。

普段使っている化粧品よりワンランク上の、少し高級なものを用意すると、お見舞いの品という感じが増して素敵だと思います。

その際、においだけは注意して下さい。

複数人が同じ部屋で生活しているため、においの強いものは周りの迷惑になります。

気を付けましょう。

逆にお見舞いの品として適さないものは、上記であげたにおい関連では食べ物です。

あと、音のうるさい食べ物もできれば避けてください。

また、生の果物も、その場で食べきれるくらいならば大丈夫ですが、冷蔵庫に保存しなければならないほどの果物は避けましょう。

冷蔵庫を使うのに別途料金がかかったり、カードが必要な病院もあるほか、果物のほとんどは食べるのに包丁などが必要なため、ひと手間かかるのでやめておきましょう。

そして、人を選ぶものとして生花があげられます。

華やかで入院生活の良い潤いにはなりますが、毎日水をかえるなどの手間がかかるので、そういったことが好きな方で、なおかつご自身で水をかえにいけるくらいの症状の方の場合のみ、お見舞いの品として選んでもいいでしょう。

また、鉢植えで渡すのは絶対にNGです。

鉢植えには根付くという意味があり、病気が根付くなど、悪い意味が入ってしまいます。

また、上記にもある通り、生花もにおいの強いものは選ばないように気をつけましょう。

入院した友達にかける言葉、NGワードはある?

カード

入院した友達は、おそらくいつもよりデリケートですし、慣れない環境に戸惑っています。

そんな友達にかけてはいけないNGワードをご紹介します。

まず、同情の言葉は避けて下さい。

「すごく辛いよね。」

などと言っても、友達の病気の本当の辛さはわかりませんし、友達も安易に同情されても困ります。

どちらかというと、今辛い現実を一時でも忘れられるように、退院したら何々をしようなど、未来の明るい話をしましょう。

ただ、これも退院の目処が全くたっていないなどの場合は気をつけて使ってください。

また、焦らせるような言葉も避けて下さい。

どんなに焦ったところで退院ははやくならないので、友達の心をかき乱すだけになってしまいます。

仕事の話など、やらなければいけなかったのに、入院のせいでできなかったことなどは特にNGです。

そして、お見舞いに行く際に気をつけることとして、手術の前後の日程、アポなしのお見舞いはしないでください。

弱っている姿を見られたくない場合や、手術後などだと、そもそも症状が安定していなく、お見舞いに来てくれた方の相手をできない場合があります。

しっかり事前に友達本人かご両親に確認をとりましょう。

小さな子供を連れてのお見舞いもやめましょう。

子供はどうしても声が大きくなりますし、知らず知らずのうちに風邪やウイルスなどを持ち込んでしまう可能性があります。

どうしても連れていきたい場合は、子供にマスクをさせ、また静かにするなどの分別のついた年齢の子だけを連れていきましょう。

また、大人数でのお見舞いもNGです。

部屋のキャパシティに限界がありますし、大勢だと大声になりがちで、周りの迷惑となってしまいます。

入院している友達も、そんなに沢山の友達を相手にできる体力がないかもしれません。

友達皆でお見舞いに行きたい気持ちはわかりますが、できれば少人数で、来れなかった友達には寄せ書きなどにメッセージを書いてもらいましょう。

辛い時にその寄せ書きを見て、入院している友達も元気をもらえるはずです。

まとめ

風船

お見舞いの際の注意点やおすすめのフレーズ、お見舞いの品などをあげてきましたが、どうだったでしょうか。

以下に簡単になとめておきます。

  • 友達の症状によってかける言葉を変えよう。急かしたりする言葉はNGワード
  • 友達の親に会ったら、適宜自己紹介を。ご両親との距離感で対応を変えよう
  • お見舞いの品にはNGなものが複数存在。そこに注意しつつ、友達の喜びそうなものを選ぼう
  • 入院中の友達へかけてはいけない言葉と、お見舞いの際の最低限のマナーを守ろう

入院した友達は、普段通りのように見えるかもしれませんが、症状の重さや入院期間の長さに関わらず、普段よりも参っていることは間違いありません。

そんな友達に寄り添い、プレッシャーをかけないようにしつつ支えてあげてください。

お見舞いにいこうという、あなたのその気持ちだけで友達は嬉しいはずです。

お友達が少しでも元のように元気になれることを祈っています。

【こちらも読まれています】

家族が手術!言葉をかけるとしたら?手術前後に不安を消す言葉とは?
家族がいざと言うとき、どんな言葉を掛けてあげれば良いのでしょうか。安心させてあげたい、少しでも不安を取り除いてあげたい。でも、どう接したら良いのか分からない。そんなときのため、ここでは、これから手術を控えた家族への言葉がけや接し方について、私自身の手術の経験も交えながら、いくつかポイントをご紹介しようと思います。

コメント