入社初日に退職!辞めるためには?電話・メールでの例文!

退職届を持つ男性

入社したけれど、初日で辞めたい!

そしてその決意が決まったのならあとは辞める事を伝えるだけ。

でも、どのように伝えたらいいのか、そんなこと言っていいのかどうか悩んでしまう。

そんな人のために、初日退職の心得、退職するにあたって大切なこと等、ここでは、仕事を辞めようと思っている人へ向けて、辞めるための手順をご紹介しています。

入社初日だけで退職したい!辞めたい!

顔を覆う男性

いよいよ入社!

初めての職場、新しい環境に期待が胸を膨らみ…。

…あれ?なんだかイメージと違う。

そんな、入社したけれど想像と違っていたり、受け入れ難い何かに直面してこのままここで仕事を続けるのをためらわれている皆さんへ向けて、メッセージがあります。

ちょっとでも嫌だと感じたなら、辞めればいいです。

自分の感覚を信じましょう。

自分が嫌だって思ったのなら、嫌なんです。

世間体を気にして、親の目を気にして、友人の目を気にして、恩師の目を気にして生きる必要はありません。

自分の人生です、自分が選択して生きましょう。

でも、辞めたらお給料が入らない、そうはいっても親の悲しむ顔は見たくない、辞めることにデメリットが多すぎる、そう思う人は、辞めなければいいです。

どっちでもいいんです。

好きな方を決断して行動してください。

ここでは、仕事を辞めようと思っている人へ向けて、辞めるための手順をご紹介しています。

もしよければ、退職するときの参考にしてみて下さい。

こちらの動画も参考にどうぞ!

 

新入社員が1日で会社を辞めたいと思ったら?1日で辞めれば良い

新入社員が1日で会社を辞めたいと思ったら?1日で辞めれば良い

入社初日に退職したい!電話での伝え方は?

パソコンを見てびっくりする男性

どのように伝えても失礼になるし、反感も、もしかしたら怒りも買うかもしれません。

自分がやると決めたことを実行するなら、周囲にも波紋が広がることは当然の事です。

そして、その波紋からその人にどんな感情がわくのかはその人次第で、そのわき上がる感情をあなたにぶつける人もいるかもしれないし、そっと胸の内にしまう人もいるかもしれません。

相手の反応をコントロールする事はしないと決め、実行しましょう。

入社したなら、会社の説明をしてくれた人や、仕事を教えてくれる担当の人がいるはずです。

その人に、連絡をしましょう。

「本日入社した〇〇です。

誠に勝手ですが、退職したいと思います。」

出来るだけ、簡潔に話しましょう。

入社初日に退職したい!メールでの伝え方は?

入社初日なら、自分を担当してくれた人に連絡をしましょう。

口頭で言いづらい時は、メールを使ってもいいと思います。

黙っていなくなられるよりは、メールでも一報あったほうがいいです。

なぜなら、翌日から会社に来ないと、もしかしたら事故や死亡で来ない可能性もあるかもしれないと思われ、余計に気苦労をかけてしまうからです。

メールでも連絡があれば、自分の意思で去っていったとわかるだけマシといえます。

メールでの場合も、簡潔な文章で送りましょう。

「〇〇様

本日はご指導ありがとうございました。

ただ誠に勝手ながら、会社を辞めたいと思っています。

失礼は承知ですが、退職までの手続きなどありましたら教えてください。」

あとは、連絡があるまで待つか、まだ上司が残っているようなら会社に出向くのも丁寧だと思います。

入社初日で退職をする場合でも退職願は必要?働いた分の給与はどうなる?

初心者マークと雇用契約書

退職願が必要かどうかは、会社の就業規則によります。

辞める事を伝える時に必要かどうか聞いてみるといいでしょう。

理想的な流れは、まずは退職したいことを上司に伝えます。

その後、上司から退職するために必要な書類があるようなら記入をお願いされるでしょう。

また、1時間でも働いたのなら、会社側には支払い義務が発生しているので給与を支払わないといけません。

ただ、給与振込口座の手続きに不備があり滞っているような場合は振り込まれない事もあります。

その場合は現金での受け取りを請求する事も出来ます。

ただ、入社するにあたって、あなたのために用意されたデスクや資料一式、研修費などといった、新入社員にかかる費用があり、それらを賠償請求される場合もあります。

退職する場合は、そういう事もあるかもしれない事を視野に入れておきましょう。

人事や上司から説得をされた場合にどのように切り返す?

上司

退職の相談をしたら、まだ続けるように説得されると思います。

でも、説得されることでまだ会社に残ろうと思うものでしょうか。

自分が決意したことです。

「もう自分の中で決めたことです。」

説得をされたとしても、それ以上の返し言葉は無いと思います。

親やお世話になった人に初日で辞めたことをどのように伝える?

報告する義務はありませんが、同居していたり、後々の事を考えて伝えておこうと決めたなら、退職したことを話すのがいいでしょう。

「今日、退職してきた。」

その言葉を言った後に、いろいろな波紋が広がると思います。

苦い思いもすることと思います。

けれど、それを含めての退職です。

退職すると決意したのなら、それを伝えた後の暴風雨も覚悟しておきましょう。

そして、悔やんだり辛い思いをするかもしれません。

それでも、働くという事は多くの時間をそこに費やすという事です。

自分の人生の一部をそこに費やすという事になります。

それでも、本当に心から辞めたいと思たのなら、辞めてよかったのです。

自分の人生は、自分が決めるのですから。

本当に自分が歩きたい道を、歩んでください。

就職祝いをくれた人に辞めたことは伝えるべき?お祝いは返す?

伝えたいと思ったのなら伝えましょう。

伝えても、伝えなくても、どちらを選んでも学びがあります。

お祝いも返す必要はないでしょう。

でももし、返したいと思うとしたら。

返すことを実行する前に、なぜ返したいのか自分の心と対話してみて下さい。

そこにもし罪悪感があったら、向き合うのはお祝いをくれた人ではなく、自分の中にある罪悪感です。

しっかりと、罪悪感を感じ尽くし切る勢いで感じましょう。

そのあとで、罪悪感など関係なくお祝いを返そうと思うのならそうしましょう。

まとめ

ネクタイを外す男性

 

■入社初日でやめる場合の流れ

  1. 完結に、辞める事を伝える。会って話す事が一番礼儀がある。でも、それが出来ない場合は電話で連絡するか、メールで一報入れる。
  2. 辞めるにあたって、必要な書類があるかどうか確認する。
  3. 給与の話、書類の話、賠償請求など、相互理解の上で辞めるのが理想。

■説得されたら

「もう、決めた事です」など、意志の強さや方向性を伝える。

■両親への対応・就職祝いをくれた人への対応

  • 報告義務はないけれど、伝えた方がいいと思うのなら勇気を出して伝える。
  • 波乱があることは覚悟しておく。
  • お祝いは返す必要はないけれど、返したいと思ったのならその旨を伝える。

生き方は人それぞれ。

入社初日で退社を決めるというのは賛否両論ありますが、人の目を気にして生きるのではなく、自分の感覚を大切に生きて下さい。

コメント