日光浴の効果5選!効果的な場所と時間など実践ガイド!

スポンサーリンク

陽が射す森林

近頃、インターネットやスマートフォンの浸透により昔に比べ外出する人が減ったような気がします。

家やネットがつながる環境を選んでしまい私自身も外出することが減りました。

私のように心当たりのある人もいると思います。

何も問題なくむしろ楽しく過ごせている!と感じていたのですが、「日光」を浴びないと私たちのからだに影響が出ることがわかりました!

簡単に言うと元気がでません。

朝家を出る際に日光を浴びたとき心が晴れ晴れする気持ちになったことはありませんか?

その理由として、日光には私たちに必要なエネルギーがある!ということがわかりました!

そこで今回日光浴をすることで得られる効果・メリットについて僕なりに簡単にまとめてみましたので紹介します!

日光浴の効果・メリット5選!その1「ビタミンDの生成」

日光浴をすることでまず得られる効果の一つ目は、ビタミンDの生成ができます!

太陽の光を浴びることで皮膚が吸収しビタミンDを生み出します!

ビタミンDは、食べ物で摂取するだけだと思っていましたが、日光浴でも摂取できるなんて驚きです!

植物の光合成に近いのかな?

あたり過ぎると植物みたいに干からびてしまいますので、適度な時間、水分補給が必要ですね!

日光浴の効果・メリット5選!その2「病気のリスク低下」

血圧

日光浴をすることでまず得られる効果の二つ目は、病気のリスク、可能性が下がります!

ガンなどの病気のリスクが下がるとされています。

えっ?逆に皮膚がんなどの可能性があるのではない?と感じた方もいると思いますが、何ごとも適度に正しいやり方を守れば効果を得ることができます。

ガンなどの病気を発症した人の多くが低体温

室内の中で過ごす時間の多い人は、自身のからだの体温調整が難しいです。

そのため日光を一日わずかな時間でも浴びることで、体温調整を行いからだのバランスを整え病気のリスク低下につながるのです。

日光浴の効果・メリット5選!その3「病気の予防効果」

日光浴をすることでまず得られる効果の三つ目は、日光浴をすることで病気の予防になります!

先ほどあげたビタミンDの生成により、免疫力がアップし病気予防になると考えられます!

子どもの頃元気な子どもほどよく外で遊んでいた記憶があります。

外で日光を浴びながら体を動かして遊ぶ子供たちは自然と体に必要なことを行っていたと思います!

ですが、外に出れば同時に風邪などのリスクもあります。

これも正しい対策手洗いうがいなどを行っていると違ってくるはずです!

何事も正しいやり方、適度が一番です。

日光浴の効果・メリット5選!その4「生活リズムが整う」

キッチン

日光浴をすることでまず得られる効果の四つ目は、ズバリ!生活リズムが整うことでしょう。

規則正しい生活をすることが大切です!と生活習慣に関わると痛いほど耳にすると思います。

わかっていてもなかなか規則正しい生活とは難しいものです。

そんな人に少しでも日中に日光浴をすることおすすめします!

わずかな時間日光を浴びるだけでも体内時計が整い崩れたリズムが改善されます!

人間も生きる物です。

自然の流れが生み出す効果を私たちのからだは知っています。

それに私たちも向き合うことが大切です。

日光浴の効果・メリット5選!その5「心が晴れ晴れする」

日光浴をすることでまず得られる効果の五つ目は、心スッキリ!晴れ晴れです!

皆さんも心あたりがあると思うのですが、起きて晴れていると心がなぜか明るい感じる時はありませんか?

それは私たちのからだが日光を浴びることでいいことが起きるよ!とシグナルを発しているからです!

嬉しいときは、心がポカポカ。

悲しいときは、心がシュンと落ち込むように。

私たちのからだは、常に色んな形でシグナルを送っています。

そのシグナルを感じとることで日光浴からもたくさんの効果が得られますよ!

日光浴の正しいやり方完全ガイド!

樹の間から射しこむ光

日光浴やることで効果もあるのですが、行うときは正しいやり方を知っておきましょう。

日光浴は、週3日ほどはじめたばかりであれば1日10分~15分を目安に!

慣れたら1日20分を目安に行いましょう!

※やりすぎ注意!何ども適度が大切です!

ここで重要になるのがどこで行うのか?その答えは以外にも屋外です!!!

えっ?と思われると思いますが、重要なのが以外にも紫外線。

日光の光として紫外線をキャッチすることで皮膚が吸収しビタミンDの生成を行うことに繋がります。

日光浴で最大限に効果を得るためには屋外でわずかな時間でも行うことをおすすめします!

時間帯によって日差しが強かったり、紫外線が強かったりするので10時以前が好ましいです!

服装は、肌が少し見える程度 (全体の2~3割が露出する程度でオッケー!) がいいです。

日 光 浴 の ポ イ ン ト !
やりはじめ時期 週3日ほど1日10分~15分
ベストな回数時間 週3日1日20分
場所は屋外!!! 日光を直接浴びることが重要
好ましい時間帯 10時以前もしくは16時以降の紫外線が強くない時間帯
行うときの服装 全身の2~3割程度が見える程度

日光浴の疑問!窓越し?網越しでもいいの?

窓と太陽の光

日光浴を行うのに「窓越し」もしくは「網越し」でもいいのか?

その答えは、最大限に日光浴の効果を得るのであれば断然屋外です。

室内など行うとわずかではありますが紫外線が阻害されます。

そのため室内で行う場合より屋外で行う方が効果的です

十分に効果を得られることができないと考えられますが、まずは行うことが大切です!

室内で過ごすことが多い人がいきなり屋外で過ごすということは少しばかり難しいです。

そんな人が室内で日光をわずかに浴びるだけでもしないときに比べ効果があります。

先ほどメリットであげた「生活リズムを整える」「心が晴れ晴れする」ことに繋がるからです。

日光浴をやりすぎると日焼けはする?

猫の日光浴

もちろんやりすぎると日焼けします。

日焼けは強い紫外線を浴びたときに発生します。

時間ではなくによって日焼けの度合いも変わるので短時間でも場合によっては日焼けすることもあります。

日光浴は日焼け止めをしてしまうと効果が下がるので、皮膚に直に充てることが重要です。

日焼けをなるべく避けるためには、行う時間帯に気を付けるといいです。

紫外線が強くない時間帯が10時以前もしくは16時以降 (場所によって多少変動あり) ですのでその時間帯に行うのがベストでしょう。

沖縄在住の筆者が教えるおすすめ日光浴スポットはここ!

おしゃれな街並みのすぐそこには海!「北谷町美浜」

筆者もよく足を運ぶスポット美浜はなんといってもおしゃれ!

海沿いに面した建物の近くを歩くと雰囲気最高!!!

そのまま海沿いの道を歩けば近くのビーチにも行けます。

歩きながらコーヒー片手に日光浴ができたらもう言うことなしですね!

地域住民愛用!「沖縄市県総合運動公園」

ここは、おきなわマラソンのスタート地点でもあり地域住民愛用の大きい公園!

ジョギングコースに公園、競技施設などがあり普段から地域の人が足を運んでいます!

公園のベンチや歩きながら日光浴を楽しめますよ!

落ち着いた空間!「うるま市海中道路」

海を一望できる海中道路は筆者も落ち着きたいと思うときに足を運ぶスポット。

隣接した施設あやはし館付近にはコーヒー屋さんなどが立ち並び一息つくのにもいいです!

木陰を探しもしくは車のトランクを開け日よけ代わりにして座りながら日光浴をするのもいいかもしれませんよ!

まとめ

太陽と空

簡単に日光浴についてまとめてみましたがいかがでしたか?

現代人に不足がちのビタミンDの生成や病気のリスク・予防になることがわかっています!

便利の世の中だからこそ本来の意味合いを知ることはともて大切です!

是非わずかな時間でもできる日光浴をお試しあれ!

やるときは適度に!楽しくがベストですよ!

 

日光浴の効果・メリットは?

  • ビタミンDが生まれます
  • 病気のリスク低下
  • 病気予防・免疫力アップ
  • 生活リズムが整う
  • 心の改善!前向きな気持ちに!

 

日光浴正しいやり方は?

日 光 浴 の ポ イ ン ト !
やりはじめ時期 週3日ほど1日10分~15分
ベストな回数時間 週3日1日20分
場所は屋外!!! 日光を直接浴びることが重要
好ましい時間帯 10時以前もしくは16時以降の紫外線が強くない時間帯
行うときの服装 全身の2~3割程度が見える程度

 

沖縄在住の筆者がおすすめするスポット!

  • 北谷町美浜(おしゃれな街並みを感じるならココ!)
  • 沖縄市県総合運動公園(日常感を味わうならココ!)
  • うるま市海中道路(ゆっくりしたいならココ!)

コメント