ネットワークビジネスの勧誘へのスマートな断り方のコツ!

スポンサーリンク

ネットワークビジネスで勧誘されるのは正直嫌なものです。私も会社の同僚から食事に誘われて自宅に伺って楽しいひと時を過ごすはずが、実はデモンストレーションだと知り愕然としました。まさか同僚から。。。

内容はあるメーカーが出している自然派のパスタと調理器具の説明でした。食事にことかいてと一瞬ムカッとなりました。しかも同席者にその人を束ねるネットワークビジネスの会員がいたのです。

話を聞き、これが噂のネットワークビジネスなんだと初めて知りました。それからは同僚と会社では普通に接しましたが、食事会の話は避けました。

そうしたら、他にも長くネットワークビジネスをやっている人がいるので紹介したいと言い出す始末。

みなさんもこうした経験ありませんか?友達や同僚だと断りづらいですよね。そういった際の対処方法をお教えします!!

おいしい話にはご用心

セミナーの誘い、上級会員の紹介、ビジネスパートナーを増やすので収入を増やすチャンスなどと勧誘されたら要注意です。

ディストリビューターは成績を上げて、自分のネットワークの会員数を増やしたがります。それは自分のステータスのためなんです。これこそが、使いもしない、不要な商品をしつこく勧誘するネットワークビジネスが問題になるところです。

いらないものはきっぱり断る姿勢はとても大切です。しかし、一方で断ることで信頼関係が崩れてしまうこともあります。それが旧知の関係であればなおさらでしょう。

ネットワークビジネスの断り方

基本的な対処方法
① 誰から何を言われてもネットワークビジネスはしないと決めておくこと
② 興味がないと相手に態度で示す
③ 断っても納得しない相手なら、すぐに帰る

巧みな会話術でネットワークビジネスって「いいかも」って思わせるのが相手のやり方です。相手の心の揺れを感じ取られたら、グイグイ押して来ますから心しておくことが大切です。

どうも自分の意思に自信がないと曖昧な返事をしてしまいがちです。相手はそう言った心のほころびを見抜いて突いて来ます。その意味で、初めからどんな美味い話にも動じないと心に誓うことです。

注意したいのは、「どうせ儲からないし・・・」「儲かる人は一握りだし・・・」など言おうものなら、さらにメリットについて話を始めるでしょう。経験談として“自分も最初は半信半疑で始めたけど、半年で〇〇十万円稼げるようになった”みたいな展開に持ち込もうとします。

「ひょっとしたら・・・」なんて考えがよぎったらダメです。そうした場合は、「家で考えてみる」「この後予定があるから今日は失礼」といって、帰るのもいいですね。

相手に顔を見て正式に断るのが苦手な人は時間をおいて、電話でもメールでもいいので断りましょう。

相手を否定しないこと

紹介してくれた友達がネットワークビジネスをしているからといって、相手を否定することはやめましょう。

「いい話だとは思うけど、私は無理だし、興味ないから」これで十分です。

“興味ない”と言い切ることで、相手はもう何を言っても無理だと悟るでしょう。そのためには一旦は相手に話をさせてみるのもいいでしょう。

話が終わるまではただただ辛抱。これ以上もう話のネタはないなと思った瞬間にお断りです。“興味がない”、“悪いけど他を当たって下さい”と言えばいいのです。

曖昧な態度はダメ

断るなら曖昧な態度は相手を誤解させかねません。隙を見せるのは相手にも時間を取らせることになるので、早めに態度を明らかにする方が大事です。

もちろん最初からセミナーなどに参加しなければ問題ないのですが、万が一、行ったところがセミナーだったなんてこともあるでしょう。そうした際に、相手に期待を持たせないことです。

毅然とした態度で明るく断ればOKです!!

勧誘されてしてはいけないこと

相手を否定しないことと、例え不愉快だなと思っても相手がやっているビジネスを批判しないことです。ましてや説得して相手も辞めさせようなんて考えないことです。

「今のままでいいの?人生楽しめてる?」などあたかも、今のままではあなたの人生つまらないとでも言いたげな発言も飛び出すかもしれません。しかし、カッとならずに穏やかに、でもしっかりと自分の意思が固いことを分からせるように断ることです。

彼らだって声をかけられる人は少ないのです。このビジネスは友達・知人がいなくなればおしまいです。だから必死なわけです。

まとめ

1. ここだけの話には裏があるので注意しましょう(普通、美味しい話は人にはしないもの)
2. 相手を否定しないで柔らかく断る方法
3. 曖昧な態度は相手に誤解を与えるだけ
4. 勧誘されたら断る時にしてはいけないことがある

ネットワークビジネス勧誘を受けたらこう断ってます【アムウェイ・ニュースキン】

ネットワークビジネス勧誘を受けたらこう断ってます【アムウェイ・ニュースキン】

ネットワークビジネスで本当に功を収めた人は人を勧誘していないと言います。人脈が大切なら、相手から嫌われるようなビジネスのやり方はしないはずです。最近は、SNSでマッチングアプリを通じてネットワークビジネスをする人もいます。

あの手この手であなたを勧誘して来ますが、毅然と断る強い心さえ持っていれば、どんな儲け話で相手が接触して来ても断れるはずです。

【こちらも読まれています】

ネットワークビジネスに洗脳された夫の解き方は?なぜハマってしまうの?
「マルチ商法」や「MLM(マルチ・レベル・マーケティング」など、人と人とのつながりによって商品を広げていくネットワークビジネス。そんなネットワークビジネスに夫がハマってしまった!このままでは家庭も崩壊してしまいそうだし、友達もいなくなってしまいそう・・・。洗脳の解き方を解説
アムウェイのママ友との付き合い方や断り方は?角を立てずに付き合う方法
仲良くなったママ友から食事やホームパーティに誘われ、行ってみるとアムウェイの会員だった。子ども同士も仲が良いし、せっかく仲良くなったけど、アムウェイには興味がないので商品を買うつもりも入会する気もないが、アムウェイに誘われたらどう断れば良いのか?

コメント