夏休みの宿題をやらない子供にやる気を出させるには?自主的にやる方法とは?

スポンサーリンク

夏休みの宿題と書かれた黒板

子供たちには待ちに待った夏休みです!

せっかくの休みとなれば、自分の好きなことをしてのんびりしたいですよね。

休みとなれば大人だって同じなんなんですから、気持ちはわかります。

ですが、夏休みには学校からたくさんの宿題が出されます。

やらなきゃいけないとわかっていても、なかなか身体は動かないもの。

めんどくさいという気持ちが強ければ、宿題をずっと後回しにしてやらないで夏休み終了ってことも・・・

そこで、夏休みの宿題をやる気に向かわせるにはどうしたらいいのか!?

悩みを抱えている保護者の方の参考になればといくつかアドバイスをまとめてみました。

夏休みの宿題をやらない子供…宿題をやらないとどうなる?

算数のワークと消しゴムと鉛筆

宿題をやらない理由で一番は、めんどくさいことです。

やりたくないって気持ちから後回しにしてしまうからです。

宿題の正式名所って知ってますか?

【宿題=家庭学習】なんですよ。

宿題は、今後の学力向上に必要だからと先生が考え出しています。

なので、それをやるかやらないかは本人しだいなのです。

宿題をやらなかったからといって、学校で先生はむやみにおこれません。

やらなかった理由は何か?とまず子供に聞くでしょう。

宿題をやらない理由は人それぞれで、単にめんどくさいからってこともあれば、宿題より塾の勉強の方が大切という人もいます。

ただ、やってこないことで成績にひびかせたり、注意をすごくする先生もいるかもしれません。

なので、宿題をやらせたいのにやらない!親が何を言っても動かない!など困ることがあった場合は、先生と相談し合って信頼関係を築いていくのも大切ですよ。

夏休みの宿題のやる気が出ない子供に自主的にやらせるにはどうしたらいい?

「8月」のカレンダーにシールをはる子供の手

 夏休みの宿題をとにかく終わらせたい!

やる気がでない子供にどう宿題に向かわせるか、すごく悩みますよね。

筆者にも子供がいますが、朝起きてきてやり出すまでには時間がかかります。

宿題はやらなきゃいけない!とは子供もわかってはいるんです。

ですが、家にいて誘惑されるものが多ければ勉強なんてやりたくない。

そこで、どんな風にすると宿題に向かわせることができるか、考えてみました。

まず、子供と一緒に宿題がどれくらいあるのか確認してみましょう。

どんな宿題があるのか、どれくらいの量があるのか子供と一緒に確認をしてみたあと、

  • この宿題はいつまでに終わらせようか?
  • この課題はいつやろうか?

このような宿題に取り組む具体的な計画を一緒に考えカレンダーなどに書き込んでみましょう。

このとき、計画通りできない日も出てくる事があるかもしれないので、予備日なども決めておくといいですよ。

あとは、この計画票を見ながら実行にうつすだけです。

何か予定があれば、この日までにこれを終わらせないといけなくなっちゃうよ?できなくなっちゃうよ?という約束事をつけ計画をたてると、これが終わらなきゃダメなんだという気持ちからやる気を出させることもできます。

※この時にとても重要なのが、子供がやっているところを親がちゃんと見届けることです!

「頑張っているね」「計画通りにできているね」とほめたり、出来てない時は「やらなくていいの?」と向かわせるようにしてあげましょう。

親がちゃんと見ず放っておいて、子供に「ちゃんとやってないじゃないの!」とかいうのはおかしいことですからね!ちゃんと見守って宿題を一緒に見てあげて下さい。

夏休みの宿題をやらない子供の心理は?

夏休みの宿題をやる女の子

せっかくの休みになり、学校に行かず勉強から開放される

そういう思いの中、たくさん出された宿題をみて

  • 「休みなのにやりたくないなぁ・・・」
  • 「めんどくさいな・・・」
  • 「なんでこんなにたくさんあるの・・・」という気持ちになります。

大人でも、休みの日まで仕事を持ち帰りやらないといけなくなったとき、いやになりますよね。

それと子供も同じなんです。

こういう時、

「宿題やらなきゃダメでしょ!」

なんていわれると、こどもは余計やる気がなくなります。

「こっちの気持ちなんてなんにもわかってくれない。」と思われてしまいます。

逆に、

「宿題こんなにいっぱいで嫌になっちゃうよね。。。大変だけど頑張ろうね」

子供の気持ちに共感しながら聞いてあげると、子供は気持ちわかってくれるんだと安心します。

「一緒に頑張って終わらせようか」
「今やりたくないかもだけど、ちょっとだけでもすすめてみない」

など子供の気持ちを理解しつつ語りかけると、やってみようかなという気持ちに向かいますよ。

夏休みの宿題を親が手伝うのはアリ?どの範囲まで手伝っていい?

夏休みの自由研究を書く女の子

自由研究や読書感想文など一緒に考え手伝うことは全然問題ないけど、親の手伝いが主になってしまうと、子供の提出物ではなくなってしまうので注意を!

夏休みの宿題をやりたくない。

面倒だからと親にお願いしたり代行をたのむなどしてしまうと、結局自分でやらなくてはいけないという気持ちから逃げの気持ちが出はじめてしまいます。

今後に必要な、「計画を立てて物事を終わらせる」ことや「問題を後回しにしない」こと、「嫌なことから逃げない」ことなどの精神などが成長しなくもなるので、宿題と手伝うことにしたとしても気をつけてくださいね。

そうしないと・・・

「この期限までにこれをしあげなさい」→やる気が出ない。誰にもたよれない。終わらない。怒られる。(悪い連鎖)

将来仕事で何かを任されても出来ない子になってしまい、結局仕事を続けられなくやめてしまう可能性もでてしまいます。

まとめ

今年の夏休みももうすぐやってきますね。

宿題はどれだけだされるのでしょうか。。。

子供たちが夏休み終盤になり「あー宿題やってない!」ってことがないように宿題が片付くと親も楽ですよね。

今回は子供を宿題に向かわせるには・・・ということに関していろいろまとめてみましたが参考になったでしょうか?

夏休みの宿題をやらないとどうなるかは…

  • 宿題をやるかやらないかは本人次第
  • 宿題というものは家庭学習なので親が見届けることが大事
  • 親が何を言っても動かないときは先生を頼り信頼関係を築いてく

夏休みの宿題のやる気をださせるには…

  • 子供と一緒に課題をみて、宿題に取り組む計画を立てる
  • 子供が楽しみにしている予定があればそれに向けてやる気を出させる
  • 親がちゃんと宿題をしているところを見届けることが大事!

夏休みの宿題をやらない子供の心境は…

  • 休みなのにやりたくないな・・・
  • めんどくさいな・・・
  • なんでこんなにたくさんあるの・・・

子供の気持ちを考え言葉がけをしましょう。

子供の気持ちに【共感】してあげることが必要。

夏休みの宿題をどこまで手伝っていいかは…

  • 計画を立てて物事を終わらせる
  • 問題を後回しにしない
  • 嫌なことから逃げない

これらのことが、成長できるようにすることが大事。

親が手伝うことで、精神面が成長しなければ将来困るのは子供になってしまいます。

夏休みに入り、子供の宿題に関して怒ってばかりの生活は嫌ですよね。

子供の様子をみながら、一緒に宿題を片付け楽しい夏休みがおくれるようお互い頑張りましょう。

【こちらも読まれています】

夏休みに小学生の習い事で埋めるのは可愛そう?夏休みの過ごし方は?
小学生の長い夏休み、子どもの才能を伸ばしてあげる絶好の機会。 勉強も、家でやるよりは学習塾に行った方が身につきそうだし、中学受験も念頭に置いておきたい。 そんな思いから子どもに複数の習い事をさせているご家庭は少なくないでしょう。今は、親世代が子どもだったころにはなかったような習い事も続々登場しています。 子どもも通いたいと言っているけれど、習い事ばかりでは夏休みが楽しくないし、疲れちゃうかなとお悩みではありませんか? 子どもの習い事には、メリットとデメリットがあるのです! そんなお母さんたちに向けて、今回は小学生の夏休みを習い事で埋めた場合のメリットとデメリットはもちろん、中学受験を検討しているお子さんへの情報などを詳しくご紹介していきます。ぜひ参考にしてくださいね!

コメント