夏休み明けに幼稚園を嫌がる子は休ませる?行かせる?ベストな対応は

スポンサーリンク

夏休みや冬休み、ゴールデンウィーク明けなど、長期休みの後には「仕事に行きたくないなぁ」なんて思う日がよくありますよね。実はこれ、大人だけでなく、まだ小さな幼稚園児でもあることなんです。

大人だったら、ただ行きたくないで仕事を休むことはできませんし、そうは思っていても休み明けには何事もなく仕事に向かう人がほとんどだと思います。

しかしいざ子どもが幼稚園に行きたくないと言い出したら、どうしたらいいのでしょうか。どのような理由で言っているのでしょうか。

今楽しんで幼稚園に行っているお子さんでも、いつ行きたくないと言うかはわかりません。私の娘も楽しく通っていると思ったら急に行きたくないと言い出すことがあります。

そんなどんな子どもでもあり得る「幼稚園が嫌だ、行きたくない」と言ってきた場合の、理由や対応の仕方などを今回はご紹介していきます。

嫌がる理由を確認して共感し、体調不良以外は休ませない

子どもが幼稚園に行きたくないといった場合は、まずその理由を確認してみましょう

体調不良で登園を嫌がっている場合は、休ませる、もしくは病院に行った後に行くなどそれぞれの症状にあった対応をしてみてください。

それ以外の理由では、まず理由を聞いたら「そっか、そうだよね、それじゃあ行きたくないよね」と共感してあげてください。これがとても大事です。

この「共感」というワード、実際に子育てをしている人は常日頃から目にも耳にもしますし、私も飽きるほど聞いています。

「子どもが何かを嫌がっている時には、頭ごなしに否定せず、まずは共感を」なんて、そんな当たり前なことを、と思うかもしれませんね。

しかし、朝の忙しい時に、バスがもうすぐ来る時に、子どもはタイミングなんて考えずに「嫌だ、行かない、行きたくない」と言ってきます。

私自身が、以前娘に急に幼稚園に行きたくないと言われた時は、バスが到着する10分前、バタバタしていてゆっくり話をしている時間もないし「今更何言ってるの!なんで?行くよ!」とかなり雑に対応してしまい、後で反省したことを覚えています。

幸い娘は話をしているうちに気分が変わり幼稚園に行くと言ってくれましたが、理由によって親の対応で益々行きたくないという気持ちが増してしまう場合もありますので、どうか時間がなくてもゆっくり話を聞いてあげてくださいね。

そして話を聞き共感してあげることの次に重要なのはどんな理由でも、幼稚園に行きたくないと言われても、まず休ませないこと一度休んでしまうと、どんどん幼稚園に行きづらくなってしまいますし、簡単に休めると思ってしまいます。

幼稚園を休むという判断は、色々な解決方法を試してみて、どれをやってみても子どもの自身の気持ちが幼稚園に向かない場合の最終手段に取っておきましょう。

幼稚園に行きたがらない理由とは

子どもが幼稚園に行きたくない理由はどんなものがあるのでしょうか。

年中、年長になれば自分の気持ちや幼稚園の話を話せると思いますが、年少だと子どもによってはまだうまく話せなかったり、性格的に話をすることが得意でない子もいるでしょう。

まだつたない子どもとの会話から幼稚園での生活や気持ちを汲み取ることはなかなか難しいこともありますよね。

ここでは子どもが幼稚園に行きたがらない理由として考えられるものを挙げておきますので、お子さんとの会話での参考にしてみてください。

親と離れたくない

夏休みに親とずっと一緒にいられた時間が幼稚園に行くと減ってしまう寂しさから、幼稚園に行きたくないということがあります。

朝起きるのがつらい、眠い

夏休みはついつい親も時間にゆるくなりがち。夏休みや長期休みは、子どもも夜更かしするため、朝決まった時間に起きるのが大変だったり眠たい場合があります。

疲れる

幼稚園に一歩入れば親もおらず、お友達と先生とで過ごす空間は楽しくもあり、疲れる場所でもあります。久しぶりの幼稚園はそんな疲労感で行きたくないと言うかもしれません。

家で遊びたい

私の娘も夏休み明けに限らず、これを理由に幼稚園を嫌がることがあります。家に新しいおもちゃが増えた時、前日に思う存分遊べなかった時などに、この理由で幼稚園を嫌がることがあります。

友達とのトラブル

夏休み明けには久しぶりにお友達と会うことで、一学期とは人間関係が変化していることもあります。休み明けで気が立っていたり、不安的になっていたりすることもあるので、トラブルが起きやすいタイミングかもしれません。

保護者にできること、対応とは

家でたっぷり甘えさせてあげる

家で一緒に過ごす時間が減り、子どもは寂しく思っている可能性があります。スキンシップを増やしたり、一緒に遊ぶ時間をとってあげましょう。

幼稚園に行く道のりを新鮮にする

歩きやバス停までの道のりのコースを変えてみたり、寄り道をしてみたり、新しいことをしてみると子どもたちも楽しみをもって登園することができます。

幼稚園で楽しんでいるか確認する

家では嫌がっていても幼稚園では楽しめているかどうか、担任の先生に確認してみてください。

明らかに楽しんでいない場合、お願いしたら気にかけて見てもらえたり、楽しい遊びの時間を増やしてもらえたりなど、その子の状況に合わせて保育内容を変えてもらえる場合もあります。

家での様子を伝えて、先生と一緒に話しあってみましょう。

一時間、短時間でも行く

どうしても行きたくない場合は、短時間の登園を提案してみましょう。朝の遊びの時間だけ、給食までの時間、など短く提案してみると子どもの気持ちが幼稚園に向く場合があります。

そういった場合は短時間からでいいのでまた幼稚園に行く生活に慣れさせてあげましょう。

嫌がる前にも対策!夏休みが明ける前に生活を整えよう

夏休みや長期休み中は前にも伝えた通りに生活習慣が乱れやすいです。起きる時間、寝る時間、食事の時間など、休みの間にずれていた時間は、徐々に規則正しい生活に戻していきましょう。

私の娘は、幼稚園のバスお迎えの時間が8時前なので、起床は6時半に設定しているのですが、長期休みの時は夜10時頃まで起きていて、朝の8時から9時頃まで寝ています。

このペースで行くともちろん幼稚園は行きたくない、眠いというのが目に見えていますので、休みが終わる一週間くらい前から、幼稚園が始まった後のペースで朝は6時半、夜ご飯は5時に食べ始められるように準備し、7時半には布団に入るようにしています。

幼稚園が始まる前に生活ペースを戻しておくと、子供自身も幼稚園に行く心の準備ができるのでお勧めです。

まとめ

・嫌がる理由を確認して共感し、体調不良以外は休ませない
子どもの気持ちに共感しながら話を聞く、幼稚園は休まずに登園する。・幼稚園に行きたがらない理由とは
親と離れたくない、朝起きるのがつらい、眠い、疲れる、家で遊びたい、友達とのトラブルなど。・保護者にできること、対応とは
家でたっぷり甘えさせてあげる、幼稚園に行く道のりを新鮮にする、幼稚園で楽しんでいるか確認する、一時間、短時間でも行くなど。

・夏休みが明ける前に生活を整えよう
夏休みに生活を整えることで、子どもが夏休み明けにスムーズに幼稚園生活に移行できる場合がある、子ども自身の心の準備にもなる

私の娘は、今までに何度も幼稚園に行きたくないといったことがありますが、その理由は、眠たい、お昼ご飯を家で一緒に食べたい、家で遊びたい、お友達に嫌なことを言われた、など毎回違います。

子どもも私たち大人と同じように日々の生活の中でいろいろなことを考え感じて過ごしていますが、まだまだ親に甘えたい、一緒にいたい時期ですし、嫌なことがあるとなかなか自分で気持ちの切り替えが難しいです。

子どもの気持ちに寄り添いつつ、色々な部分で折り合いをつけられるようにフォローし、夏休み明けも楽しく幼稚園に通えるように見守っていきましょう。

コメント