PR

夏休み明けに学校に行きたくないと言う1年生への対処法は?

暑くて長い長い夏休みが終わり、ホッとするお母さんが多いですよね!

ホッとするのも、つかの間…「学校行きたくない!」なんて、お子さんに言われたら、お母さんのほうが泣きたくなりますよね。

今回は、休み明けに「学校にいきたくない」というお子さんの原因や対処法を一緒に考えていきたいと思います。

夏休み明けに学校に行きたくないと言い出す小1のお子さん、意外といるみたいです。

色んな行事もある二学期を前向きにスタートできるように、一緒に考えてみましょう!

夏休み明けに学校に行きたくないと言う1年生

長い夏休みが終わり。

ホッとできると思いきや、「学校に行きたくない」なんて言われたら、さらに疲れがどっとでてくるのと、心配と不安な気持ちでいっぱいになっちゃいますよね。

大人も休み明けの仕事に行くのが億劫になるのと一緒で、「学校にいきたくない」と言い出す子どもが多いようです。

特に小学校にあがって間もない1年生です。理由は色々ありますが、まだまだ不安定な時期です。二学期も楽しく登校できるように、早めに解決できるといいですね!

まず、行きたくない理由から考えていきたいと思います。

友達や上級生とのトラブルから

  • 一学期中からのトラブルが解決されていなかった。
  • 友達や上級生から嫌な事を言われた。
  • 苦手な友達がいる。
  • いじめられている。

 

  • 先生や学校に相談して、解決していくように動く。
  • 何か困ったことがあったら、大人に相談するように話をする。

夏休み中の生活習慣の乱れ

  • 朝、起きれない。
  • 夏休みに自由にしすぎて、規則正しい生活が辛い。

 

  • 早く元の生活に戻れるようにサポートする。
  • 体を動かし、早めに寝かせる。長めに絵本の読み聞かせをする。
  • 朝ごはんはお子さんのテンションがあがるメニューにする。

家で過ごすほうが楽しい

  • 夏休み中に家で過ごしたほうが好きな事が出来て楽しかった。
  • 勉強が嫌。
  • もっと休みがほしい。

 

  • 学校から帰ってきたら楽しいことができるよう約束する。
  • 親も一緒に勉強する。
  • 週末の休みにどこかに出掛けるなどの楽しみになる約束をする。

お父さんやお母さんと離れたくない

  • 夏休みはお父さんお母さんと過ごす時間が長かったので、不安になった。離れたくない。

 

  • 一緒に楽しい話をしながら登校する。
  • 下校時刻に、通学路の途中まで迎えに行く。
  • 愛情表現多めのコミュニケーションをとる。

体力がもたない

  • 久しぶりに歩いて登校して疲れた。
  • 学校生活が疲れる。

 

  • 早めに寝かせる。
  • 一緒に登校する。
  • 朝ごはんを力のつくものや甘いものなどにする。
  • 辛い時は無理せず保健室に行くよう声を掛ける。
  • 休みの日にもしっかり動くクセをつける。
  • 疲れた体を回復させる食事をとらせる。

勉強への不安

  • 二学期になって勉強が難しくなった。
  • 久しぶりの授業で、ずっと座って勉強するのが苦痛。

 

  • 一緒に宿題や勉強をする。
  • 先生に相談し、学校生活に慣れるまで授業の合間に少し経つ時間を作ってもらう。

給食が苦手

  • 好き嫌いが多くて、やっぱり給食が苦痛。

 

  • 先生に相談して、給食の量など配慮してもらう。
  • 無理に食べなくてもいいように先生に相談する。
  • 苦手意識をなくすために、工夫したメニューで普段から食べられるものを増やす。

 

長い長い夏休み明けです。特にまだ体力の少ない1年生は、乱れた生活から学校生活に戻るのってパワーがいります。

一学期にできていたことが、できなくなっていたり、トラブルが解決できていなかったり、学校に行きたくなくなってしまった理由は様々です。

早期に不安や原因を解決していくことにより、また楽しく学校に通えるようになります。

お父さんお母さんも急に子どもに「学校行きたくない」と言われて、焦りが大きいと思いますが、落ち着いてお子さんの話を聞いてあげましょう。

夏休み明けに学校に行きたくない理由を言ってくれない場合は?

大体のお子さんは、質問を重ねて、理由を聞いていくと、行きたくない理由を言ってくれると思います。

ただ、中には、悩みが深刻だったり、不安が大きいお子さんなどは理由を言わずに、登校拒否をするお子さんもいると思います。

親としては、学校にいってもらわないと困る!という気持ちになってしまいがちなので、なかなか理由を言わないお子さんにイライラしてしまいますよね。

なかなかお子さんが理由を言わない時って、言う環境が整ってないんだと思います。

鏡で自分の顔を見てみたら、すごい形相になっていたり…感情的になって、話をしていることが多いと思います。

こんな時は、まずは親が冷静になることが大事です。

お子さんに寄り添う気持ちを忘れずに、落ち着いて話を聞くようにしてみて下さい。お子さんも安心できる状況、状態になれば、きっと理由を話してくれると思います。

なかなか言い出せる状況にない場合、思い切って、1日学校をお休みしてみることもおすすめです。

その際、「今日、1日だけお休みにするから、明日は頑張ってみようね!」と約束すること。その日は思いっきりお子さんと向き合って、愛情表現たっぷりで過ごすことがポイントです!

お子さんの不安や疲れた心をほぐして、理由を教えてくれたり、ちょっと頑張って行ってみようかな!という気持ちになってきれるはずです。

親としてどのように子供に寄り添う?対処法は?

お子さんへの一番の寄り添い方は、お子さんの気持ちを尊重することだと思います。どうしても、親の体裁や都合で話をすすめがちですが、一番大事なことはお子さんの気持ちです。

お子さんの気持ちを尊重して動きましょう。対処法としては、親が冷静になって話を聞くことが重要です。

絶対に感情的に叱ったり、嫌がるお子さんを無理やり登校させることはしないようにしましょう。

お子さんの気持ちをないがしろにして、無理やり登校できたとしても、それは一時的な親の悩みの解決です。お子さんの抱えている問題はなにも解決できていません。

お子さんの心に親への不信感が生まれたり、もっと学校に行きたくないという気持ちが大きくなったりする可能性があります。

時間はかかるかもしれませんが、まずは、お子さんの話を聞きだすことから始めましょう。

ストレートに理由を聞いても答えない時は、普段の会話から糸口を探していく方法がおすすめです。

質問例

  • 夏休みに〇〇に行って楽しかったね。冬休みはどこに行きたい?
  • 二学期は漢字の勉強も始まるね。難しいけど、頑張れるかな?
  • 休み時間はどう過ごすの?遊べるの?
  • もうすぐ遠足があるね!お弁当はどんなのがいいかな?
  • 先生はどんな先生なの?面白いの?怖いの?
  • 給食のメニューで何が好き?お母さんは揚げパンが一番好きだったよ!
  • お母さんは体育が苦手だったけど、○○君は苦手な教科ある?

など、学校生活に関わることを質問していくと、行きたくない理由となる話題に引っ掛かり、「実は…」と話が進むかもしれません!

また、行き渋りを始め、なにかトラブルがあった時は

  • あなたを心配している。
  • あなたを大事に思っている。
  • あなたの味方である。

ことをしっかり伝えることが大事です。愛情表現たっぷりのコミュニケーションも大事です。

もちろん、普段から常に伝えておくと、お子さんの自信や信頼感にもつながります。でも、どうしても、こういった言葉や愛情表現って普段の暮らしの中で、後回しになってしまったり、思っていてもなかなか伝えられていないご家庭もあると思います。

お父さんお母さんの言葉や愛情表現でお子さんの不安な気持ちをほぐすことができると思うので、しっかりコミュニケーションとってみてくださいね。

お子さんの気持ちを優先して、寄り添っていけば、解決への道に進んでいけると思います。

先生や学校に相談をするべき?

先生や学校への相談って悩みますよね。

「学校にいきたくない」と言い出して、すぐに理由を言って解決できれば、相談まではいらないかもしれませんが、連絡帳などにこんなやり取りがありました。と報告を書いて先生に伝えておくと、同じ状況になった時など、気にかけてもらえるのでいいかもしれません。

  • 理由はわかったが、家庭だけでは解決できない場合
  • なかなか学校に行きたくない理由を言わない場合
  • 登校できない場合

などは、早めに先生や学校に相談することをおすすめします。学校でお子さんを見ている先生には普段の行動から行きたくない理由がわかるかもしれません。

また、遅刻や休みへの配慮や登校できた時にも注意してお子さんに接してもらうこともできます。

ただ、先生任せにするのは駄目です。しっかりとお子さんと向き合って、話をした上で、先生にも相談しましょう。

先生にお会いして相談することが一番状況を説明できると思います。ただ、先生も沢山仕事を抱えているので、会って相談ということであれば、電話でアポをとってからにしましょう。

早めに伝えるという意味では、電話での相談でもいいと思います。その後、必要であれば、面談の約束をしてもいいですね。

そして、ここでも冷静に話を伝えることが重要です。

お子さんとの話を整理した上で、落ち着いて相談しましょう。思いのまま話すと、感情的な話になってしまったり、伝えたいことを伝えられなかったりします。

普段の学校でのお子さんも見ていてくれているし、沢山の児童を指導してきている先生や学校です。きっと解決への糸口が見つかると思いますよ!

友達が原因の場合は相手の親に伝えるべき?

行きたくない理由が友達の場合の解決方法を考えていきたいと思います。

一番のおすすめは、先生に間に入ってもらうことです。

事の経緯を相談して、まずは、お子さんが学校にいけるように問題解決に向けて動いてもらいましょう。

相手のお子さんに何か指導が必要であれば、先生が考えて動いてくれますし、配慮してもらえます。相手の親御さんにも伝える必要があれば、先生が判断して伝えると思います。

自分の子どもが辛い思いをして、親として、直接、相手の親に言いたい・言ってやりたい!と思う方もいるかもしれませんが、それは一番避けたい方法です。

親同士の話の場合、お互いに冷静に話ができなかったり、感情的になって話がこじれることもあります。

また、話の後で、わだかまりが残ってしまったりという話もよく聞きますよね。そして、どうしても自分の子ども寄りの話になってしまってしまいます。

もしかすると、自分のお子さんにも何か原因があって、相手のお子さんが学校に行きたくないと言い出した理由を作っている可能性だってあります。

大事なことは理由が何であれ、自分の子どもが楽しく学校に通えることだと思います。お子さんが楽しんで登校できるように最大限のサポートをしてあげてくださいね。

不登校や引きこもり、サボり癖とならないようにするには?

いけない理由がなかなか言えなかったり、不安や悩みの解消が進まず、長期化してしまうと不登校や引きこもりに繋がってしまうこともあるかもしれません。

どうにかその道は避けたいものです!

1日~2日の気持ちを落ち着ける為の休みは、仕方ないかなと思います。ただ、気持ちのまま休み始めるとずるずるしちゃうんですよね。

大人も一緒だと思います。

そうならないために、とりあえず、「登校する」ことを目標にしてみてはどうでしょうか?

早退しても、遅刻してもいいので、とりあえず、登校してみましょう。

教室で授業を受けられるのであれば、そのまま受けるのが一番ですが、難しいようであれば、保健室登校にさせてもらうなど、できることは沢山あると思います。

とりあえず、休まずに、登校するこれだけで、十分だと思います。そして、登校できた日はうんと褒めてあげて下さい!できた自信が次に繋がると思います。

また、登校したらいいことがあるというイメージを伝える声掛けはおすすめです。

  • 学校から帰ってきたら、○○君の好きなお菓子を一緒に買いに行こう!
  • 今日の夕飯は○○ちゃんの好きな唐揚げにしよう!
  • 今週学校に頑張って行けたら、週末は大きな公園に行こう。
  • 学校で〇〇ちゃん(仲良しのお友達)が学校にきてほしいって!待ってるみたいよ。
  • 今日の給食は〇〇〇〇みたいだよ。お母さん、給食食べたいなぁ。羨ましいなぁ!
  • 冬休みは○○君の行きたがってた〇〇に行こうね。
  • 二学期は遠足があるんだって!楽しみだね。
  • 今日は帰ってきたらサッカー(習い事)があるよ!早く帰ってきてね。

など、行ってみようかなと気持ちが前向きになる声掛けをしてあげましょう。

  • 学校行かないと遊びにいけないよ。
  • 学校行かないならおやつは食べられないよ。
  • 学校行かないならお母さんは知らないよ

などの、脅しやお子さんを突き放す声掛けは絶対にNGです。

どうしても、休むのであれば、気持ちのまま休ませるのではなく、「今日は1日お休みにしよう。ゆっくり休んで、明日は頑張って一緒に登校してみようね!」と約束して、休む。

休んだ日は親子の愛情たっぷりのコミュニケーションを沢山とるようにしてくださいね。

少しずつでいいと思います。登校できたことの積み重ねが自信になり、また、楽しんで学校に通える日がくると思います!

今は親として苦しいけど、お子さんを信じて、頑張りましょう!

まとめ

  • 学校に行きたくないと言い出した理由や背景、対処法を考えました。
  • お子さんが安心して話しができるように、寄り添うことが大事。
  • 子どもの気持ちを第一優先に考えることが一番の寄り添い方。
  • 先生や学校への相談が解決の糸口になることもある。
  • 先生に間に入ってもらうことで、子ども優先でわだかまりなく解決へ進める。
  • 休まずに「登校をする」ことを目標に自信をつけていく。

二学期は、沢山の学校行事もあります。勉強も少し難しくなりますが、子どもたちが成長できる機会もいっぱいです。

二学期の始まりにつまずいてしまって大丈夫かなと不安に思うことも多いと思います。

でも、まだ二学期は始まったばかり!大丈夫です!きっと乗り越えられると思います。

「学校に行きたくない」と思っていたけど、「行けるようになった!」という経験もお子さんの大きな自信になると思います。

これも一つの成長の場として考え、お子さんがまた、楽しんで登校できるようにサポートしていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました