夏休み明けから不登校に!小学校に行けない理由は?解決するヒント!

スポンサーリンク

夏休み明けは「小学校に行きたくない」と言い出し、不登校になる子どもが増える時期です。

わたしの子どもも、ふとつぶやきました。何を言っても行きそうにない、様子がおかしいので、その日は休ませることにしました。

子どもは基本的に、学校は行かなければならない場所だと考えています。そのため嫌なことがあってもしばらくはガマンしています。

とうとう「休みたい」と言ったときは、とても傷ついていたり疲れていたりしていて、心も体も消耗しきった状態であることが多いので要注意です。

その時は、学校へ行かないことを叱るのではなく、子どもの気持ちをしっかりと理解してやり、まずは安心して休める場所を確保してあげることが大切です。

次に、学校へ行けなくなっている原因、不安なことや負担になっていることは何かをよく聞いてみましょう。実際、言葉に出して言ったり、聞いてもらったりすることによって、不安だった気持ちが軽くなり、問題が解消されたこともあります。

ただ、小学生にはまだ言葉で説明することが難しく、はっきりと理由を説明できることは少ないです。

言っていることがよくわからないからといって、子どものことを追い詰めないようにし、気持ちを肯定してやりながら、イライラする気持ちを押さえガマン強く話を聞きましょう。子どもの1番の味方になることを意識し、奥底にある本当の気持ちに耳を傾けてあげることが大切です。

しかし、不登校の原因がいじめられているようなら、早急に解決方法をさぐらなくてはいけません。また、ずっと「なんとなくクラスになじめていない」と感じているようなら、発達障害を持っているのかもしれません。

不登校になったとしても、今は学校以外にもフリースクールなどの選択肢があり、それが子どもにとって安心できる居場所になるかもしれません。

夏休み明けに不登校になったのはいじめられているのかもしれません

夏休み明けに「小学校に行きたくない」と言い出して不登校になったのは、いじめを受けているからかもしれません。

子どもはいじめを受けていても「いじめられている」とは言いづらいものです。子どもにもプライドがあり、恥ずかしく思ったり、心配をかけたくないと思ったりするからです。

ですから、子どもがいじめられていることを告白してきたら、その勇気を褒めてあげるべきです。また、いじめる側ではなかったということ、今までガマンをしてきたこともおおいに褒めてあげましょう。

そしてあなたは何も悪くないことを伝えて安心させてあげましょう。

助けを求めることは恥ずかしいことではないし、保護者にとっては信頼の証になりますよね。頼られることを誇りに思う、そのことを子どもに伝えましょう。

こうして、まずは子どもを安心させ、家庭が安全な場所であることを認識させて、ゆっくり休ませてやります。

その次に担任の先生に相談しましょう。ただし、相談するときは感情的にならないようにくれぐれも気をつけてください。

「子どもがいじめられている」のを知ったら、相手の子どもや気づかない担任の先生に怒りがこみ上げますよね。しかし、相手と学校を責めるのではなく、みんなで良い方向に向かいたい、そのために一緒にできることを考え、協力したいと申し出る方が解決は早くなるでしょう。

最初に感情的になり、相手の保護者や学校との関係がギクシャクしてしまえば、たとえいじめ問題が解決したとしても、子どもが学校に行きづらくなってしまう可能性が出てきてしまいます。

また担任の先生が、今までいじめ問題を解決したことのあるスペシャリストならいいのですが、必ずしもそのような場合ではないことが多く、すばやく解決できるとは限りません。焦らず、冷静に、かつ具体的に交渉することが大切です。

学校側の対応が信頼できない場合や、相手の保護者があまりにもひどい場合には、転校を考えるのも1つの解決方法です。

いじめ問題はよりよい解決にたどり着くまで、時間がかかることがあります。あなたも1人で悩まないようにしてください。保護者でも電話で相談できる窓口を掲載しました。

子どもの人権110番

いじめや不登校といった子どもの人権問題を解決に導くために、法務省が設置した無料相談窓口です。保護者などの大人も利用できます。相談員は、法務局職員または人権擁護委員の人たちです。

もちろん秘密は厳守され、下記の番号に電話すれば、電話をかけた地域の管轄法務局・地域法務局に接続されます。
—–
子どもの人権110番
TEL:0120-007-110(フリーダイヤル)
平日午前8時30分~午後5時15分(土・日・祝日は休み)
サイト:http://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken112.html
—–

インターネット人権相談受付窓口

同じく法務省が設置した相談窓口で、こちらはインターネットで受け付けています。相談フォームに記入して送信すると、後日メールか電話、または面談で回答を受けられます。
—–
インターネット人権相談受付窓口
24時間受付
http://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken113.html
—–

24時間子供SOSダイヤル

いじめに悩んでいる子どもや保護者が24時間いつでも無料で相談できるように、文部科学省によって設置されたものです。下記の番号に電話すれば、原則として電話をかけた地域の教育委員会の相談機関に接続されます。
—–
24時間子供SOSダイヤル
TEL:0120-0-78310(フリーダイヤル)
サイト:http://www.mext.go.jp/ijime/detail/dial.htm
—–

都道府県警察の少年相談窓口

いじめに悩んでいる子どもや保護者のために、各都道府県警察によって設置された相談窓口です。下記サイトからお住まいの都道府県にある相談窓口を探せます。
—–
都道府県警察の少年相談窓口
サイト:https://www.npa.go.jp/bureau/safetylife/syonen/soudan.html
—–

夏休み明けに不登校になったのは発達障害からクラスになじめないせいかもしれません

夏休み明けに「小学校に行きたくない」と言い出して不登校になったのは、発達障害があり友だちとうまく関係が築けず、そのせいでクラスになじめないからかもしれません。

自分の話しばかりして誰かが止めるまで止まらないなど、その症状は子どもによってさまざまですが、できることとできないことの差が激しいなどして、周囲からそのアンバランスさが理解されにくい障害です。

理解されないことで孤立してしまう子どももいます。しかし、発達障害の子どもはとてもたくさんいることがわかってきています。

たくさんの子どもたちを見ている担任の先生は「もしかすると」と気づいている場合があります。それは発達障害を持っている子は、集団生活の中で困ることが多いからです。

しかし、さまざまな問題を含むので、保護者から問われない限り何も伝えてくれないケースが多く、もちろん子ども自身も知らずに過ごしています。

最終的な判断は医師によってされますが、障害があることや障害の種類や度合いがわかると、周囲の理解も得られやすく、学校側に必要な支援や環境を整えてもらうこともできます。また、障害によっては手助けする薬もあります。

うちの子も、こちらから相談することにより、担任の先生と協力することができました。

「発達障害に近い」というグレーな結果ではありましたが、今までもやもやとしていた事柄がはっきりし、子どもへのフォローの仕方もアドバイスしていただけ、わたしの心も軽くなりました。

また、子ども自身でも何か違和感を持っていたようで、理解してもらえたこと、解決方法の提案を受けたことで、それからの成長スピードは驚くものでした。

気になるようであれば、まずは担任の先生や保健の先生、スクールカウンセラーに相談してみるべきです。

また、都道府県や市町村にある相談窓口でも相談できます。下記WEBサイトのから各都道府県の相談窓口を調べることができます。
—–
発達障害情報・支援センター
http://www.rehab.go.jp/ddis/%E7%9B%B8%E8%AB%87%E7%AA%93%E5%8F%A3%E3%81%AE%E6%83%85%E5%A0%B1/
—–

夏休み明けに不登校になったら小学校以外にも居場所があります

夏休み明けに「小学校に行きたくない」と言い出して不登校になったのは、子どもにとって小学校が自分の安心と安全を守ってくれる場所ではなくなっているのかもしれません。

その原因はさまざまですが、小学校以外にも選択肢を広げてみましょう

適応指導教室

適応指導教室とは、各市町村の教育委員会が、地元の小中学校に在籍している不登校の子どもたちを対象に、家庭や学校と連携して学習の支援や、再登校などの目標をサポートしている教室です。

適応指導教室で指導を受けた日数は、本籍校の出席扱いにできることがあります。詳しくは学校または地元の教育委員会などにお問い合わせください。

全国の適応指導教室は下記サイトにてまとめられています。参考にしてください。
—–
不登校INFO
サイト:https://hutoukou.info/tekiousidou/(適応指導教室)
—–

フリースクール

フリースクールとは、個人や企業、NPO法人によって自主的に運営されています。

 子どもの居場所づくりを目的としている
 体験をメインにコミュニケーションを重視している
 勉強がメインで学校復帰を目指すことを重視している
 専門家がサポートしてくれる
 医療機関がサポートしてくれる
 自宅訪問してくれる
 共同生活する
など、運営目的や規模、活動内容もそのフリースクールによってさまざまです。

特に入学資格は無く、さまざまな学年の子どもたちが一緒に過ごします。友だちが欲しくなったら、フリースクールを勧めてみるものいいでしょう。

本来在籍する学校長の許可が下りれば、フリースクールへの出席日数が在籍する学校の出席日数としてカウントされる場合もあります。

フリースクールを知りたいと思ったら、下記3つのWEBサイトから確認してください。各都道府県にあるフリースクールを見つけることができます。
—–
NPO法人フリースクール全国ネットワーク
https://freeschoolnetwork.jp/member(加盟団体一覧)
—–
—–
全国不登校らぼ
(運営:NPO法人ハッピーラボ)
https://happylabo.jp/kodomo/freeschool-list/
—–
—–
不登校INFO
(運営:有限会社霧ヶ丘ドットコム)
サイト:https://hutoukou.info/freeschool/(フリースクール一覧)
—–

夏休み明けから不登校の子どもに悩み保護者もつらくなってきたら

夏休み明けに「小学校に行きたくない」と言い出して不登校が続くと、保護者もつらくなってきますよね。そんな時は周囲に相談し、一人で抱え込まないようにしてください

同じように不登校に悩む保護者が、全国にはたくさんいます。同じ悩みを持つ者同士で交流してみましょう。悩みを相談できたり共有したりすることで、きっと心が軽くなります。

実際に子どもの不登校を経験したからわかることや、子どもへの接し方のアドバイスをもらえたり、不登校の子どもの勉強方法や、フリースクールなど、不登校に関するさまざまな情報を手に入れることができたりします。

下記2つのサイトを参考にしてください。

不登校 不登校経験者・保護者のための不登校専門のいばしょづくりサイト

不登校の子どもや保護者の交流のためのサイトです。サイトの運営は、特定非営利活動法人「いばしょづくり」によって行われています。

掲示板への書き込みも、書き込みを読むこともできます。またリアルな交流の情報などもあります。
—–
不登校 不登校経験者・保護者のための不登校専門のいばしょづくりサイト
(運営:NPO法人いばしょづくり)
http://www.ibasyo.jp/
—–

NPO法人 登校拒否・不登校を考える全国ネットワーク

あなたのお住まいの近隣にある親の会を探せます。サイトの運営は、NPO法人「登校拒否・不登校を考える全国ネットワーク」によって行われています。

下記URLは、サイトの中の全国の親の会を探せるページです。
—–
NPO法人 登校拒否・不登校を考える全国ネットワーク
http://www.futoko-net.org/oyanokai/(全国の親の会)
—–

まとめ

夏休み明けは「小学校に行きたくない」と言い出し、全国で不登校になる子どもが増える時期です。

子どもは基本的に、学校は行かなければならない場所だと考えているので、なかなか言えなかった「休みたい」と言ったときは、心も体も消耗しきった状態であることが多いので注意が必要です。

そんな時大切なことは、

1. 安心して休める場所を確保してやる
2. 学校へ行けなくなっている原因(不安なこと・負担になっていること)をよく聞く
3. 子どものことを追い詰めない・気持ちを肯定してやる・ガマン強く話しを聞く
4. 子どもの1番の味方になる

の4つです。まずはよく休ませてあげましょう。

そして、不登校の原因で多く見られるのはいじめです。いじめは早急に解決できるように学校に働きかけましょう。

また、発達障害があり友だちとの関係がうまく築けないようであれば、保護者では確認できない場合が多いので、これも学校に相談してみましょう。

しかし、小学校へ通えなくなっても、適応指導教室やフリースクールなど、学校以外の居場所もあります。あなたの子どもに合った場所を探してみましょう。

子どものことはあなたひとりで解決できません。1人で苦しみ、悩まないようにしてください。周囲の人や、サイトなどで相談してみましょう。

不登校は成長過程の1つであり、問題を解決する道において、子どもが大きく成長することを願いましょう。

【こちらも読まれています】

学校に行きたくない!小1の子供が言い出した時の対処法まとめ!
この春、小学校に入学した1年生。急に「学校に、行きたくない…!」と言って泣き出してしまいました。どうしたら行く気になってくれるだろうとか、もし休ませたら不登校につながるんじゃないかなど、いろいろなことが頭をよぎります。このような時、親としてはどのように対応したらいいのでしょうか。いくつかのポイントを紹介していきます。

コメント