夏休みの宿題が終わらない6つの理由と対処方法まとめ !

スポンサーリンク

夏休み後半になると宿題が終わらないと嘆く生徒が多いのはなぜでしょうか?もちろん学校は無理な量の宿題は出していません。中には計画を立てていても終わらない生徒もいます。

夏休みの宿題は溜めてしまうと最後の最後で地獄を見ることになります。今回は夏休みの宿題が終わらない理由と解決方法を考えてみましょう。生徒も親御さんもぜひ参考にしてみて下さい。

夏休みの始まりがポイント

どうしても家で過ごす時間が多い夏休みは、休みに突入した途端に生活リズムが狂って、だらけてしまいます。

長い休みに浮かれてダラダラ過ごす生徒が多いのです。
一方で計画を立てたことに安堵して、宿題をやらないで過ごす生徒もいます。

私も休みに入った数日間は朝寝坊して、怠惰な生活を送ったことがあります。結局一日ボーっと過ごして全く宿題に手を付けない状態でまずいと思い焦った記憶があります。

夏休みの宿題終わらない理由その1:宿題で大きな課題を始めから先送りにする。

夏休みの宿題で大きな課題と言えば、読書感想・工作・観察・自由研究など。こうした課題にはある程度時間がかかります。これを計画性も無く後回しにすると間に合わなくなる危険があります

楽なことを先に済ませてから苦になることを果たしてするでしょうか?自力で解決できない問題もあります。そした壁にぶつかるたびに、やる気は失せて行くのです。

夏休みの宿題終わらない理由その2:好きな科目だけ一生懸命する。

宿題は苦手科目も含めてまんべんなく出されます。意識して苦手な科目も手を付けないと、やる気もなくなります。これは誰しも陥ることです。

私も得意な勉強は何時間でも続けられますが、苦手な科目は30分で疲れました。しかし、夏休みの宿題が終わらない人ほど、苦手な科目だけ残しているものなのです。

夏休みの宿題終わらない理由その3:自分の見通しと、実際に出された課題の作業量にギャップがある。

当初の見込みと現実に開きがあるのは、課題のテーマとその作業にかかる時間の見通しが甘いからです。

どうしても休みが長いので計画も緩めになりがちです。しかも見直しもしない。計画を立ててもそれだけで満足してしまうからです。進捗管理ができない人は要注意です。

夏休みの宿題終わらない理由その4:集中力が続かない。

家にいて勉強する場合、机の周りや部屋の中に気が散るものは置かない事です。

例えばスマホは、LINEやメールが届けば気になり見たくなります。テレビやゲーム、漫画もそうです。自らの意志でそれらを遠ざけることができなければいつまでたっても宿題は終わりません。

また、ながら勉強は身に付きません。私もそうでしたが音楽を聴きながら勉強しても知っている音楽などが流れ出すと意識が音楽に行ってしまいます。結局、勉強は頭に入ってきませんでした。

夏休みの宿題終わらない理由その5:息抜きが下手

メリハリがないことも宿題が終わらない理由の一つです。遊びと勉強する時間の配分ができないと結局、どちらも中途半端に終わります。

宿題を終わらせたら、遊ぶとかスポーツ、ゲーム、テレビ、映画、旅行など何か自分へのご褒美を用意できるかどうも大切です。

遊びも勉強も計画性が求められます。遊び始めたらいつまでも遊んでいるようでは宿題を片付けることは容易ではありません。

夏休みの宿題終わらない理由その6:親が全く勉強に無関心

子供のやる気は親の接し方にもかかわってきます。特に小学校低学年の時は、親が夏休みの宿題をチェックするなど、子供の勉強に関心をもたない親は宿題の進捗状況すら把握できません。

夏休み最終日になって親子共々宿題に精を出すはめになるのです。親子のコミュニケーションも必要です。

夏休みの宿題を乗り切る方法

では宿題を乗り切る方法を見て行きます。夏休みの宿題でありがちなのは、行き詰まり状態に陥ることです。

私も行き詰った時はスケジュールの再考を何度もしました。遊び時間を前倒しにして、午後から勉強するなど臨機応変にすることはモチベーションを維持するのに有効な方法です。

夏休みの宿題乗り切る方法その1:無理な計画は立てない

状況に応じて計画を見直すことが重要です。効率よく宿題を進めるためには計画性をもって、休息も取りながら効率よく勉強しましょう。

夏休みの宿題乗り切る方法その2:勉強しやすい環境づくり

一度机の上を整理して必要なものだけを出してから勉強を始めましょう。気分もすっきりします。またお気に入りの文房具を用意するなどちょっとした工夫もいいでしょう。

夏休みの宿題乗り切る方法その3:分からない問題はチェックしておく

宿題で分からない問題はポストイットなどつけて、あとで友達や親に聞いたりします。

分からない問題に出くわすと気になるものですが、目印をつけて支障がないなら先に進みましょう。立ち止ったままでは時間がもったいないですよ。

夏休みの宿題乗り切る方法その4:規則正しい生活

毎日決まった時間に起床して一日をスタートさせることが生活のリズムを壊さない方法です。夏休みの間に夜型にならないように、家族にも協力をしてもらい、普段と変わらない生活を送りましょう。

夏休みの宿題乗り切る方法その5:夏休み終盤に楽しい計画を

宿題を早く終わらせる効果的な方法として、夏休み終盤に旅行やキャンプなどを入れてみるのもおすすめです。

またモチベーションを維持することもできます。

夏休みの宿題乗り切る方法その6:それでも間に合わない時

これは最後の手段ですが、期日に間に合わない時は正直に先生に謝罪して期日を延長してもらいましょう。ただし、いつまでなら提出できるのかしっかりとした見通しを伝えることが大切です。

そして次回からは必ず提出期限を厳守するように心掛けましょう。

まとめ

・夏休みの宿題が終わらない原因
1. 計画性がない。
2. 嫌いな科目や時間がかかりそうな課題を後回しにする。
3. 計画通りに進まなくても臨機応変に見直さない。
4. 集中力がない。
5. 親が宿題の進捗程度を把握していない。・解決方法
1. 無理な計画は立てない。
2. 勉強が捗る環境づくり。
3. 分からない問題は周りに人に聞く。
4. 夜型にならないように規則正しい生活を送る。
5. 夏休みの思い出に楽しい旅行など計画をする。
6. どうしても提出日に間に合わない時には正直に先生に謝る。

【夏休みの宿題】まだ1個もおわってません。オワタ😭【ベイビーチャンネル 】
https://youtu.be/d2FWZ_9Nhnc

長いようで短いのが夏休みです。夏休みの宿題は楽しいものではありませんが、8月31日を余裕で迎えられるように計画を立てて、規則正しい生活を送りましょう。

もちろん旅行など夏休みの楽しい思い出も作りましょうね。新学期を笑顔で迎えられますように。

【こちらも読まれています】

夏休みの宿題をやらない子供にやる気を出させるには?自主的にやる方法とは?
子供たちには待ちに待った夏休みです!ですが、夏休みには学校からたくさんの宿題が出されます。めんどくさいという気持ちが強ければ、宿題をずっと後回しにしてやらないで夏休み終了ってことも・・・そこで、夏休みの宿題をやる気に向かわせるにはどうしたらいいのか!?

コメント