夏休み宿題の絵を1年生がうまく描く方法とは?1年生らしい描き方!

スポンサーリンク

お子さんが小学生になって初めて迎える夏休み。学校に入って絵を描く宿題があるお子さんもいるでしょう。絵日記・植物の観察日記・夏休みの思い出の絵などテーマはいくつかあります。

子供も親も初めての夏休みの宿題は大変なんです。特に子供の目線で絵を描かせるにはどうすれば良いのか親も悩む問題です。

今回は夏休みの思い出の絵をテーマに親がどうやって子供の絵の宿題に接したら良いのかについてアドバイスしていきます。特にテーマが決まらないお子さんをお持ちの親には必見です。

たわいもないおしゃべりから

絵を描くとなると堅苦しくなりますから、先ずはおしゃべりから始めましょう。子供が興味を持ちそうなお話をしてあげるのです。親も予めいくつかテーマを用意しておきましょう。

例えば、花火を見に行った時なら、

「花火すごく綺麗だったね」
「うん、綺麗だったね」
「どんな打ち上げ花火が良かった?」
「一番高くまで上がって、大きく花びらにように広がったのが綺麗だった」

子供はこうした話をするうちに色や形まで思い出します。場合によっては匂いも。そうすれば絵のテーマは次第に固まって行くのです。

感情を呼び起こす

親も子供とイベントに参加した時は、単に親が楽しむだけでなく、子供の表情や目を覚えておきます。テーマが決まらない時は、色々な子供の表情や目が輝いていたシーンを想い出して、話をしてみるのです。

ワクワクした、ドキドキしたなど子供がその時感じた気持ちを想い起こさせるのです。会話から思い出した色々な光景やその時の感情が子供の想像を大きく育てるものなのです。

私も、子供と夏休みを初めて過ごした時はいつも書いている日記に、その時の状況や子供が発した言葉、表情など簡単に書いたりして、絵の宿題のヒントになったのを覚えています。

色鉛筆やクレヨン、絵の具の色をたくさん揃える

夏休みの絵のテーマが決まったら、題材に合わせて色を選びます。その時には、色鉛筆やクレヨン、絵の具の色はできる限り多い方がいいでしょう。せめて16色程度あればいいですね。

子供は色を見て好奇心から様々な想像を働かせます。試しにいくつか子供の前で使って見せるのもいいですね。色を混ぜたり、濃淡をつけることで見栄えも違うことを子供ながらに理解ができるかもしれません。

私も子供と思って軽く考えていたのですが、色遊びに興味を持って、この色とあの色を混ぜるとどんな色になるんだろうと興味津々だった様子が思い出されます。

例えば、赤と青を混ぜて紫を作るなど、案外大人でさえ知らないことも多いですよ。最初から紫を使えばすむことですが、混ぜることで何色ができるかが子供の想像力を駆り立てるのです。

子供の想像力を否定しない

子供が描いた絵は時として、大人から見れば変だと思うものもあります。しかし、否定的な言葉を使わないであげて下さい。大人が思う常識やこだわりは、子供の世界を狭くしてしまい、時には絵に対する興味を無くすことだってあるのです。

子供が絵を描く一番重要なことは、自由にのびのび描くことです。子供ながらに想像力を働かせて、自分の世界を描いていくのです。上手い・下手ではなく、どういう気持ちで子供が絵を描いているのかが重要なのです。

私も子供の夏休みの絵を最初見た時、えっ!って思いました。何か違うだろうって思ったのですが、それは大人から見た景色であり、子供が見た景色は例え同じものでも受け止め方・感じ方は違うんだと悟りました。

だからそれで提出したところ、先生に褒めていただき、子供は大変喜んでいましたよ。余計なこと言わなくて良かったと安堵したものです。

難しい人間の描き方

子供にとって難しいのは人間を対象とした絵ではないでしょうか?子供の頃に腕や脚の位置って意外と描く時に、悩みませんでしたか?変なところから腕を描いてみたり私もよくしました。

そんな時はイラストや自前で切り抜いて作った人間の形を作り、子供に見せてあげましょう。切り抜いた手足をセロテープやホッチキスなどで止めてあげれば十分です。

また下書きを書いてそこに関節の位置を加えることでよりリアルな人間が描けるようになります。

特に肌の色では一色で塗るのではなく、色づくりをしてリアル感を出せれば表情も豊かになります。

また、目の動きには目玉の位置も重要になります。目の動きは絵全体の構図を担っていると言っても過言ではないからです。

まとめ

1. 子供とのおしゃべりから夏休みの絵のテーマを引き出してあげる
2. その時々の子供の感情を親が記憶してあげる
3. 色鉛筆・クレヨン・絵の具はたくさん色を用意する
4. 子供が描いた絵を否定しない
5. 子供にとって人間を描くのは至難

【太陽の夏休み】夏休みの宿題最大の難関!絵を描きました!

【太陽の夏休み】夏休みの宿題最大の難関!絵を描きました!

夏休みの宿題で絵が出た時は、親も躊躇なく子供の想像力に期待しましょう!親ができることはそれとなく、子供が感じた一番気に入ったテーマを決めさせることです。

子供が納得して描いた絵、完成した時の笑顔は親にとっても良い夏の思い出になりそうですね。

【こちらも読まれています】

人権ポスター小学校6年生らしい書き方ガイド!人権標語の作り方!
人権ポスターを制作することになったけど、そもそも人権について詳しく知らない人も多いのではないでしょうか。 どんな絵を書いたらいいかわからない。標語が浮かばないという人も大丈夫!人権について理解できればアイデアがでてきますよ! 今回は、人権についてわかりやすく紹介します。またポスターの構図や標語についても、アイデアが浮かぶような情報をまとめてあります。ぜひ、参考にしてみてくださいね!

コメント