夏休みの作文小学2年生は親の手助けが必要?早めに終わらせるコツとは?

スポンサーリンク

今年も夏休みがやってきました。宿題もやってきました。1年生のときは全部が初めてのことで親も色々気にかけて大変だったと思います。今年は2年生になったので、少しは大丈夫かな…と思いたいですが、まだ7、8歳のこどもです。

1年生の時より成長しているとはいえ、まだまだ夏休みの宿題もお手伝いが必要です。手伝いすぎるとこどものためにならないし、手伝わないとできないし。

実際、こども達が提出する宿題や作品で、子供がやったとは思えない作品なども少なくないと聞きます。こども達も大変ですが、親も大変ですよね。今年もこどもと一緒に頑張って宿題を終わらせましょう。

【こちらも読まれています】

読書感想文の書き出し例!小学校低学年児童がスラスラ感想文を書くコツ!
夏休みの宿題は問題集やプリントなど小学校の低学年など学年によっていろいろなものが出ますが、そんなひとつとして読書感想文があります。 読書感想文はサラサラ書けてすぐに終わるという場合もいれば、書き出しがなかなか思いつかず、そもそもまったく進まない……なんてことも多いですよね。 ここではこのように夏休みの宿題で出た読書感想文、書き出しがなかなか出てこなくて読書感想文が進まない……という小学生に向けて、書き出しの方法や読書感想文の書き方を紹介します。 夏休みの宿題は早く終わらせて自由時間を多く確保したい、夏休みが残り少なくなってきて進まない読書感想文にあせってきた小学校低学年の方、ぜひご確認ください!

手伝いすぎないで見てあげる

夏休みにかぎらず、こどもの宿題をどこまで見てあげれば良いか、日々悩みます。

こどもの、こどもの為の宿題。手伝うべきなのか考えますが、やっぱり小学生低学年では、まだまだできないのが現実です。親が何もしないと、多くのこどもは、勉強も、宿題もしません。集中もできず、適当、雑になり、すぐにさぼってしまうし、分からなくてもそのままにしてしまいます。

逆に、つきっきりになりすぎてしまっても、自分で考える力も育たなくなってしまうし、一緒にやってくれるのが当たり前になってしまいます。また、何度もやり直しをさせたり、無理にやらせたりすると、やる気もなくなってしまうし、勉強が嫌いになってしまいます。

難しいですが、こどもの勉強は、親が手伝いすぎないように見てあげて、やる気が出るように、手助けをしてあげるようにしましょう。

私は小学校低学年の時をあまり覚えてないのですが、親に勉強を見てもらったことはあまりなかった気がします。でも、やらなくてはいけないことをやらなかったり、途中で放り投げたり、あきらかに適当にやってたりすると怒られた記憶があります。

今になると、そこは感謝しています。自宅の学習で、学力以外にも今後生きていく上で大切なことが身に付けられるとうれしいですね。

こどもの集中力をアップさせるポイント

夏休み、こどもにいざ宿題をやらせようとしても全然集中してくれなくて進みません。始めたかと思うとすぐに別のことに気をとられてしまうし、あそびだしてしまうしで、こっちの方がイライラしてきてしまいます。

でも、おとなでも、やらなくてはいけないと分かっていても、なかなか集中できないときや、集中が長く続かないこともよくあります。おとなでもこうなのだから、こどもはもっと大変なのかもしれません。

【こどもの集中力をアップさせるポイント】
・ 体調管理、規則正しい生活
体調はとても大事です。寝不足や体調不良だと、集中力もなくなります。普段から意識するようにしましょう。夏休みは生活がみだれがちになるので、気をつけましょう。・ 勉強しやすい環境をつくる
環境もとても大切です。勉強するときはテレビを消し、携帯も音が鳴らないようにしましょう。机の上には勉強に必要なもの以外なるべく置かないようにして、他の方へ気がいかないようにしましょう。・ 終わりを決める
どれくらいの時間でどこまでやるかを決めてから始めましょう。終わりが分からず取り組むのはおとなでもつらいです。何時までやるのか、どこまでやるのか決まっているとモチベーションも上がります。・ 褒めてやる気を出させる
指示されてやったり、怒られて仕方なしやったりしても、嫌々やっているだけで、勉強の内容も頭に入ってきません。否定的ではなく、「頑張ってるね」「すごいね」「よくできたね」など、褒めて、やる気を出させてあげましょう。やる気が出ると、自分から勉強できるようになります。・ 楽しいと思えるようにしてあげる
とても難しいことですが、勉強が楽しいと思えれば、嫌々勉強することもありません。 好きなことや、楽しいことは、集中できると思います。興味を持たせてあげたり、達成感を感じると、楽しいと思えるようになります。

集中力は、日々継続して養われていきます。毎日少しずつでも、続けていけると良いですね。頑張って、集中力をアップさせていきましょう。

作文の書き方のコツ

夏休みの宿題で、いちばん苦労するのが作文だと思ます。1年生の時と比べると、字も書けるようになったし、多少の文章も書けるようにはなってきたとは思いますが、まだまだ見てあげないとできませんよね。

よくあるのが、〇〇をしました。楽しかったです。うれしかったです。という感じで、出来事と感想を書くというようになってしまいがちです。いつ、どこで、だれと、なにを、どのようにして、どう感じたのかをなるべく細かく書けるようにしましょう。

「楽しかった」という感想も、どんな風に楽しかったのか、細かく書き出し、「わくわくした」とか、違った表現をしてみるのも良いと思います。

いきなり作文用紙に書くのではなく、キーワードを、メモやノートに箇条書きでも良いので、書き出していきましょう。 キーワードを上手に聞き出してあげることは親ができることのひとつだと思います。

その後、書く内容をまとめてから作文用紙に書く方が良いと思います。間違えたときや、内容を変えようと思ったとき、頑張って書いた文章を消すのは大変だし、モチベーションも下がってしまいます。書き終わったら、誤字がないか確認してあげましょう。

作文は本当に大変だし、時間もかかります。焦らずできるように、早めの段階で終わらせられると良いですね。

まとめ

1. こどもの勉強は、手伝いすぎないで、やる気が出るように見てあげましょう。
2. こどもの集中力をアップさせるための5つのポイント。継続することも大切です。
3. 作文を書くときは、書きやすいようにキーワードを上手に聞き出してあげましょう。

夏休みの宿題は勿論こどもは大変だと思いますが、親も大変です。手伝いすぎず手伝ってあげる…。本当に難しいです。

こどもが成長できて、新学期も明るい気持ちで向かえられるように、頑張りましょう。楽しい夏休みにしましょう。

コメント