夏休みの作文!一年生向けコツ紹介!家で勉強する習慣をつけよう!

スポンサーリンク

こどもが小学生になって初めての夏休み、宿題も初めてです。全部終わらせられるか、どこまで見てあげれば良いか、悩みはたくさんあります。中でも、作文に苦戦してしまう方も多いのではないでしょうか。

小学1年生は学校の授業でひらがな、カタカナを習い始めます。やっと字を書けるようになったこどもに、文章を書かせることは本当に大変なことです。

うまくできなくて当たり前です。イライラしたり、ついつい感情的になってしまったり、叱ってしまうこともあるかもしれませんが、焦らず、じっくりいきましょう。

作文を書くコツ

夏休みの宿題で、苦戦してしまうのが作文です。やっと字がかけるようになった1年生にとっては文章にするのは本当に大変なことです。そもそも作文がどうゆうものなのか分からないし、何を書けば良いか、どうやって書けば良いか分かりません。文章を書く習慣もありません。

【小学1年生が作文を書くポイント】
・ 細かいテーマを1つ決める。
テーマがいくつもあると、何を書いているか分からなくなってきてしまいます。 その時のことを細かく思い出したり、イメージしやすいように、細かいテーマを決めましょう。

・ いつ・だれが・どこで・何を・どのように
これに当てはめると、作文が書やすくなります。こどもから、5つのことを引き出してあげましょう。・ 気持ちを書く。
そのときどう感じたのか、何に気持ちが動いたのか、具体的に、そのままの気持ちを書くと、オリジナルにもなりますし、伝わりやすく、親近感もわきます。

こどもが書きやすいように、重要なポイント、気持ちを引き出してあげましょう。最後は誤字や文章の書き方をチェックしてあげましょう。

こどもが勉強するようになるポイント

そもそも、こどもの勉強、どこまで手伝ってあげるべきか、悩みます。小学生の低学年は、まだまだ手がかかる時期です。だからと言って何でも手助けしてしまうと、こどものためにはならないし、手助けをしてくれることに慣れてしまい、自分で考える力が身につかなくなってしまいます。

無理やりやらせようとしても、勉強はつまらないものと思ってしまうし、勉強が嫌いになってしまいます。それならばと、何も見てあげないと、こどもはほとんど勉強しません。

【こどもが勉強するようになるポイント】
・ 勉強する環境を作ってあげる
・ 褒めてあげる
・ 計画を立てる
・ 生活リズムを整える

夏休み、あそびも勉強もどちらも大切です。宿題は計画的に進めて、楽しい夏休みを過ごしましょう。

勉強するときの環境

小学生の低学年のこどもが勉強するのに良い環境ですが、最近は、リビングルームで勉強するこどもが増えています。

リビングルームでは、程よい雑音もあり、近くに人がいることで、こどもも安心して勉強をすることができます。分からないことがあってもすぐに聞くこともでき、コミュニケーションがとりやすいです。親も、こどもがしっかりやっているか、しっかり見守ることができます。

注意しなくてはいけないのは、こどもが集中できるように気配りをしてあげることです。テレビをつけるなんてもってのほかです。机やテーブルの上に気になる物が置いてあったり、目に入ったりすると、そっちが気になって集中ができなくなってしまいます。

リビングルームで勉強するのはオススメの環境です。集中できるように、気配りをしてあげましょう。

否定しないで褒める

こどもは、当たり前ですが、自分が思うようになかなか動いてくれません。「早く起きなさい」「宿題やりなさい」「かたずけなさい」「早く寝なさい」毎日、怒ってばかりになってしまいがちです。

実際、グズグズ、ダラダラしていないで、早く終わらせれば良いのに…。なんでこんなことも分からないの…。なんでこんなこともできないの…。イライラしてしまうこともたくさんあります。

でも、感情的に叱ったり、否定的に叱ったりするのは良くありません。褒め方、叱り方で、こどものやる気も変わってきます。

「なんでできないの」というように、否定的に叱ってしまうと、マイナス思考になりやすくなってしまいますし、自信も持てなくなります。実際できていないと思うこともたくさんあると思いますが、その中でも良い所を見つけてあげて、「頑張ったね」と、肯定的に褒めてあげましょう。

上手に褒めて、やる気を引き出してあげましょう。

計画を立てる

こどもが勉強する為に、計画を立てることはとても大事なことです。夏休みとなると、もっと大切になってきます。計画はある意味目標でもあるので、目標がある方が、確実に頑張れます。

小学1年生の場合、机に向かうこともなかなか大変です。毎日短い時間でも、勉強する時間を作り、机に向かうことを定着させることが大切です。

小学生の低学年だと、計画の立て方も、計画のイメージもまだ分からないと思います。親がスケジュールを作ってしまいがちですが、実際やるのはこどもですし、自分で考えた方が、やらされている感が減ると思います。一緒にスケジュールを作ることをオススメします。

スケジュールを作る注意点ですが、少し余裕をもって達成できる内容を設定しましょう。達成できなかった場合に自信を無くしてしまいますし、やる気もなくなってしまいます。スケジュールは、見直しをこまめにして、すぐに変更ができるようにしましょう。

生活リズムを整える

夏休みは、夜更かしと朝寝坊をしてしまいがちになり、生活リズムが崩れてしまいます。健康はもちろんのこと、勉強にも生活リズムはとても大切です。

なるべく同じ時間に、起きる・食事をする・寝る、ことがポイントになります。これを基準にして、あそびも、勉強も、予定にいれていきましょう。

生活リズムがきちんと守られていれば、睡眠もしっかりとることができ、体調も良く、あそびも、勉強も前向きに取り組めるし、集中力も上がります。

夏休みなので、たまになら、夜更かしや寝坊は大目に見てあげましょう。夏休みを楽しむ為にも体調は大事なことです。

まとめ

1. 1年生が作文を書くときは、書きやすいように親が引き出してあげる
2. こどもが勉強をしやすいように親ができることをやる
3. 低学年のこどもが勉強するときは、リビングルームがオススメ
4. こどもがやる気を出すように、否定的にしからないで良いところを見つけて褒める
5. 計画を立てて、勉強することを定着させることが大切
6. 夏休みは、あそびも、勉強も、生活リズムが大切

夏休み、新学期を気持ちよく迎える為には、規則正しい生活、宿題をきちんと終わらせているかが重要です。計画的に宿題を終わらせて、楽しい夏休みを過ごせるようにしましょう。

夏休みだからって油断しないで、勉強をする習慣を身に付けて、新学期から充実した学校生活を送れるようにしましょう。

コメント