夏休みの終わりに訪れる憂鬱を吹き飛ばすための方法とは?

スポンサーリンク

楽しみにしていた夏休みはあっという間に過ぎ、気づけば2学期が始まる季節がやってきます。2学期が近づくにつれて、「夏休みが終わってほしくない」とか「学校なんて始まらなきゃいいのに」といやな気分になってしまうものです。

これは大人も一緒なのです。お盆休みが終わりが近づくと、「仕事に行きたくない」と思ってしまいます。お休みが終わることを憂鬱に感じるのは子供だけではないので安心してください。

そこで今回は、私が実践している休みが終わってしまうときに考える憂鬱を吹き飛ばす方法をご紹介します。夏休みの終わりに感じる寂しさ、憂鬱な気持ちを吹き飛ばして、沈みがちな気持ちを前向きになりましょう。

夏休みの思い出をふり返ってみよう

まず私がやっていることは、お休みで作った思い出を振り返ることです。思い出を振り返ると楽しかったことを思い出して嬉しい気分になります。嬉しい気分になると憂鬱な気分が和らぎます。

皆さんも夏休みの思い出を振り返えってみてください。夏休みの思い出は楽しいことがいっぱいあったと思います。その思い出を振り返ることで楽しかった気分を思い出してください。

また、思い出を振り返ることで友達や先生にあの思い出の話をすることを考えるようにしましょう。そうすれば、友達や先生と学校で楽しく話をしている姿をイメージでき、学校に行くことが楽しみになるでしょう。

さらに、夏休みの思い出を振り返って、やり残したことがあった場合は、夏休みのうちに満喫しましょう。学校が始まる直前まで楽しむことができれば、「学校に行くことが憂鬱だ」と感じることなくスタートできるはずです。

なぜ学校が始まることが嫌なのか考えよう

夏休みの思い出を振り返っても、学校が始まることが嫌になることがあると思います。そんな時は、何が嫌なのかを改めて考えてみましょう。

朝ちゃんと起きれるか不安で憂鬱になる

夏休み期間中は、学校に行く必要がないので朝決まった時間に起きれなくても問題はない為、生活リズムが崩れがちです。その崩れてしまった生活リズムのまま、夏休みの終わりが近づくとちゃんと起きれるのか不安になってしまい憂鬱になってしまいます。

ですので、夏休みに生活リズムが崩れてしまった場合は、学校が始まる前に生活リズムを徐々に戻していくようにしましょう。生活リズムを戻すことで朝起きれないかもという心配が無くなり、気持ちが軽くなります。

授業(勉強)が嫌

一番多いのがこの理由ではないでしょうか。夏休み期間中は授業もなく、宿題があるだけでしたが、学校が始まると決まった時間に勉強する必要があります。

ただ、無理やり勉強しようとしてもなかなか覚えなかったり、理解ができなくなってしまいます。ですので、まずは自分が興味を少しでも持ったことから勉強してみましょう。

例えば、私は全ての歴史は覚えられないけど、戦国武将の知識だけはありました。武士に興味がある人は戦国武将のことは覚えることができるのです。そこでさらに、その戦国時代に外国ではどんなことが起こっていたのかと興味を持てば、さらに知識が広まります。

このように、最初に興味を持ったことを起点にさらに興味を広げていくと楽しく学ぶことができます。ですので、まずは興味のあることから手を付けていきましょう。そうすれば、学ぶことが嫌ではなくなり、苦手だったものにもチャレンジしやすくなりますよ。

2学期の楽しみを考えよう

私は仕事が嫌だなーと感じるときに仕事の楽しみを考えるようにします。楽しいことを考えると、仕事に行くことがおっくうにならずに済むようなりました。

皆さんも2学期の楽しいことを考えてみましょう。友達と遊んだり一緒に帰ったり、学校行事もあります。運動会や文化祭など友達と一緒に取り組む楽しさを考えると気持ちも明るくなると思います。

それでも行きたくない場合には

私は1度、転職をしています。つまり職場をを変えた経験があります。仕事が嫌になっていかなくなったわけではないのですが、色々ありまして転職をしました。職場を変えることを選択しました。

学校に行きたくないと思っている人の中には、友達がいなかったり、いじめにあっていたりするかもしれません。その場合は、自分一人で抱え込むのではなく親などに相談してみましょう。

一人で抱え込んでしまうと、親は気づかずに学校に行くように話をしてしまいます。抱え込まずに話をすることで、味方になってくれる人が出てくるでしょう。

実は、夏休みが終わる頃に、自ら命を絶ってしまう子供が1年の中で1番多いのです。親が一番悲しむのは子供が自分より先に亡くなってしまうことです。

我慢の限界になる前に、相談することを意識してください。大人も仕事が嫌になったら辞めたり、別の仕事を始めたりしているのです。

夏休みの終わりに訪れる憂鬱を吹き飛ばすための方法のまとめ!

1.夏休みの思い出をふり返ってみる
2.なぜ学校が始まることが嫌なのか考える
3.2学期の楽しみを考えよう
4.それでも行きたくない場合には一人で抱え込まない

いかがでしたでしょうか。少し気持ちが前向きになったのではないでしょうか。

嫌な理由を考えて対策を考えることと楽しいことを考えることが大切です。私も仕事が嫌な時は、同じように考えることを実践しているので、仕事に行くのが嫌だなーと思うことが少なくなりました。

学校も始まると、いやだったのがウソかと思うほど楽しくなると思いますが、少しでも前向きな気持ちで学校生活を始められるように、実践してみてくださいね。

コメント