夏休みにママ友とトラブル!上手に回避するマイルールとは?

スポンサーリンク

夏休みにママ友とトラブルになった経験があります。いろいろあるなかで、出来事として大きかったのは2つ。1つ目は我が家が託児所のようになってしまったこと、2つ目はSNSでの投稿です。

普段からママ友とはモヤモヤすることも多いのに、幼稚園が夏休みに入ると、それまでワンクッションあったものが無くなり、ママ友とのやり取りが増え、必然的にトラブルも増えることになりました。

トラブルが起きたといって、あたふたと身も心も消耗させてしまったりするのは、わたしの中でルールが決まっていない、明確でないからということに気づきました。

そこでマイルールを決めることにしたのです。

夏休みにあったママ友とのトラブルはコレ

夏休みに自宅が託児所状態になりママ友とトラブル

夏休みにあったママ友とのトラブルは、我が家が託児所のようになってしまったことです。お友達を自宅に招待したことがきっかけでした。

暇をしている我が子を見かねて誘ってみたのですが、それから毎日のように我が家に通ってくるようになり、お友達のお姉ちゃんまでついてくるように。お姉ちゃんは遊びが違うのか、弟達の輪の中に入らず、わたしに話しかけてきます。

毎日のように来られるのもうっとうしいですが、わたしに話しかけられるのもうっとうしいものです。

それでも、いつも弟について遊びに来るそのお姉ちゃんを見て「我が家が託児所代わりになっている」と気が付いたのです。

我が子が幼稚園に入ると、育児から少し解放されます。親は子どもと一緒にいるときには、事故など起きないかと神経を張り巡らせているものです。いくらかわいいといえども、24時間子どもと一緒に過ごすのは疲れますしストレスです。

お友達と遊んで欲しい、1人の時間が欲しいと思うと、我が子をお友達の家に遊びに行かせようと考えるママが出てくるのは当然です。

また、毎日のように遊びに来ることも不満ですが、ある日遊びのバリエーションとしてビニールプールを出したところ、水道から水を出しシャワーにして遊ぶ、水を庭にまき散らして遊ぶなど、さんざん水を使いたい放題。度を超すとやはり水道代が気になります。

そして、子ども達が暴れすぎてプールに穴が開いてしまい、その夏にもう1つ買い足すことに。ママ友は「ごめんね」のひとことで終わり。子どもは遠慮も限度も知りませんから、仕方のないこととはいえモヤモヤとします。

せめてお友達のおうちにもお邪魔させてもらえていたらお互い様だったのですが、いろいろと理由を並べて断られていました。我が子も「お友達の家にも遊びに行きたい」と言ってみたのですが、ママ友は一向に誘ってくれる気配もなく夏休みは終わりました。

腹を立てるのであれば、自宅に招待するのをやめるべきだったのです。

夏休みにSNSでママ友とトラブル

夏休みにあったママ友とのトラブルは、SNSに関するトラブルです。夏休みの間はお祭りなどのイベントも多く、我が子の写真を撮る機会も増えます。その際にお友達といたので、一緒に写真を撮りSNSに投稿しました。

お友達の顔が映った写真を投稿する際、顔はスタンプなどで隠しましたが、顔が見えなくても、知り合いが見れば服装や場所などで誰だか特定できてしまったのです。

そうすると「○○くんと行ってずるい」とちょっとしたケンカになり、子ども同士のトラブルへと発展してしまいました。さいわいイジメには繋がりませんでしたが、幼稚園の先生からも注意を受けました。

一緒に写真に写っていたお友達のママ友も、わたしが無許可で投稿したことへの怒りと、他のママ友にいろいろと嫌味を言われたことに対する腹立ちで、その後のお付き合いは冷めたものになりました。

お友達の写真は、たとえ顔を隠しても投稿しない方が賢明です。その後は反省をし、今でも決してお友達の写真は投稿しないようにしています。

夏休みのママ友とのトラブルは3つのマイルールで解決する

自宅に呼ばない

自宅でトラブルが起きると、そこはプライベート空間でもあるので、逃げようがなくなり、ずっとモヤモヤを引きずることになります。

また自宅で消費された電気代や水道代、おやつ代などは、自ら補充することに。ケチのようですが、チリも積もれば大きなストレスとなります。そうなる前にお友達を自宅に招待することを考え直してみました。

お友達を近所の市民プールや川辺などに誘えば、お金もそれほどかかりませんし、自宅の狭い空間の中で遊ぶより、開放的な外で遊ぶ方が子ども達も楽しそうでした。

SNSにお友達との写真は投稿しない

お友達と一緒に写った写真をSNSに投稿する際に、お友達の顔をスタンプなどで隠しても、知り合いが見れば服装や場所などで誰が映っているかわかってしまいます

そうするとやっかみやねたみの原因になってしまい、子ども同士やママ友とのトラブルに発展してしまうかもしれません。お友達の写真は、たとえ顔を隠しても投稿しない方が賢明です。

広く浅く付き合う

ママ友付き合いは期間限定。子どもが幼稚園に通っている間のほんの2~3年です。子どもが小学生にもなれば、お互い顔を合わせる機会は減り、よほど仲良くなったママ友でない限り、その関係は長くは続きません。

相手に対して気を使い過ぎないことです。関係が悪くなっても、さほど困ることはありません。

まとめ

夏休みにママ友とのトラブルを避けるには、程よい距離感でのお付き合いがおススメです。親しくし過ぎたり、過度に期待しすぎたりするとトラブルの原因になります。

トラブルを避けるには、自分の中での許容範囲を明確にし、マイルールを作りましょう。

わたしが決めたマイルールは
1. 自宅に招待しない
2. SNSにお友達との写真は投稿しない
3. 広く浅く付き合う
の3つです。

子ども同士の仲がいいからといって、必ずしもそのママと仲良くしなければいけないわけではありません。

ママ友は上手に付き合えば、ストレスを共有したり解消したりできる仲間です。自分のスタンスを大事にして、他人に惑わされないようにしましょう。大切なのは自分の意思でしっかり考えて行動することです。

我が子は、今はもう小学生も高学年になり、お付き合いのあるママ友も、本当に仲良くなった人だけになりました。お互い気心も知れた仲ですし、トラブルが起きるようなことはありません。

ママ友付き合いは子どもが幼稚園に通っている間のほんの2~3年です。いっときのおつきあいに、必要以上のエネルギーを使わないことです。

【こちらも読まれています】

飲み会の断り方!ママ友編!角が立たずに子供に影響しない断り方とは?
ママ友から飲み会や食事に誘われたけど、本音を言えば断りたい。うまい断り方はないだろうか。そんな風に悩んでいるあなた、気の進まないお誘いも、いくつかポイントを押さえれば円満に断ることができます。ここでは、ママ友からのお誘いを上手に断る方法をご紹介してます。

コメント