夏休みの工作で小6女の子におすすめ4選!1日で完成する工作アイデアとは?

スポンサーリンク

小学校6年生ともなると、はさみやカッターも1人で使えます。どういった工作が作りたいのか、自分で考え探すこともできます。ちょっと大人の階段を踏み出した小学校6年生女の子の夏休みの工作を見て行きましょう。

小学校6年生になればもう、母親がサポートする必要もないでしょう。もちろん工具の危険性もわかっていますので、遠くから見守るだけで大丈夫ですよ。

小学校低学年にも当てはまりますが、家にあるものを使えばコストも安く、先生の評価も高くなりますよ。

夏休み前に、家庭から出るいらなくなった物の中から工作に使えそうな物をピックアップしておくことをおすすめします。意外と宝の山だったりするものですよ。

牛乳パック

どこの家の冷蔵庫にも入っている牛乳パックあるいはジュースのパック。飲んだ後に再利用すれば夏休みの宿題が簡単にできてしまいます。

私は当時家にあった牛乳ビンを使って花びんを作りました。紙粘土を牛乳ビンに貼り付け、ボタンやビーズなどを埋め込んで自分ではおしゃれに作ったつもりでした。

学校に提出したところ、先生から高評価を得たので嬉しかったです。

鍋敷き

材料・・・牛乳パック・布製のマスキングテープ・カッター
① 牛乳パックは洗って乾かしておく
② パックは切り開かず、カッターで底を切り抜く
③ 牛乳パックを平たく畳み、約2㎝幅に切った物を12本用意する
④ 互い違いになるように紙の間を井桁に組んで行く
⑤ 縦列が組めたら横列にも交互に差し込んで行く

組み入れの最後の部分は少し力が入りますので、頑張って入れてみて下さい。牛乳パックの柄のままだと見た目がおしゃれじゃないので、牛乳パックに好きな色のマスキングテープを貼るなど工夫すれば見違えるほどの出来栄えになりますよ。

介護レク広場.book Vol.3~牛乳パック de 鍋敷き

介護レク広場.book Vol.3~牛乳パック de 鍋敷き

紙粘土

紙粘土は小学校の工作では大活躍してくれます。今回は紙粘土を使って美味しそうな食べてしまいたくなるデコスイーツを作ってみましょう

私の娘もデコスイーツに興味があったのですが、手先があまり器用でなかったので悪戦苦闘しながら作っていたのを覚えています。

クレープ

材料・・・紙粘土・絵の具・シリコンのチョコレートソース・はさみ・画用紙・ボンド・定規
① 厚紙を幅1㎝、長さ11㎝の棒状にカットしてクレープ生地を作ります
② 切った厚紙を円になるように丸めてセロテープで固定します
③ できた型を使い紙粘土で型抜きする
④ 型抜きされた紙粘土がクレープ生地になります
⑤ クレープ生地を半分に折って絵の具で色付けをします
⑥ 色を重ねてリアル感を出すのがポイント
⑦ アイスやホイップクリーム等のパーツをクレープ生地にボンドで貼り付ける
⑧ シリコンのチョコレートソースを上からかけたら完成です

キーホルダーに付ければアクセサリとしてバッグに下げられますよ。

フェイクスイーツ クレープの作り方

フェイクスイーツ クレープの作り方

ペットボトル

ペットボトルの蓋も大活躍しますよ。例えば蓋を使ったプチケーキはいかがですか?材料は100均でも調達できます。

プチケーキ

材料・・・ペットボトルの蓋・フェルト・ビーズorスパンコール・紙粘土orホイップル・木工用ボンド
① ペットボトルの蓋にぴったり合うようにフェルトを貼り付けます
② ホイップルをくっつけて、ビーズで飾り付けをする

「ホイップル」というおもちゃが販売されています。もし手に入らなければ紙粘土で代用してもいいでしょう。「ホイップル」を使えば様々なお菓子が簡単に作れて便利です。

私は娘と一緒に一度作ったことがありますが大喜びしていました。見た目が本物みたいだからでしょうか、子供には結構人気があります。

【DIY】まるで本物!ペットボトルキャップをケーキにしてみた!【超簡単】

【DIY】まるで本物!ペットボトルキャップをケーキにしてみた!【超簡単】

工作キット

夏休みの宿題で最近は手芸キットがあります。手芸が得意でない女の子も手芸キットを使えば簡単に工作ができます。

貯金箱は、従来は木工が一般的でしたが素材も色々ありますから、お気に入りの素材を選んで挑戦しましょう。

私の娘も手芸キットを使い豚の貯金箱を作って提出していました。夏休みもあとわずかというところでしたが、1日で制作できました。是非参考にしてみて下さい。

貯金箱

ハマナカ手芸のキットを使います。キャンバスネットに糸を指して絵柄を作るだけで簡単に出来上がります。針を刺すところは少ないので1時間で作れます。これほんと簡単なんですよ。

しかし、自由工作なのでもう少し手を入れれば貯金箱ももっとおしゃれになります。例えばアクセントで貝殻やボタン、切り抜いたフェルトを使い貯金箱にボンドで接着します。フリルやリボンをつけると個性豊かな手作り感のある貯金箱の出来上がりです。

「第40回 ゆうちょアイデア貯金箱コンクール」入賞作品

夏休み工作キット ガチャガチャ貯金箱(NC-25 )

まとめ

1. 牛乳パックは万能素材
2. 紙粘土は応用が効く素材
3. ペットボトルが大活躍
4. 工作キットはオタスケマン

小学校6年生の夏休みの工作は6年間を締め括る集大成ですね。もう親の力を借りなくても自分でことはある程度できます。

宿題の自由工作も自分の個性を出す絶好のチャンス!小学校最後の夏休みに思い出に残る工作を作りましょう。

【こちらも読まれています】

夏休みの工作女の子小5へおすすめ3選!1日で終わる工作アイデアとは?
夏休みは家族旅行、海水浴、花火大会など楽しいイベントが盛りだくさんです。ただ唯一の問題が大量に出される宿題ですね。私も小学校の6年間子供とテーマについてよく話をした覚えがあります。特に工作は親も子も頭が痛い問題です。一般には、高学年になると自主性も出てきて自力で宿題を片付けようとするお子さんも多くなります。そんな夏休みの宿題で工作を作る小学校5年生の女の子におすすめの作品をご紹介しましょう。

コメント