夏休みの工作課題女の子小2のテーマは風鈴で決まり!作り方も解説!

スポンサーリンク

夏休みの自由工作は小学校低学年には難しい課題かもしれません。何を作ればいいのか思い浮かばないお子さんが多いのではないでしょうか。私の子供も最初は何を作ればいいのか全く考えられなくて結局、親子で考えることにしました。

子供と一緒に工作を作る時間があまりないとおっしゃるなら大人にも簡単に作れる工作キットが今はあるので大変便利です。ただ刃物を使うケースもあることから大人が注意して見てあげて下さい。

工作キットではなく一から手作りで工作をしたいと思うお子さんにはおすすめのものがあります。今回は小学校2年生の女の子が夏休みに簡単に作れる工作を考えてみましたので参考にしてみて下さい。

ペットボトルで作る風鈴

夏の風物詩である風鈴は気分的にあの音色を聞いていると何となく暑さを和らげてくれる日本の夏の風物詩です。

では身近な素材で風鈴が作れないものでしょうか?そこでお家にあるペットボトルで風鈴を作ってみませんか?しかも材料費もほとんどかからないので大変お手軽なのです。

お子様だけでなく、大人も一緒に部屋に飾るつもりで作ってみてはどうでしょうか。

私も小学校低学年の時、作りましたが、意外と簡単でしたよ。もし何を作ればいいのか思い浮かばない時はペットボトルで風鈴いかがですか?

材料
ペットボトル・・・紙コップやプリンの空いた容器でも可能
ひも・・・刺繍糸・テグスなどでも良いです
鈴・・・音が鳴らなくても大丈夫
その他装飾するもの・・・マジック・ビーズ・シール・マスキングテープ等
作り方
1. ペットボトルをカッターで切ります。
ペットボトルの底の部分を使って風鈴を作ります。
紙コップやプリンの容器で代用もできます。
ペットボトルの切り口はそのままだと危ないのでビニールテープを貼ります。2. ペットボトルの底の中央部分にキリで穴を開けます。
底の部分は硬いものもありますので穴を開けるところは大人の人に手伝ってもらって下さい。3. 開けた穴に糸を通します。
ここで通した糸がするっとすり抜けないように、ストローや割り箸等に結びつけます。
女の子なので糸を輪にしてビーズに通すと見た感じがおしゃれになります。

4. ペットボトルに装飾をします。
シールやマジック等を使い自由に貼り付けします。
涼しげな魚や貝殻など海の生物もいいでしょう。
マジックは滲まないように油性で描いて下さい。

5. 糸に短冊や鈴を結びつけます。
ペットボトルだけよりもできれば鈴をつけてあげましょう。
短冊は型抜きパンチで好きな形に穴を開けます。

制作時間およそ30分から1時間程度と簡単ですよ。ペットボトルの装飾で雰囲気も随分変わりますので家族で作ってみましょう。

ペットボトル風鈴をつくろう♪ Wind bell

ペットボトル風鈴をつくろう♪ Wind bell

紙コップを使った風鈴

小学2年生だけではなく、高齢者の指先の運動としても紙コップ風鈴はおすすめです。

子供が小学校の夏休みに作っていました。短時間で完成できるので夏休みギリギリになりそうなお子さんにはおすすめです。

材料
紙コップ・・・柄付きでも大丈夫
たこ糸
画用紙・・・短冊用として使いますが折り紙でも可能

その他装飾するもの・・・マジック・ビーズ・シール・マスキングテープ等
作り方
1. 紙コッピにデコレーションをします。
色紙やシールを貼り付けたり、マスキングテープで飾り付けをします。2. 風鈴が回るようにはさみでコップに数カ所切れ込みを入れて行きます。3. 切り込み部分を折って風が吹いたら紙コップが回るように羽を作ります。

4. 紙コップの底の真ん中に穴を開けて、たこ糸を通して短冊や鈴を付けます。

くるくる回る紙コップ風鈴製作。保育園や幼稚園の夏の製作活動に!

くるくる回る紙コップ風鈴製作。保育園や幼稚園の夏の製作活動に!

ちょっと変わったこんな風鈴はいかが!?

小さな植木鉢を使った風鈴はいかがですか。昔から土器の風鈴は使われていましたが、ポイントは重量感のある音が聞けることです。植木鉢などの土器は焼き方などにより音色も変わってきますので楽しみ方も色々ありますよ。

我が家はペットボトルの風鈴づくりがこうじて、あまっていた植木鉢も使って子供と一緒に風鈴作りにチャレンジしてみました。

材料
ミニ植木鉢
割り箸
画用紙・・・短冊用
飾り付け用のカラーペンなど
たこ糸
作り方
1. 植木鉢をアクリル絵の具などで色付けします。2. 植木鉢の底の直径より少し身近く割り箸を切ります。
たこ糸を結びつけるために使います。3. 割り箸にたこ糸を2回強く巻きつけ、その下に鈴を付けて、最後に短冊をつけて完成です。

**ポイント**
ミニ植木鉢は形が様々です。できたら形は女の子らしく可愛いのがおすすめ。指で弾いてみて音を確認してみましょうね。

色を付ければ可愛らしい風鈴になります。

まとめ

1. ペットボトルで風鈴を作る(上下半分ずつで2個作れる)
2. 紙コップで風鈴を作る
3. ミニ植木鉢で音色を楽しめる風鈴を作る

夏、猛暑が続く日本ですが、風鈴は暑い夏、気持ちを落ち着かせて、涼しさも感じさせてくれる日本人の知恵から生まれたものです。

ペットボトルや紙コップ、植木鉢など材料によって風鈴の音色も違います。どんな音が聞こえるか聴き比べてみるのもいいですよ。

暑い夏の日、手作り風鈴で涼しく過ごしてみませんか?

【こちらも読まれています】

夏休みの工作の女の子小1向けおすすめ3選!女の子らしい工作アイデアとは?
小学校に入って初めての長い夏休みです。宿題が多いのも夏休みならではですね。当然、小学生を持つ親を悩ます大きな問題でもあります。特に工作や自由研究の宿題は毎年悩ましいものです。私も子供が初めて夏休みを迎えるにあたり、本人の意思を尊重して工作を進めさせようかと思っていたのですが、本人も初めてで何をどうやるのかさえわからない有様でした。そこで親からいくつか子供が興味を持ちそうな話をしてあげました。

コメント